ニュース・気象情報 2018年1月23日放送回

放送日 2018年1月23日(火) 14:00~14:20
放送局 NHK総合

番組概要

草津白根山噴火関連ニュース (ニュース)
14:00~

気象庁によると、今日午前9時59分ごろ、草津白根山で傾斜計と呼ばれる観測機器が地盤の変動を観測したほか、振幅の大きな火山性微動も観測された。また、東京工業大学の観測で草津白根山の本白根山の鏡池付近の火口から1キロ以上離れた場所で噴石が確認されたという。気象庁は「草津白根山の鏡池付近で噴火が発生した」と改めて発表。噴火警戒レベルを「入山規制」を示すレベル3に引き上げた。警察庁などによると、付近の草津国際スキー場で10人が負傷し、このうち5人はケガの程度が重い。また陸上自衛隊によると、同じころにスキー場で雪崩が発生し、訓練中の7人が巻き込まれ、病院に搬送された。また停電の影響で、ロープウェイ山頂駅付近に約80人が取り残されており、自衛隊などが救助に向かっている。気象庁の火山課長は会見で、噴火警戒レベルを3に引き上げた事や、火山ガスの噴出などに注意するよう呼びかけた。

群馬・草津町からの中継。草津白根山の火口の方向からは噴煙などは確認できないが、かすかに硫黄のにおいがする。草津国際スキー場では噴石などは確認できていないが、雪崩が発生。山頂付近には80人ほどのスキー客が取り残されている。

島川英介による解説。草津白根山、鏡池、草津国際スキー場の 位置関係を確認した。スキー場のロープウェイ山頂駅には、停電の影響で約80人が取り残されている。

噴火直後の映像から、被害にあったところは噴火口から近く、噴石により被害を受けたことが分かる。草津白根山はおよそ3000年前に活発な火山活動があったが、以後の痕跡は残っていない。今後どのように噴火の恐れがあるか調べる事になる。気象庁によると、今後も噴火の恐れがあるため、鏡池付近から約2キロは大きな噴石に警戒が必要。また風下では火山灰、噴石などに注意。

草津国際スキー場にスノーボードに訪れていた男性が当時の状況や、山頂駅の様子について語った。ゴンドラに乗っていると突然止まり、窓ガラスが割れた。乗客はみな退避し、比較的落ち着いて降りるタイミングをまっている。午後0時40分時点で、山頂駅の建物にはスキー客など約80人が避難している。避難者がいつ救助されるかなどの情報は、これまでのところはない。

気象庁によると、今日午前9時59分ごろ、草津白根山で傾斜計と呼ばれる観測機器が地盤の変動を観測したほか、振幅の大きな火山性微動も観測された。また、東京工業大学の観測で草津白根山の本白根山の鏡池付近の火口から1キロ以上離れた場所で噴石が確認されたという。気象庁は「草津白根山の鏡池付近で噴火が発生した」と改めて発表。噴火警戒レベルを「入山規制」を示すレベル3に引き上げた。警察庁などによると、付近の草津国際スキー場で10人が負傷し、このうち5人はケガの程度が重い。また陸上自衛隊によると、同じころにスキー場で雪崩が発生し、訓練中の6人が巻き込まれ、病院に搬送された。また停電の影響で、ロープウェイ山頂駅付近に約80人が取り残されている。

キーワード
草津白根山
東京工業大学
本白根山
草津国際スキー場
陸上自衛隊
雪崩
気象庁
鏡池
草津町(群馬)
噴火
噴石
火山灰
警察庁

大雪関連ニュース (ニュース)
14:16~

きのう大雪となった関東平野部では、前橋で18センチなど、この時間も各地で10センチの積雪が残っている。首都高などでは、除雪作業のため多くの区間が通行止めとなっている。東京消防庁によると、雪により転倒した人は、都内で229人に及んでいる。背景に赤坂などの映像。

また気象庁によると上空にこの冬一番の強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まっている影響で、新潟・佐渡両津湊で最大瞬間風速39mを観測するなど、北日本日本海側と北陸を中心に強い風が吹いている。今後も雪を伴った荒れた天気になる見込みで、北陸で80センチなどの降雪量が予想される。日本海側を中心に、大雪、猛吹雪による交通影響などに警戒が必要。

キーワード
東京消防庁
首都高
大雪
四街道(千葉)
赤坂(東京)
佐渡(新潟)
金沢(石川)
猛吹雪
暴風
高波

気象情報 (ニュース)
14:18~

全国の天気予報を伝えた。

経済情報 (ニュース)
14:19~

東京市場の為替と株の値動きを伝えた。

キーワード
東京市場
東京外国為替市場
日経平均株価
東証株価指数
為替
株価
  1. 前回の放送
  2. 1月23日 放送
  3. 次回の放送