ニュース・気象情報 2019年4月6日放送回

放送日 2019年4月6日(土) 5:00~ 5:10
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
05:00~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
05:00~

日産自動車の前会長が再逮捕された事件を受けて東京地検特捜部が資金移動のメールを入手していたことが関係者によりわかった。特別背任の疑いで再逮捕された日産自動車の前会長。オマーンの販売代理店に日産から支出させた資金の一部を私的流用し5億6000万円余の損害を与えた疑い。特捜部は支出させた資金の一部をレバノンのペーパーカンパニーに送金させ自らに還流させたと見ているが特捜部が資金移動を記録したメールを入手していたことが関係者によりわかった。関係者によると、ペーパーカンパニーの口座から息子が経営するアメリカの投資関連会社へ約30億円送金され、およそ9億円は妻が代表を務める会社に送金されたということ。メールは、捜査に協力する日産側から入手したということで特捜部は不透明な資金の流れの実態解明を進めている。調べに対し、全面的に容疑を否認しているということ。東京地裁によると、14日まで10日間の交流を認めるとし、弁護団はこれを不服として、準抗告したが退けられた。

こうした中、河野外務大臣が、フランスのディナールでルドリアン外相と会談した。会談の最後にルドリアン外相は河野外務大臣に前会長の再逮捕、再び勾留された事に問題提起をした。問題提起の具体的な内容については明らかにされていない。

G7外相会合がフランスで開幕。河野外相は中国、北朝鮮対応を巡って連携をする考え。G7外相会合はフランスディナールで開幕し、サイバー攻撃やテロ対策、地域情勢などをテーマに議論の見直しが行われる予定。河野外務大臣は中国の一帯一路などをめぐり、意見を交わし、中国の海洋進出や知的財産保護の対応で連携を進めたい考え。北朝鮮情勢に関しては非核家に向け圧力維持の重要性を確認し、拉致問題の早期解決についてもG7各国に呼びかけ、協力を求める方針。一方去年のG7サミットでは、去年他国と対立したアメリカは、ポンペイ国務長官が欠席し、イランやシリアなどの問題で一致したメッセージを送れるかが注目されている。

日本のエネルギー政策について、経団連がまとめた提言案が判明した。再生可能エネルギーの拡大を求める一方で原発については継続的に活用すべきだとして、再稼働や新増設を求めている。提言案では化石燃料に偏った電源構成を見直し、再生可能エネルギーの拡大を課題としてあげている。そのうえで、固定価格買い取り制度の抜本的改革で

キーワード
日産自動車
東京地検特捜部
特別背任
検察庁
レバノン
東京地裁
河野外務大臣
ディナール(フランス)
ルドリアン外相
ゴーン前会長
G7
G7外相会合
河野外相
フランス
中国
北朝鮮
一帯一路
習近平国家主席
G7サミット
アメリカ
ポンペイオ国務長官
イラン
シリア
日本
エネルギー政策
再生可能エネルギー
固定価格買い取り制度

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 4月6日 放送
  3. 次回の放送