ニュース・気象情報 2019年1月8日放送回

放送日 2019年1月8日(火) 15:00~15:28
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
15:00~

日産の前会長の弁護士の記者会見を日本外国特派員協会から中継で伝える。午前中前会長は弁護士らと共に東京地裁の法廷に出廷し無罪を主張した。

日産の前会長の問題を受けて、日本外国特派員協会では前会長の弁護士らが記者会見の準備を行っている。現在は記者会見の出席者の紹介・記者会見における注意が紹介されていた。

記者会見の注目点について田中さんは弁護団としては海外に向けて前会長の主張を広くアピールする狙いも見られるなどと語る。前会長は意見陳述で日産のために全力を尽くし公明正大・合法的に業務を進めたとし、全面的に無罪を主張した。また不正な支出先とされているサウジアラビア人への資金提供については日産のパートナーであり支援者で、関係部署と相談し対価を支払ったと述べている。金融商品取引法違反についても訴追は誤り、退職後の提案については社外弁護士に承認されていると理解していたなどと主張している。会見会場の中継映像には多くの報道陣が集まっている様子が見られる。検察は巨額の損失負担する義務を日産に負わせた時点で特別背任の罪は成立すると主張している。

多くの記者が会見会場には集まっていて、欧米のメディアも注目を寄せていて、逮捕から前会長はこれまでに約50日勾留されているが、海外では勾留期間や取り調べについてを批判する動きもある。一方で拘束が数ヶ月に及ぶケースは海外にもあるという論調もあると田中さんは話していた。

「NHKのニュースサイト・アプリに前会長の法廷での発言を掲載」の告知。

会見場では弁護士が会見を始めていて、前会長は会社法違反と特別背任で勾留されているといい、今日の手続きは裁判所に対して前会長を特別背任罪で勾留している理由を明らかにしてほしいと言う理由で開かれていると述べた。また、理由として弁護団は前会長を勾留する理由はないためだとしている。また、今日の手続きでは裁判官が法廷で前会長が勾留されている事実を読み上げ、前会長が逃亡する・証拠を隠滅する恐れを理由にあげていて、2008年の10月末に為替スワップ契約で日産に契約を移して損失を付け替えたこと・2009年~12年の間に知人の経営する会社に必要がないのに日産に送金させて損害を与えたことだと述べた。弁護士側はこれに対して求釈明をおこない、前会長がスワップ契約をしていた銀行関係者や日産の取締役会の議事録などでは契約を前会長から日産に契約を移したことについては、日産に害を与えるものではないと説明を行い、理由として取締役会で外国人の役職員のために日産は為替スワップ契約の差額の損の支払いを負うことがない契約は秘書室長に権限を与えるという議決に基づいて契約主体の変更がなされているためだとしている。

弁護士の説明について、田中さんは東京地裁で勾留の理由を開示したものの、これの説明を行っているところで、弁護士側は勾留の理由がないということを説明し、前会長の無実についてをこの後も説明すると見ていて、前会長の特別背任では勾留期限は11日となっていて、この際に検察が起訴をした場合は弁護士側は保釈の動きもあると見ていた。

記者会見場の中継映像、弁護士が入り席についた。まず遅れて始まったことについて詫びた。配布予定の資料が到着していないが会見を始めるとのこと。資料内には前会長や弁護士の声明が含まれているという。前会長が初めて逮捕されて以来弁護団は一度しか発言していないので公の場に姿を表すのは初めてと言っていいなどと語り質問を受け付けると述べた。会見場に出席した弁護団の人達を紹介した。資料は会見の途中で到着するので待ってほしいとのこと。撮影時の注意などを説明しランガン氏が短い声明を発表した。

「NHKのニュースサイト・アプリに前会長の法廷での発言を掲載」の告知。

午前中に行われた勾留理由開示について、前会長は全面的に無実を主張した。取材をしていた記者によると生え際などに白髪が目立ち逮捕前より痩せた印象を受けたとのこと。意見陳述が始まると裁判官に訴えかけるようにはっきりした声で述べていた。

キーワード
日産自動車
日本外国特派員協会
日産
東京地方裁判所
丸の内(東京)
外国特派員協会
会見会場
NHKのニュースサイト
勾留理由の開示の手続き
アプリ
特別背任
金融商品取引法違反
特捜部
東京地裁
神保哲生
東京拘置所
ピーター・ラングンさん
勾留理由の開示

関東・甲信越のニュース (ニュース)
15:25~

山梨県笛吹市では水道関連の工事をめぐり、昨年に入札価格の情報を業者に教えてこの会社に落札させたとして官製談合防止法違反の疑いで市の課長が逮捕されている。警察は捜査に支障があるとして男の認否を明かしていない。笛吹市では昨年も情報を業者に漏らしたとして、市下水道課の主幹と消防本部の管理課長が罰金の略式命令と懲戒免職を受けているが、警察は関係先から資料を押収して詳しく調べる方針。

埼玉県の東秩父村では「細川紙」など和紙の生産が盛んで、ユネスコの無形文化遺産にも登録されているが、きょうは観光施設で村の原料となるこうぞとなるクワ科の木の皮を剥く作業が行われ、3mのこうぞを1mほどの長さで切りそろえて窯で蒸して柔らかくし、1本づつ皮を剥がしてこれを天日干ししていた。そして、天日干しした皮は再び煮た後に観光施設で販売する和紙の生産に使われる。

キーワード
笛吹市
官製談合防止法違反
笛吹市(山梨)
細川紙
無形文化遺産
ユネスコ
東秩父村和紙の里
東秩父村(埼玉)
こうぞ
  1. 前回の放送
  2. 1月8日 放送
  3. 次回の放送