ニュース・気象情報 2018年11月24日放送回

放送日 2018年11月24日(土) 20:45~21:00
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
20:45~

日産の前代表取締役は、前会長の報酬を適切に処理したと話していた。日産前会長の64歳の男の容疑者と、前代表取締役の62歳の男の容疑者は、金融商品取引法違反の疑いで逮捕された。前代表取締役は、巨額の嘘の記載を側近の執行役員らに指示した可能性がある。関係者への取材によると、前代表取締役は、「前会長の報酬は、他の役員・外部の会計士などと相談し、適切に処理した。前会長の言いなりではなく、会社の為に働いていた」という趣旨の説明をしていた。前代表取締役は、特捜部の調べに対して、「認否は弁護士と相談してから話す」と話している。容疑者の主張が、明らかになるのは初めて。東京地検特捜部は、前会長の報酬の嘘の記載は、8年間で約80億円に上ると見て、経緯を調べている。

韓国と北朝鮮は先月、北朝鮮各地の鉄道の路線を見てまわる、共同の現地調査を実施することで合意した。韓国政府は、「国連安保理制裁委が、共同調査を、制裁の例外措置とすることを決めた」としている。北朝鮮側に石油や機材など、物資の運び込むが行われる見通し。韓国が目指す、年内の着工式に一歩前進した。韓国大統領の報道官の論評によると、「米国と国際社会の支持を得た意味は大きく、南北協力は新たな段階に入った」「祖国の山河が、早くつながることを期待する」としている。今回の例外措置は、あくまで事前の共同調査が対象。本格的な着工には、北朝鮮の非核化をめぐる協議が進展し、制裁が緩和される必要がある。

政府は、幼児教育・保育の無償化について、「消費税率引き上げに伴う、増収分を活用する」としており、1年当たりの必要財源、約8000億円の、一定の割合を地方に負担するように求めている。宮腰一億総活躍相は、「国が提案した他の政策でも、全額を負担することはないと思う。国・地方の役割分担という基本的考え方に基づき、しかるべき負担をしていくべき」と話し、地方側に負担を求める考えを示した。しかし、全国市長会など地方3団体は、「国が全額を負担すべき」などと主張している。先に政府側が、初年度分は国が全額負担し、次年度以降は地方側にも負担を求める方針を示していたが、理解を得られなかった。政府は、来年度予算案の編成を来月に控えて、今後も地方側と会合を開き、決着を急ぐことにしている。

大阪市阿倍野区で、施設・里親の元で育った若者や、その支援団体のメンバーなどが、集会を開き、自立支援に国の対策を求めた。若者たちは、就職や大学進学の為、施設・里親から離れた後に、孤立しがち」「いつでも帰れる場所が無いことが辛い」「我慢が当たり前の人生。相談先も分からない」「社会での自立を支援する専門スタッフを、施設ごとに置くよう、国の対策を」などの意見が出た。こうした集会は、全国規模では初。7歳から施設で育つ渡邉僚さん(25)は、「施設出て困ったのは、就職の面」などと話した。

禁止薬物が検出された岩手競馬で、原因が判明しない中、岩手県奥州市の水沢競馬場でレースが再開された。岩手競馬では、今年の夏以降、競走馬4頭から同じ禁止薬物が検出された。岩手競馬組合は今月10日以降、全レースを中止し、再発防止などに当たっていた。しかし、禁止薬物の検出原因は、判明しなかった。警察は、競馬法違反の疑いで捜査している。岩手競馬組合は、公正な競馬ができる体制が整ったので、今日レースを再開したとしている。岩手競馬は、単年度で赤字を計上した場合、事業廃止となる決まりとなっている為、中止が続けば廃止の恐れがあるとの危機感で、再開したと見られており、公正な競馬の担保が課題となる。

東京ドームで、プロ野球の名球会の豪華メンバーの、セ・パ対抗戦が開催された。出場したメンバーは全員が、新人時代の復刻ユニフォームを着用。パ・リーグチームの野茂英雄さんは、試合後に、「ストライクが入って良かった。ほっとした」などと話した。セ・リーグチームの王貞治さんと、パ・リーグチームの山田久志さんの対決もあった。試合は7イニング制で、6-5でセ・リーグチームが勝利した。

キーワード
日産
東京地検特捜部
金融商品取引法
韓国
北朝鮮
国連
国連安保理
宮腰一億総活躍相
消費税
阿倍野区(大阪)
里親
岩手県競馬組合
水沢競馬場
競馬法
奥州市(岩手)
岩手競馬
野茂英雄さん
山田久志さん
名球会
王貞治さん

関東甲信越のニュース (ニュース)
20:55~

埼玉県羽生市にある羽生水郷公園では、毎年「世界キャラクターさみっと」が開かれている。今年は、ゆるキャラグランプリで1位に選ばれたカパルが人気を集めていた。催しは明日も開かれている。

風疹の拡大を防ぐワクチン接種の為に、国・企業の取り組みを求める会合が、東京・港区で開催された。会合では、先天性風疹症候群などについて話し合われた。娘を風疹で亡くした可児佳代さんは、「こんな思いを誰にもさせてはいけない」などと話して、働く世代の男性のワクチン接種が不可欠であるとして、国や企業の取り組みを強く求めた。風疹は、職場での感染リスクが高い。可児さんは、企業で抗体検査からワクチン接種までを健康診断に組み込んで欲しいと話した。

新潟家佐渡市の羽茂大崎活性化センターで、新そばと文弥人形を楽しむ催しが開催された。参加者たちは新そばを食べ、文弥人形による芝居を楽しんだ。この催しは、明日も開催される。

キーワード
羽生水郷公園
ゆるキャラグランプリ2018
羽生市(埼玉)
港区(東京)
風疹
先天性風疹症候群
蕎麦
佐渡市(新潟)
文弥人形
羽茂大崎活性化センター

気象情報 (ニュース)
20:58~

関東甲信越の気象情報を伝えた。

  1. 前回の放送
  2. 11月24日 放送
  3. 次回の放送