ニュース・気象情報 2018年11月3日放送回

放送日 2018年11月3日(土) 5:00~ 5:15
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
05:00~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
05:00~

災害からの復旧・復興に向けた費用や公立の小中学校などにエアコン設置を進める費用、倒壊の危険性があるブロック塀の対策費など一般会計の総額が9356億円にのぼる今年度補正予算案は衆議院で可決され参議院に送られた。参議院では来週2日間質疑が行われることになっていて与党側は来週7日に参院予算委と本会議で採決し成立させたい考えだ。

中国を中心にH7N9型と呼ばれる新しい鳥インフルエンザウイルスの感染者が相次ぎ警戒が高まっている。国は現在備蓄しているワクチンを期限が切れ次第この新しいウイルスから作ったものに順次切り替え、最終的にはすべて置き換える方針を決めた。鳥インフルエンザウイルスが変異してヒトからヒトに感染するようになる新型インフルエンザ、その流行への対策として国は最も警戒されてきたH5N1型と呼ばれる鳥インフルエンザウイルスから作ったワクチンを備蓄してきたがそれ以上にH7N9型は危機管理上重要性が高いとされている。H7N9型ウイルスは主に中国で5年間に1500人余に感染、これはH5N1型の20年間の感染者数の2倍ほどに達する。

タックスヘイブンなどを使った富裕層の課税逃れに関心が集まる中で国税庁は富裕層などが海外の金融機関に送った口座情報を各国の税務当局が共有する新制度を今年9月から運用を開始、この制度で国税庁が海外の税務当局から約55万件の日本人や日本企業などの口座情報を入手したことがわかった。国税庁がこれまでに把握していた国内の富裕層の海外資産は氷山の一角と言う指摘もあり、実態把握と課税逃れへの対応を強化する方針だ。

気象衛星ひまわり8号は地球を高頻度かつカラーの画像で観測ができる。JAXA等による研究グループはこの特徴を利用しPM2.5や黄砂などの飛散状況の予測精度を上げる技術を開発した。その結果24時間後の予測精度が最大で29%向上したとのこと。この技術を活用した大気汚染物質の実況予測はJAXAひまわりモニタのホームページで確認可能、来年度からは気象庁が黄砂の飛来予測にも活用されるとのこと。

今年の秋の叙勲の受賞者が発表され各界で功労のあった4079人が受賞することになった。桐花大綬章が2人

キーワード
補正予算案
衆議院
参議院
与党
衆院本会議
安倍首相
参院予算委
呉(広島)
文化の日
ワクチン
厚生労働省
H7N9型鳥インフルエンザウイルス
H5N1型ウイルス
国税庁
タックスヘイブン
富裕層
ケイマン諸島
カリブ海
PM2.5
ひまわり8号
九州大学
気象庁気象研究所
黄砂
JAXAひまわりモニタ
秋の叙勲
桐花大綬章
旭日大綬章
旭日重光章
瑞宝重光章
旭日中綬章
瑞宝中綬章
旭日小綬章

気象情報 (ニュース)
05:12~

全国の気象情報を伝えた。

経済情報 (ニュース)
05:14~

為替と株の値動きについて伝えた。

キーワード
日経平均株価
  1. 前回の放送
  2. 11月3日 放送
  3. 次回の放送