視点・論点 2017年2月3日放送回

視点・論点(してん・ろんてん)は、1991年10月から放送されている日本放送協会(NHK)のテレビニュース解説番組。NHKとしては公式にオピニオン番組として位置づけている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年2月3日(金) 4:20~ 4:30
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
04:20~

オープニング映像。

鳥の生き方に学ぶ (バラエティ/情報)
04:20~

上田氏が鳥の生体などを紹介。鳥の92%が一夫一婦制だという。夫婦で仲良く子育てをするためだという。研究してきたカッコウは巣を作らず他種の巣に卵を産み、雛は仮親に育てられる。これを托卵という。カッコウは卵を産む時、仮親の卵を1個巣から落とす。しかし見破ってカッコウの卵を捨てる場合もある。戦前の標本ではカッコウはホオジロに托卵していたが、現在ほとんど托卵を受けていなく、見分ける能力も高い。

現在1万1000種の鳥類の8分の1が絶滅の危機である。現在は地球史で6番目の大量絶滅の時代と言われている。ライチョウは3000mの高山に生息し地球温暖化が進めば高山地帯まで森林が広がりハイマツ帯がなくなり住めなくなる。トキ、コウノトリは農薬の乱用で日本の田んぼから消えた。その後野生復帰への取り組みが行われている。

里山の鳥について紹介。今里山は放置され荒れているという。かつて薪炭林として山菜やキノコ採りの場所として維持されていた。放置で林床が常緑樹に覆われ常緑樹林に移り変わるという。これは住んでいる鳥にも影響を及ぼす。変化していく自然をどのように保全し、どのような自然を子どもたちに残すかが大切だと話した。

キーワード
花・鳥・虫のしがらみ進化論
托卵
オシドリ
タンチョウ
カッコウ
アオジ
ホオジロ
地球温暖化
ライチョウ
トキ
コウノトリ
谷津田
サンコウチョウ

エンディング (その他)
04:29~

エンディング映像と次回予告。この番組はNHKオンデマンドでも視聴できる。

キーワード
NHKオンデマンド

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月3日 放送
  3. 次回の放送