ニュース・気象情報 「北海道で震度7」関連

放送日 2018年9月7日(金) 16:00~16:50
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
16:00~

北海道で震度7を観測した地震でこれまでに11人死亡、7人心肺停止になっていることが分かった。北海道電力は大規模な停電への復旧に全力を尽くし、午後2時現在で約154万戸で電力が復旧した。

北海道では大規模な停電が解消され始め新千歳空港が動き出した。航空各社では最新の運航情報をホームページなどで確認して欲しいと呼びかけている。JRでは新幹線が動き出したが在来線運行再開の見通しが立っていない。

地震の影響で食料品などが手に入りにくい状況が続いている。営業中のガソリンスタンドには、給与を待つ車の長い列ができていた。むかわ町にあるスタンドでは、1台あたりの給油量を1000円分までの制限していた。

北海道では余震とみられる地震が相次ぎ、気象庁は1週間程度は最大で震度7程度の地震に十分注意するよう呼びかけている。これまでに震度4以下の体に揺れを感じる地震が計104回発生している。安倍首相はきょうの関係閣僚会議で、今後の雨に伴う新たな土砂災害への警戒を呼びかけた。地震の影響は被災地から離れた場所でも出始め、金沢にある近江町市場の鮮魚店では北海道産の魚介類の入荷がなかったという。被害を受けた北海道を応援しようと、仙台市にある北海道のアンテナショップには多くの人が足を運んだ。

復旧・復興を願う声は海外からも。昨年度、中国から北海道を訪れた人の数は66万人余と人気の旅行先になっていて、中国メディアも被害の状況を連日伝えている。北海道の観光地を紹介する観光博覧会の会場では、早期復興を願う声が訊かれた。また韓国のムン・ジェイン大統領はツイッターで、「家族を失った人やけがをした人たちに慰めのことばを送る。台風と地震が相次いで発生し衝撃は大きいと思うが、自然災害に徹底的に備えてきた日本の底力が発揮されると信じている」とメッセージを発表している。台湾の蔡英文総統もツイッターで「台湾は日本の良き友人として、自然災害が続く日本と共にこの困難な時期を乗り越えたいと願い、またそうする義務があると考えています」と日本語で投稿し、米国務省のナウアート報道官は「悲劇に見舞われた日本の人々に心から同情する。愛する人を亡くしたすべての人々に哀悼の意を表する。アメリカは必要であれば支援の用意はできている」と書き込んだ。

厚真町は、地震で死亡した8人について身元の確認が出来て遺族の同意などを得られたとして、名前を公表した。

復旧・復興を願う声は海外からも。昨年度、中国から北海道を訪れた人の数は66万人余と人気の旅行先になっていて、中国メディアも被害の状況を連日伝えている。北海道の観光地を紹介する観光博覧会の会場では、早期復興を願う声が訊かれた。また韓国のムン・ジェイン大統領はツイッターで、「家族を失った人やけがをした人たちに慰めのことばを送る。台風と地震が相次いで発生し衝撃は大きいと思うが、自然災害に徹底的に備えてきた日本の底力が発揮されると信じている」とメッセージを発表している。台湾の蔡英文総統もツイッターで「台湾は日本の良き友人として、自然災害が続く日本と共にこの困難な時期を乗り越えたいと願い、またそうする義務があると考えています」と日本語で投稿し、米国務省のナウアート報道官は「悲劇に見舞われた日本の人々に心から同情する。愛する人を亡くしたすべての人々に哀悼の意を表する。アメリカは必要であれば支援の用意はできている」と書き込んだ。

厚真町では22人の安否が分かっていない。14人の安否が不明となっている吉野地区では、自衛隊などによる捜索活動が行われている。厚真町の避難所では炊き出しが行われ、味噌汁や地元で採れたミニトマトなどが配られた。震度7を観測したのは北海道では初めてで、被害の全容はまだ分かっていない。土砂崩れによって、住宅への被害が相次いだ。警察や消防は、安否不明の22人は倒壊した住宅や土砂の下敷きになった可能性があるとして捜索を続けている。警察や自治体によると、これまでに11人が死亡し7人が心肺停止、22人の安否が分かっていない。けが人は道内で350人余に上っている。

液状化が起きた札幌市清田区。まだ車は土砂に覆われていた。むかわ町のホームセンターは、きょうから本格的に営業を再開。店内は停電のために薄暗く、訪れた人たちは食料品の他に懐中電灯や電池などを買い揃えていた。停電の影響は酪農にも及び、中標津町の牧場では絞った生乳を冷蔵できず、廃棄せざるを得ない状況になっている。これまでに2600リットル余を廃棄したという。学校の休校も続き、北海道によると道内の公立学校はきょうも全体の9割近くにあたる1753校が臨時休校となった。来週学校が再開出来るかどうかは、多くの自治体が「まだ分からない」と答えているという。安平町の北海道では慣れない避難所生活で体調を崩す人もいて、こうした人たちの不安や悩みに寄り添おうと女性警察官が訪れ、一人ひとりに話を聞く活動を始めた。きょう午前11時現在で、道内の113の市町村計768か所に7339人が避難している。

北海道・厚真町の避難所から中継。30分ほど前から自衛隊による給水活動が始まった。また午後になって避難所では携帯電話が使えるようになったという。

札幌市豊平区にある公衆浴場から中継。きょう午後0時半の開店と同時に多くの客が訪れ、混雑が続いている。公衆浴場は夜12時まで営業することになっている。

北海道では余震とみられる地震が相次ぎ、気象庁は1週間程度は最大で震度7程度の地震に十分注意するよう呼びかけている。これまでに震度4以下の体に揺れを感じる地震が計104回発生している。

菅官房長官が記者会見を行った。現時点で北海道全体の半分を超える約154万戸で電力供給を再開し、これに伴い交通機関も順次再開している。新千歳空港では今日の国内線の一部再開に続き、明日は大部分の国内線が再開する。国際線も明朝から全便で運行を再開する予定。電力供給については今日中に300万キロワットを目指し、8日にかけては320万~最大360万キロワットの供給を目指すという。

きのう未明に発生した地震で震度のデータが入っていなかった札幌市東区について、気象庁は震度6弱の揺れを観測していたと発表した。

北海道で震度7を観測した地震の犠牲者が増え続けている。これまでに11人が死亡、7人が心肺停止となっている。大規模な土砂崩れが多発した厚真町では、22人の安否が分かっていない。一方で北海道電力は大規模な停電解消に向けて復旧作業を進めていて、これまでに北海道内の停電は半数以上が解消した。

道は今回の地震で被災し住宅が壊れた人たちを支援するため、いわゆるみなし仮設として道営住宅を無償で提供することになった。貸し出すことにしているのは、胆振・日高・石狩管内にある道営住宅272戸。市町村が発行するり災証明書や印鑑などが手続きに必要だという。道住宅課は今後ホームページに掲載したり、市町村を通して被災した人たちに周知したいとしている。

北海道で発生した震度7の地震により、これまでに11人が死亡、7人が心肺停止、22人が安否不明となっている。また、地震の影響で土砂崩れなども発生し被害は拡大している。

地震の影響により土砂崩れが起きた北海道・厚真町に、北大や国土交通省の専門家など10人余が現地調査に向かった。調査を行った専門家によると、今回崩れていない斜面でももろくゆるくなっているので、少ない雨でも崩れる可能性が高く注意が必要であるとのことである。

地震の影響で震度6強となった北海道むかわ町では、人々が物資を求めて再開したホームセンターへ詰め寄った。店内は停電が続いているため自家発電機でレジを動かし、訪れた人々はインスタント食品や携帯ラジオを買い求めた。

札幌市中央区にある中央卸売市場では電気が復旧したが、市内は停電で冷蔵庫が使えない鮮魚店が多数あることから、せりを取りやめることとなった。そのため、青森県八戸市などの加工会社に一部の水産物を移送したとのことである。

北海道東部の中標津町では停電の影響で絞った生乳を冷蔵するバルククーラーが使えず、廃棄しなければならない酪農家がでてきており、生乳2600余が廃棄となった。また、生乳が絞れないと病気となる可能性もあると牧場主らは不安を抱えている。

新千歳空港では地震の後の大規模な停電で昨日は終日欠航していたが、停電が解消され、成田発の便が午前11時前に到着した。航空各社は機材手配が間に合わないなどの理由で欠航している便もあるため、最新の運行情報をホームページ等で確認して欲しいと呼びんかけた。

北海道・網走では停電の影響で、いちごの栽培に必要な機械が使えなくなってしまっている。機械が使えない状況が続けば4~5日でいちごが枯れてしまうとのことである。

北海道電力は発電所の再稼働や本州からの電力融通で約230万キロワットまで回復した。これにより道の発表によると午後2時現在、35市138町村のそれぞれ一部の約154万3000戸の停電が復旧した。これにより道内の停電は半数以上が解消した。北海道電力は運転再開の準備をしている火力発電所の分も含めると、最大300万キロワット超の出力を今日中に確保できるとのこと。ただ、これでも地震の前のピーク時の380万キロワットの8割にとどまっており、停電が解消した世帯では出来る範囲で節電して欲しいと呼びかけた。

北海道・常呂町ではLS北見の練習場となっているカーリング場が停電の影響で使用不可となっており、一部のリンクでは表面に水がたまった状態になっている。停電がきょう中に復旧しても、使用再開は11日以降となる見通しである。

自身による停電の影響で運転ができなくなっていた北海道新幹線が今日の午後0時37分の新青森駅発のはやぶさ11号から運転を再開した。

北海道・中央区の観光名所であるさっぽろテレビ塔は停電していたが、きのうの午後に一旦回復した。しかし、節電に協力しようと電光表示などをきのうから取りやめている。再開に関しては、今後の電力の復旧次第で決めていくとのことである。

平日1日あたり約65万人が使用する札幌市営地下鉄は停電が普及し安全が確認されたとして、午後2時20分頃に東西線が、その30分後に南北線と東豊線が運転再開した。札幌市営地下鉄は今日は終日通常より本数を減らして運行するとのこと。

JA幕別町では傷みやすい葉物野菜の出荷に追われている。キャベツやレタスなどの収穫期だが、昨日は停電で丸一日出荷出来なかった。今日は一部で停電が復旧し、冷蔵施設から大型トラックに積み込んでいった。札幌の史上体制が整っていないため、ほぼすべてが苫小牧港からフェリーで本州へ運ばれた。

地震による停電の影響で運休になっていた札幌市中心部の路面電車が午前10時50分すぎに運行が再開された。オホーツク海側でバスを運行する北見バスと網走バスは一部を除き路線バスと都市間バスの運行を見合わせている。北海道中央バスの余市町周辺などの4路線と函館バスは始発から運行を再開している。旭川電気軌道は旭川市内と旭川空港を結ぶ路線の運行を午前11時5分から運行再開している。札幌と新千歳空港を結ぶJRの快速エアポート午後1時以降に1時間に2本程度に運行を減らして再開した。

キーワード
地震
苫東厚真火力発電所
気象庁
停電
北海道電力
中央区(北海道)
平取町(北海道)
新千歳空港
新函館北斗駅
JR
JR札幌駅
むかわ町(北海道)
安倍首相
首相官邸
土砂災害
東区(北海道)
厚真町(北海道)
安平町(北海道)
金沢(石川)
仙台(宮城)
広州(中国)
ムン・ジェイン大統領
ツイッター
蔡英文総統
ナウアート報道官
米国務省
吉野地区(北海道)
自衛隊
富里地区(北海道)
土砂崩れ
清田区(北海道)
液状化
中標津町(北海道)
豊平区(北海道)
菅官房長官
みなし仮設
日高(北海道)
胆振(北海道)
石狩(北海道)
り災証明書
北大
国土交通省
中央卸売市場
八戸市(青森)
気仙沼市(宮城)
北海道
網走(北海道)
いちご
LS北見
厚木町(北海道)
北海道新幹線
常呂町(北海道)
新青森駅
さっぽろテレビ塔
大通駅
札幌市営地下鉄
東西線
南北線
東豊線
JA幕別町
キャベツ
レタス
白菜
幕別町(北海道)
北見バス
網走バス
北海道中央バス
函館バス
旭川電気軌道
快速エアポート
北見(北海道)
余市町(北海道)
岩内町(北海道)
神恵内村(北海道)
旭川市(北海道)
札幌(北海道)
オホーツク海

気象情報 (ニュース)
16:45~

全国の天気予報を伝えた。北海道では明日にかけて雨が降り、四国や東海などで明日や明後日に大雨が降る所もあるため、引き続き土砂災害に注意が必要。

ニュース (ニュース)
16:48~

北海道で震度7を観測した地震で犠牲者が増え続けており、警察や自治体によると12人が死亡、5人が心肺停止になっており、大規模な土砂災害が多発した厚真町では22人が安否不明となっている。警察や消防は安否の分かっていない人は倒壊した家屋や土砂の下敷きになっているとみて救助活動にあたると共に被害状況を調べている。北海道ではその後も余震とみられる地震が相次いでいる。また、前線の影響で明日昼前にかけて各地で断続的に雷を伴って雨が降ると予想されている。北海道安平町は住宅の裏山の斜面にひび割れなどが見つかり、今後予想される雨で土砂崩れが起きる可能性があるとして、午後1時59分に早来北進地区に出していた避難指示を28世帯に拡大した。気象庁は揺れがひどかった地域は地盤が緩んでいるため、雨で土砂災害の危険性がさらに高まるとして十分注意するように呼びかけている。避難所や車内で過ごしている人はエコノミー症候群に注意が必要で、こまめな水分補給や運動、ふくらはぎのマッサージ等が有効。

キーワード
厚真町(北海道)
安平町(北海道)

スポット

スクール/教育

北大

レジャー/交通

北海道中央バス
新千歳空港
大通駅
苫小牧港
北見バス
旭川空港
JR札幌駅
新青森駅
さっぽろテレビ塔
網走バス

政治/経済/地方自治体

国土交通省
気象庁
首相官邸

流通

近江町市場
  1. 前回の放送
  2. 9月7日 放送
  3. 次回の放送