NHKスペシャル 大江戸 第3集「不屈の復興!!町人が闘った“大火の都”」

『NHKスペシャル』(エヌエイチケイスペシャル)は、NHKのドキュメンタリー番組。略称は「Nスペ」。単発のドキュメンタリーを制作・放送していたNHK特集に代わり、1989年4月2日放送開始。原則、毎週日曜日の21:00 - 21:50に放送するが時間枠を拡大したり他の曜日・時間に放送することもある。再放送は、火曜・水曜深夜。多くはハイビジョン放送である。本項では前身である『NHK特集』(エヌエイチケイとくしゅう)についても記述する。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年7月1日(日) 21:00~21:50
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
21:00~

江戸の町火消を紹介。火事の多い江戸を表した「火事と喧嘩は江戸の華」を紹介。江戸の火事を巡る新発見が相次いでいる。遺跡が見つかり。250年分の地層から大火が10回起きていた。3年に1度の頻度で火災が起こっていたという調査を紹介。しかし町は不死鳥のように甦った。江戸は発展していき賑わいを増して行った。その理由は前代未聞の復興事業と周到な備えがあったという。その中で江戸っ子気質と言われる生き方も生まれたという。

キーワード
め組の喧嘩
火要鎮

大江戸 (バラエティ/情報)
21:03~

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に東京の大改造を行っている。江戸に新たな発見があったと、江戸時代の地層の調査を伝える。黒い部分が当時の木材の焼け落ちた跡と紹介。火災層の上には盛り土があり、それが繰り返されている。さらに、別の場所では江戸時代250年分の地層が見つかり、そこには十枚の火災層が見つかった。こうした火災層からは炎の熱で溶けた瓦が見つかっていた。共同で利用された木製の井戸は炭化していた。別の場所からは焼け焦げた犠牲者の遺骨もあった。江戸に住む人にとって火災は身近なものだったと仲光克顕さんが語る。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月1日 放送
  3. 次回の放送