NHKニュース おはよう日本 2015年9月17日放送回

放送日 2015年9月17日(木) 7:00~ 7:45
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
07:00~

オープニング映像と和久田麻由子らによるオープニングの挨拶。

ニュース (ニュース)
07:00~

安全保障関連法案を審議している参議院の特別委員会は、与党側が、昨夜から今日未明にかけて安倍首相も出席して締めくくりの総括質疑の開催を目指したが、民主党などの強い反対で行われなかった。このため鴻池委員長は午前8時50分から理事会再開を職権で決定した。与党側は、今週中に法案の成立を図る方針を崩していないものの、衆議院で再可決して成立させるのもやむをえないのではないかという焦りの声も出始めている。これに対し民主党などは、不信任決議案を提出することを含め法案成立阻止を目指す方針で、安保法案採決をにらんだ与野党の攻防は緊迫の度を増している。

安全保障関連法案をめぐる昨日からの動きを振り返った。与野党は相次いで会談を行った。自民・公明などは自衛隊派遣の際の国会関与を強める付帯決議と閣議決定を行う事で合意。次世代、元気、改革は参院での採決で賛成する事になった。これを受けて安倍首相が会見に応えた。一方、民主、維新などの野党5党は、与党が野党の反対を押し切って採決した場合に、首相問責決議案などの提出を含め、あらゆる手段で対抗する方針で一致した。

こうした中、参議院の特別委員会は横浜で地方公聴会を開いた。終了後には法案の採決に反対する人たちが警備の警察官たちともみ合いになる場面もあった。

埼玉・熊谷市の2軒の住宅で、小学生を含む合わせて4人が相次いで死亡しているのが見つかり、警察は現場近くでペルー人の30歳の男の身柄を確保した。熊谷市内では14日に別の住宅で夫婦が殺害された事件も起きており、3つの事件は関連があるとみて調べている。いっぽう警察はおととい、別の住居侵入の疑いでこの男の逮捕状をとっていて行方を捜査していた。また、一連の事件が起きる前の今月13日、消防から警察に通報があり、警察はきのう身柄を確保したペルー人とよく似た男から事情を聴いたが走って逃げ、その後、行方が分からなくなったという。

記録的な豪雨で茨城県常総市を流れる鬼怒川の堤防が決壊してから今日で1週間。茨城県内ではライフラインへの影響が残り、2700人余りが避難生活を余儀なくされていてる。常総市では、川から流れ込んだ水の排水や水道の復旧には、今月いっぱいかかる見通しだとしていて、避難生活の長期化も懸念され、住宅の再建など被災者支援が課題になっている。

茨城県常総市のきぬ医師会病院から中継。記録的な豪雨で堤防が決壊してからきょうで1週間となる常 総市では、 きのうの夜8時から雨が降り続いている。これまで乾いた土砂が道路や街路樹などを埋め尽くしていたが、木や葉本来の色が見え始めている。地元の人々はこの雨で復旧作業に影響が出ないか、川の推移はどうなるのか心配している。一方で復旧に向けた動きもはじまっていて、ゴミの仮置き場が次々と一杯になるため災害ゴミは屋外に積み上げられたままになっている。きぬ医師会病院では泥水のかき出しや消毒が終わり次第、通常の診断を始めたいとしているが、完全な復旧にはまだ時間がかかりそうだ。

こうした中、参議院の特別委員会は横浜で地方公聴会を開いた。終了後には法案の採決に反対する人たちが警備の警察官たちともみ合いになる場面もあった。そして安倍首相は昨夜7時前に国会へ。参院特別委はきのう午後6時半から開かれる予定だったが、民主党などが質疑に反対し開かれない状態が続いた。およそ9時間に及んだ与野党の攻防は午前3時頃に一時中断となった。

豪雨の影響で休校していた常総市の石下小学校では、きのうから授業が再開した。先生は児童1人1人に被害の状況や体調について尋ね、全校集会では豊田幸裕校長が生徒たちの避難状況を確認した。一方で、玉小学校など市内の5校の小学校ではいまだ再開の見通しが立っていない。浸水した小学校では連日清掃作業に追われている。玉小学校の島田文江校長は「もちろん学校も心配ですけど、まずは子供がどうかなというのが一番気がかり」と話した。元の生活に戻るにはまだ時間がかかりそうだ。

茨城県常総市・きぬ医師会病院から中継。きぬ医師会病院は1階部分が浸水したため、医師や看護師たちは、駐車場に日本赤十字社から送られたテントを並べ、その中で薬の処方やケガの手当を行っている。一方で、一部の避難所では多くの支援物資が届いたにもかかわらず、それを整理するボランティアなどが足りないため、一時支援物資の受け入れを中断せざるを得なかったり、調理する環境がない避難所に生鮮食品がとどき、活用できないということもあった。それぞれの現場にあった支援を出来るかが重要なポイントだ。

東京都世田谷区の特別養護老人ホーム 芦花ホームでは、認知症やさまざまな病をかかえた高齢者100人が暮らしている。入居者の平均年齢は90歳で、医師の石飛幸三さんはこれまで200人ちかい入居者を見とってきた。石飛さんは老衰の特徴として食べる機能の変化を挙げ、「人の体が食べ物を受け付けなくなる、もうそれは終わりのサイン」と話した。ほとんどの人が、亡くなる1週間ほど前から食事量が0になるという。93歳の中村イトさんは入居して3年目だが、最近食事の量が少なくなった。

アメリカで、老衰のメカニズムを研究しているジョンズ・ホプキンス大学のニール・フェダーコ教授は、細胞の減少は臓器の異色に繋がると考えている。老衰すると食事量が減少するメカニズムについて、フェダーコ教授は「腸の中で細胞が失われると吸収する能力に影響をおよぼす。死が近づくと食べ物を受け付けなくなるのは老衰の高齢者に起きるごく自然な変化」と解説した。

日本老年医学会では3年前、”高齢者ケアの意思決定プロセスに関するガイドライン”をまとめた。そのなかで、高齢者の終末期医療のあり方について「医師などが患者のためにならないと判断した場合、本人の意志にそって人工的な栄養補給などを行わなくてもよい」という見解が示されている。老衰で食事量が減少してきたイトさんは、以前から最後の在り方について「延命治療は行わず、自然に逝かせほしい」と話していた。死が近づくにつれ、肩をつかいながら大きく息をするようになったイトさんに対し、病院は酸素の吸収はせず静かに見守ることにした。こうした呼吸は、食事量の減少とともに死が近い人に見られる特徴のひとつだという。その日の夕方、イトさんは息子の孝さんに寄り添われて静かな最後を迎えた。孝さんは「よくここまで頑張ったなとほめてあげたいです。これからゆっくり休んで欲しい」と話した。石飛さんは老衰死について「火は自然に細まって消えていく。それがいちばん楽な方法。いずれ自分は終わるということを覚悟して、そういう時点が来ることに自分の心をちゃんと備えておかなきゃいけない」と話した。

国会内から中継。安保法案をめぐり、委員会室の周辺にはきのう夕方からきょうの未明まで与野党の多くの議員が詰めかけた。民主党などは委員会の開会を阻止するため衆参の数十人の議員を動員して理事会室の周辺をかため、鴻池委員長ほか理事らが委員会室に入るのを阻んだ。これに対し鴻池委員長らは法案に対する国民の意見が別れ、野党が強く反対するなかで委員会を開けば、強引だという国民からの批判を招きかねないとして委員会の開会を見送らざるを得なかったものとみられる。

国会内から中継。安全保障関連法案をめぐる委員会の阻止について、与党側からは「こうした事態は想定していなかった」との声があがるなど、開会にこぎつけられなかったことは大きな誤算だったという受け止めが出ている。自民党の参議院側からは、今週中に確実に法案を成立させるためにはいわゆる「60日ルール」を使うのもやむを得ないのではないか、との意見も出ている。一方民主党などは、与党側が採決に踏み切る構えも見せていた締めくくりの総括質疑を引き延ばすことができたのは一定の成果だとしており、引続き連携して委員会の開会に反対する構えだ。

国会内から中継。安全保障関連法案をめぐり与党側は、国会の会期が今月27日までの10日間残っているものの今週末からの大型連休後の平日が2日しかないことを踏まえ、今週中に法案成立を図る方針を崩していない。このため午前8時50分から再開される特別委員会の理事会につづいて委員会をひらき、締めくくりの総括質疑を行った後、すみやかに採決したい考えだ。

国会内から中継。安全保障関連法案をめぐり、民主党など野党は、採決の前提となる採決の前提となる締めくくりの総括質疑を行うのであれば、鴻池委員長の不信任動議を提出することも検討しているなど徹底抗戦の構えだ。さらに採決に踏み切れば、衆議院に内閣不信任案、参議院に首相問責決議案などを提出することにしている。

スタジオで、警察が会見などで説明した事件に至る経緯をあらためて整理した。熊谷警察署でよく似た男から事情を聞いたのが13日で、その際男の申し出から警察官1人の立ち会いのもと煙草を吸わせていたが、不意をついて男が逃走し、直後に住居侵入事件が2件発生した。その翌日の14日に夫婦が殺害されているのが見つかり、15日に警察は13日に起きた住居侵入事件で男の逮捕状をとった。そしてきのう16日、84歳の女性が自宅で死亡しているのが見つかり、現場の周辺を警察官が調べていたところ別の住宅の2階で刃物を持った外国人の男が見つかり、身柄を取り押さえられた。その後住宅の中を調べると親子3人が死亡しているのが見つかった。

埼玉県熊谷市で6人を殺害したとしてペルー人の男が逮捕された事件で、常磐大学大学院の諸澤英道教授は「職務質問中に逃げ出したということになれば、追跡して身柄を確保することはイロハのイにあたる。警察内部の監査ではなく、専門家も交えた客観的な検証を行う必要がある」と指摘した。

熊谷警察署から中継。13日の取り調べの際、ペルー人の男は「ペルーに帰りたい。姉は神奈川にいる」とだけ供述し、その後「たばこを吸いたい」と申し出て警察署の玄関先に出たあと、立ち会いの警察官の目を盗んで逃走した。今回の対応について、埼玉県警察本部は「現段階では必要な捜査を行っていたと考えている」と話している。

熊谷警察署から中継。警察は現場に残された足あとから、今回の3件の事件すべてにペルー人の男が関わったとみて捜査を進めている。一方で男は頭の骨を折って意識がなく、現在も病院で治療を受けている。警察は、男の回復を待って取り調べるなどして事件の全容解明をすすめることにしている。

茨城県常総市では10日、降り始めからの雨量が400ミリから600ミリに達する記録的な豪雨で鬼怒川の堤防が決壊し、多くの住民が孤立、浸水したり川に押し流される家屋も多く見られた。それから1週間となるきょうは、夜を徹した堤防の復旧作業が行われている。住民の男性はこの1週間を振り返って「忙しくてあっという間だよね。片付けに忙しくて他のことは考えられない」とコメントした。

宮城県大崎市を流れる渋井川も、11日の豪雨で堤防が決壊した。茨城・栃木・宮城の3県ではいまも合わせて約3000人が避難を余儀なくされている。

堤防が決壊してから1週間、茨城・栃木・宮城3県の被害状況をまとめた。このうち茨城県では、きのう新たに男性1人が遺体で見つかり、亡くなった人は3人となった。浸水は1万2186棟、今も2700人余りが避難している。

堤防が決壊してから1週間、茨城・栃木・宮城3県の被害状況をまとめた。このうち栃木県では3人が死亡、4541棟が浸水し、237人が避難している。

堤防が決壊してから1週間、茨城・栃木・宮城3県の被害状況をまとめた。このうち宮城県では2人が死亡、1960棟が浸水し、46人が避難している。

最も被害の大きかった茨城県常総市では鬼怒川の堤防が決壊し広い範囲が浸水、その広さは最大で40平方キロメートルにも及んだ。事故後、排水作業が行われているが、事故から1週間たった現在も浸水している地域がある。市内のライフラインは、きのう停電が全世帯で復旧し家庭のゴミの収集が全域で再開された一方で、市内の7400世帯が依然断水している。学校の休校も続き、きょうもあわせて8つの小中学校が休校している。常総市ではきのう午後8時現在、1659人が避難している。

会社員の橋本勝さんは、妻と息子の3人で豪雨直後から避難所での生活を続けている。自宅は約1m浸水し、今も泥で床や壁が汚れたまま鼻を突く臭いも残っている。ローンがあと10年残っている上に修繕費用が高くつくため、橋本さんは「そんな資金ないですね。どうしていいのか分からない」と話した。

茨城県常総市では現在堤防の復旧工事が進められていて、市内の停電もすべて復旧したが、浄水場が浸水したため依然7400世帯で断水が続いている。水道が完全に復旧するのは今月末ごろの見通しだ。給水車などから運んできた限られた水で生活しなければいけない状態が続いている。

豪雨で堤防が決壊してから1週間、茨城県常総市では増え続けるゴミの処理も課題となっていて、きのうは隣の坂東市の野球場にも仮置き場が設けられた。ゴミを運びに来た被災者の男性は「がれきを片付けないと元の生活に戻れない」と話した。

雨の予報を伝えた。あす朝までの予想雨量は、多いところで宮城県で100ミリ、栃木県で100ミリ、茨城県で90ミリとなっている。1時間に30ミリ、局地的に50ミリの非常に激しい雨が降る恐れもある。

国が今年発表した高齢社会白書では、高齢者のうち91.1%が、「延命治療は行わず”自然にまかせてほしい”」と望んでいることがわかった。こうしたなか、戦後一貫して減り続けてきた”老衰死”の数が、高齢者人口の増加とともに上昇傾向に転じ、今月発表された統計では7万5000人となった。

亡くなる時に本当に苦しくはないのか、体で何が起きているのかなどこれまで解明されてこなかった老衰のメカニズムが最近の研究で徐々に明らかになっている。この”老衰死”については、20日のNHKスペシャルで詳しく取り上げる。

キーワード
鴻池委員長
北澤元防衛相
福山幹事長
民主党
安保法案
安倍首相
維新の党
共産党
社民党
生活の党
内閣不信任決議案
首相問責決議
岡田代表
安全保障関連法案
熊谷(埼玉)
常総市(茨城)
鬼怒川
きぬ医師会病院
常総市立石下小学校
特別養護老人ホーム 芦花ホーム
ジョンズ・ホプキンス大学
老衰
日本老年医学会
与党
野党
60日ルール
国会
不信任動議
首相問責決議案
住居侵入罪
殺人
熊谷市(埼玉)
埼玉県警察本部
災害ゴミ
記録的な豪雨
豪雨
氾濫
大崎市(宮城)
渋井川
茨城県
栃木県
宮城県
堤防
東日本豪雨
浸水
小貝川
ライフライン
停電
断水
避難
坂東市(茨城)
ゴミ
日本赤十字社
非常に激しい雨
老衰死
世田谷区(東京)
高齢社会白書

おはようWEATHER 気象情報 (ニュース)
07:41~

東京・渋谷から中継。全国のきょうの天気予報、予想気温、台風20号の情報を伝えた。先週の豪雨で被害が出た宮城県・栃木県・茨城県では明朝にかけて多い所で100ミリの雨が予想され、土砂災害・浸水・川の増水に注意が必要。

キーワード
渋谷(東京) 
台風20号
宮城県
栃木県
茨城県

ニュース (ニュース)
07:43~

安全保障関連法案を審議している参議院の特別委員会は、与党側が、昨夜から今日未明にかけて安倍首相も出席して締めくくりの総括質疑の開催を目指したが、民主党などの強い反対で行われなかった。このため鴻池委員長は午前8時50分から理事会再開を職権で決定した。与党側は、今週中に法案の成立を図る方針を崩していないものの、衆議院で再可決して成立させるのもやむをえないのではないかという焦りの声も出始めている。これに対し民主党などは、不信任決議案を提出することを含め法案成立阻止を目指す方針で、安保法案採決をにらんだ与野党の攻防は緊迫の度を増している。

キーワード
鴻池委員長
北澤元防衛相
福山幹事長
民主党
安保法案
安倍首相

為替と株の値動き (ニュース)
07:44~

現在の外国為替市場の円相場、ニューヨーク株式市場のダウ平均、東京株式市場の終値を伝えた。

キーワード
日経平均
ニューヨーク市場
為替
東京株式市場
株価
東証指数
ナスダック
ダウ平均
  1. 前回の放送
  2. 9月17日 放送
  3. 次回の放送