NHKスペシャル 戦後70年 ニッポンの肖像「プロローグ」

『NHKスペシャル』(エヌエイチケイスペシャル)は、NHKのドキュメンタリー番組。略称は「Nスペ」。単発のドキュメンタリーを制作・放送していたNHK特集に代わり、1989年4月2日放送開始。原則、毎週日曜日の21:00 - 21:50に放送するが時間枠を拡大したり他の曜日・時間に放送することもある。再放送は、火曜・水曜深夜。多くはハイビジョン放送である。本項では前身である『NHK特集』(エヌエイチケイとくしゅう)についても記述する。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年1月2日(金) 8:35~ 9:50
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
08:35~

70年前の日本は焼け野原で、そこから這い上がろうとする人々の姿があった。戦後70年、私たち日本人はどう生きてきたのかをお送りする。

タモリ、有働由美子、堺雅人が新年の挨拶をした。タモリは終戦後1週間目に生まれ今年70歳となると話した。

戦後70年 ニッポンの肖像 プロローグ 私たちはどう生きてきたか (バラエティ/情報)
08:37~

有働由美子、三宅民夫が挨拶し、ゲストのタモリ、堺雅人らを紹介した。戦後70年で一番よかった時代はというテーマでトーク。タモリは飲み屋・バーが楽しくなってきたバブル崩壊以後が好きだと話した。

1945年8月15日、日本は終戦を迎えた。戦争で310万人が命を落とした。東京も福岡も焼け野原だった。8月22日に天気予報が再開、戦時中は軍事機密で禁止されていた。食糧難で、多くの人がトラックの荷台から落ちたとうもろこしを拾った。東京の闇市や戦後初の神戸の正月の映像が紹介された。ダグラス・マッカーサーは日本の軍事化と民主化を進めた。進駐軍用の店ができ、英会話の本が爆発的に売れた。広島には台湾から帰国した。みんなカメラにお辞儀をしていた。1946年11月3日に新憲法公布の祝賀行事が各地で行われた。昭和天皇は国民の象徴となり、戦前にはありえなかった国民との対話の様子が残っていた。美空ひばりが東京キッドで国民を元気にした。ラジオでのど自慢素人音楽会が行われた。1948年にはお見合い大会が行われ、結婚ブームが訪れ、ベビーブームが行われた。タモリは当時の赤ちゃんコンクールで優勝したと告白。この世代が団塊の世代と呼ばれた。

タモリは昔赤ちゃんコンクールで優勝したことをカミングアウトした。また、終戦してから敵国を味方に変えていく考え方は、映像を観たら子どもが積極的にやっていたと話した。タモリは作家・星新一に、終戦の8月15日に皇居を通ったら人がいなく、泣き崩れる人々も見なかったと聞いたと話した。

1950年に朝鮮戦争で特需景気が起きた。アメリカ軍が武器を大量に買った。1951年にサンフランシスコ講和条約、日米安全保障条約を締結。吉田茂首相が国際社会への復帰を宣言した。ジャズブームが起こったが、タモリは当時の音楽は外国から入ってくると全部ジャズにされたと解説。国民は街頭テレビで、力道山や石原裕次郎の嵐を呼ぶ男に夢中になった。新橋には1万人が集まり、東京タワーが世界一の高さで完成。今の天皇陛下のご成婚に沿道には53万人が集まった。安保闘争が起こり、1か月間、空前のデモで10万人が国会に集まった。

戦後日本の復興についてトーク。外国の戦争によって朝鮮特需で日本が豊かになるというのは複雑だと堺雅人が話した。アメリカ軍の壊れた戦車などが日本に運ばれてきてそれで東京タワーが作られたとタモリが話した。東京タワーは設計士の内藤多仲が担当した。中園ミホは子どもの頃は美智子様に憧れていたと話した。堺雅人は新憲法公布が嬉しかったのが不思議だと話した。

1960年に池田勇人首相は所得倍増計画を実施。好景気で集団就職、通勤ラッシュが始まった。1964年東京オリンピックが日本人を1つにした。東京の道はぼこぼこで日夜突貫工事が行われた。五輪9日前に東海道新幹線が開業した。ブルーインパルスの松下治秀さん淡野徹さんらがジェット機で五輪の輪を描いた。中園ミホは窓からみんな見ていたと話した。西村克重は日本の平和国家を見せたかったとした。

1964年の東京五輪はタモリも見ていて、閉会式でグチャグチャと選手が入ってくる伝統はこの時からだと話した。タモリは新幹線は十河信二国鉄総裁が有力大臣の家に朝行ってお願いし、莫大な予算は半分で国会に提出して、追加させたと解説。半藤一利は池田勇人元首相が月給2倍論をかかげたときに無理だと否定していたが、空論だという声はなかったと話した。

高度経済成長期が加速、当時モーレツ社員という言葉が流行った。新橋では会社の屋上で歌を歌い士気を高めた。1964年に国民総生産が世界第2位になった日米繊維交渉で日米貿易摩擦が始まった。佐橋滋は国家総動員で行かないと日本は立ち行かなくなるとした。1970年に日本万国博覧会が開催、人間洗濯機が注目された。現在は介護用に実用化されている。経済成長で公害が起こった。新宿西口ではベトナム戦争反対の集会が行われた。中園ミホは父親と見に行ったと話した。タモリはこんなライブは2度とないとした。1973年にオイルショックでパニックに陥った。この頃、赤塚不二夫のおそ松くんの「シェー」が人気だった。ジョン・レノンや皇太子様らまでしていた。タモリは赤塚不二夫に見出された。

タモリは自分の映像を見ないと話した。当時のモーレツ社員研修は夜通し歩かせるとかあったので、日本国に距離を置いたと話した。堺雅人は「官僚たちの夏」で焼け野原を見て働いているので勤労意欲があったとした。半藤一利は当時の官僚は国家を守る気持ちがあったとした。タモリはフォークゲリラは反戦意識はなかったと解説した。タモリは公害が出てきて、社会が変わったとし、仕事している人間は誰も非難できないから突き進んでいたとした。タモリは赤塚不二夫のギャグは意味が無いとし、言葉を解体し、意味の連鎖をなくしたかったと話した。日本人が選ぶ戦後を象徴する人物を紹介。1位田中角栄、2位吉田茂、3位昭和天皇、ほかはダグラス・マッカーサー、佐藤栄作、小泉純一郎、長嶋茂雄、美空ひばり、松下幸之助、麻原彰晃だった。

1982年に笑っていいとも!放送開始。1985年プラザ合意で円高、バブル時代に突入した。アメリカでは海外の土地などを買い漁る日本人を報道。1989年昭和天皇崩御、株価は史上最高値をつけた。その後、バブル崩壊で最悪の不況に突入。1995年に阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件が発生した。司馬遼太郎は正しいと信じていたことが全てウソだとわかったと指摘した。

タモリはバブル景気がおかしかったとし、融資を断ったら、馬鹿だと言われたと話した。半藤一利は当時はベルリンの壁崩壊、天安門事件、ソ連のアフガニスタン撤退などがあったが日本では株価最高値だったとした。タモリはバブルの隙にオウムがあったとした。堺雅人は芝居を始めた頃で、根っこは同じだったとした。中園ミホはバブル後はトレンディードラマでは視聴率が稼げなくなったとした。阪神・淡路大震災、オウム事件で日本の安全神話が崩壊したとした。半藤一利は日本人は繁栄のために何かを忘れていたとし、タモリは明治維新でも江戸をすべて否定したと解説。堺雅人は日本人はリセットしたがる傾向があると話した。

2011年3月11日に東日本大震災と福島第一原発事故が発生。伊集院静はこれほど人的、経済的に被害を被ったのは戦争しか知らないとした。ノーベル賞を受賞した赤崎勇は暗い戦争体験に、再出発するしかないと話した。天野浩は青色LEDを作り、次は世界に広めるとした。

中園ミホは今は自分で調べたいとし、日本人は強い事を知ったとした。半藤一利は司馬遼太郎は日本人の7割が考えて「自然にやさしい」など合意できることをやれば良くなるとした。タモリは各国資本主義は行き詰まっている、全く違うものにするか手を加えるか、大多数が合意できることを日本の従順さ、勤勉さを持つ日本しか出来ないことだと話した。

戦後70年 ニッポンの肖像番組宣伝。

キーワード
美空ひばり
昭和天皇
ダグラス・マッカーサー
闇市
東京キッド
赤ちゃんコンクール
星新一
吉田茂
天皇陛下
力道山
嵐を呼ぶ男
朝鮮戦争
サンフランシスコ講和条約
日米安全保障条約
朝鮮特需
内藤多仲
美智子様
東京オリンピック
ブルーインパルス
十河信二
東京五輪
池田勇人元首相
新幹線
高度成長期
ジョン・レノン
皇太子
日本万国博覧会
おそ松くん
ベトナム戦争
日米繊維交渉
赤塚不二夫
小泉純一郎
田中角栄
佐藤栄作
松下幸之助
官僚たちの夏
笑っていいとも
司馬遼太郎
プラザ合意
地下鉄サリン事件
阪神・淡路大震災
バブル
天安門事件
ベルリンの壁崩壊
オウム地下鉄サリン事件
東日本大震災
福島第一原発事故
LED
ノーベル賞

エンディング (その他)
09:46~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 1月2日 放送
  3. 次回の放送