NHKニュース おはよう日本 2015年8月7日放送回

放送日 2015年8月7日(金) 7:00~ 7:45
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
07:00~

阿部渉と和久田麻由子によるオープニングの挨拶。

ニュース (ニュース)
07:00~

安倍首相が戦後70年にあたって発表する談話の策定に向けて議論を重ねてきた有識者懇談会は日本が大陸への侵略を拡大し無謀な戦争で各国に被害を与えたことへの痛切な反省にもとづき、平和国家として国際貢献を行ってきたとする報告書を安倍首相に提出した。これを受けて安倍首相は終戦の日の前日の14日に閣議決定し自ら発表する意向を固めた。また談話の中で先の大戦での対応などに痛切な反省の意を示し、平和国家としての不戦の誓いを表明するとともに歴代内閣の基本的立場を引き継ぐ方針を明記したい考え。

安倍首相が戦後70年にあたって発表する談話の策定に向けて議論を重ねてきた有識者懇談会は日本が大陸への侵略を拡大し無謀な戦争で各国に被害を与えたことへの痛切な反省にもとづき、平和国家として国際貢献を行ってきたとする報告書を安倍首相に提出した。これを受けて安倍首相は終戦の日の前日の14日に閣議決定し自ら発表する意向を固め、谷垣幹事長に意向を伝えるなどし、与党内の調整に着手した。また談話の中で先の大戦での対応などに痛切な反省の意を示し、平和国家としての不戦の誓いを表明するとともに村山談話など、歴代内閣の基本的立場を引き継ぐ方針を明記したい考え。そして戦後国際社会への日本の復帰を支援した各国に感謝の意を示し、積極的平和主義のもと世界の平和と反映に貢献する姿勢を打ち出すことで文言調整をしている。

談話についてアメリカ国務省のトナー副報道官は安部首相がワシントンでの演説で歴代内閣の認識を支持するとしたことに留意しており、歴代内閣の基本的立場を引き継ぐことに期待し、地域の国々が建設的な関係を気づくことが平和と安定やアメリカの国益に繋がるとして日本と周辺国の関係改善が進むことに期待をしめした。

NHKが東京都監察医務院になどに取材したところ、東京都内でこの夏、室内で熱中症で死亡した人のうち3割が家族などと同居している高齢者だった。東京都心では1週間連続で猛暑日が続き、仙台市では統計開始以来初めて3日連続の猛暑日になるなど、昨日は西日本~東北の広い範囲で猛烈な暑さになった。今朝にかけても熱帯夜になった。こうした時に注意したいのが熱中症。目眩や頭痛、吐き気や手足がつったり、急に力が入らなくなったりする、ひどい場合は死亡することもある。東京都監察医務院や警視庁によるとこの夏、熱中症などの疑いで少なくとも68人が死亡した。この内61人が室内で死亡していた。その半数以上の32人が独居の高齢者だった。一方、家族と同居していて死亡した高齢者が17人いた事も明らかになった。

先月日野市で80代の男性が自宅で意識を失い病院に搬送されたが熱中症の疑いで死亡した。男性は妻と同居しており、数日前から体調を崩しており、食事も十分にとっていなかった。男性の部屋は窓が閉め切られエアコンは使われていなかった。専門家のはなしによると、高齢者の場合暑いのか寒いのかわからない。そのため35度以上であっても冷房などをつけずに、暑い部屋で蒸し風呂のような状態で過ごしてしまうケースがあり、早めに気づいて対応する必要がある。体調に少しでも異変を感じたらこの季節はまず熱中症を疑って対応していくことが必要としている。

キーワード
戦後70年談話
安倍首相
村山談話
谷垣幹事長
積極的平和主義
トナー副報道官
ワシントン
安部首相
新橋(東京)
江戸川区(東京)
青葉区(宮城)
熱中症
猛暑日
熱帯夜
田中英登教授
日野市(東京)

リポート (ニュース)
07:07~

戦後70年のこの夏、日常の中の戦争をテーマにした映画が上映されている。TOMORROW/明日は、長崎に原爆が投下されるまでのある家族の一日を描いている。映画監督の黒騎和雄さんは9年前に亡くなるまでちゃぶ台から見た戦争をテーマに一貫して暮らしの中から戦争を見つめる作品を撮り続けた。これらの作品が特別上映されている。映画館の支配人は黒木監督の短編映画を初めて公開した。タイトルはぼくのいる街で、空襲で亡くなった少年が銀座を彷徨い戦争の痕跡を探すという内容。映画館の支配人は今の日常が決して当たり前にあるものではないと思い返すきっかけにして欲しいと考えている。

キーワード
TOMORROW/明日
千代田区(東京)
黒木暢子
黒木和雄監督

ニュース (ニュース)
07:11~

広島はきのう、原爆投下から70年となる原爆の日を迎えた。プロ野球の広島は、平和を願うこの日のためだけのユニフォームを着て本拠地での試合に臨み、詰めかけたファンが平和への思いをあらわにした。球団創設時にキャッチャーを務めていた長谷部稔さんも自宅で観戦し、「みんなが広島のことを考えて平和が続いてほしい」とコメントした。

原爆の日に合わせてオーストリアやブラジルなど海外でも原爆の被害者を追悼する式典が行われた。6日ウィーンで国連や地元の平和団体が開いた式典ではおよそ100人が参加し、国連のコーラス隊が平和を願って日本の桜などを披露した。式典の終わりには日本から送られた平和の鐘をならして核兵器廃絶の思いを改にした。ブラジル、サンパウロにある寺では原爆の被害者を追悼する法要が行われ、広島や長崎で被曝した後に移住した人など20人あまりが参列した。

キーワード
広島
原爆の日
平和の鐘
さくら
国連
サンパウロ(ブラジル)
ウィーン(オーストリア)

特集 (ニュース)
07:14~

NHKが認知症の専門医1600人にアンケートをとったところ認知症でないのに認知症と判断された人は去年一年間で少なくとも3500人余りにのぼることが分かった。横浜市に住む男性は、外出先で突然わからなくなったという。男性はいくつもの医療機関を受診したが病名ははっきりとせず、脳波を測定する検査の結果はてんかんだった。てんかんは60歳以上で発症する確率が急増するとされている。高齢者の場合は記憶障害や意識の途切れなどの症状が見られ、認知症の症状と酷似している。男性はてんかんの薬を服用したことで症状が回復している。てんかんの患者が高齢者に多いことはあまり知られていない。男性を診察した医師の元には認知症を疑い診察に来る患者が年間約40人ほど居るという。

認知症と思い込み本来の病気の治療を怠ると命の危険もあるという。都内在住の男性は今年に入りもの忘れなどの症状が見られた。脳の検査をしたが原因がわからなかったが、症状は悪化し歩行障害も見られるようになった。3ヶ月後、再度検査をしたところ慢性硬膜下血腫という診断を受けた。血の塊が脳を圧迫していた。この病気は初期には見落としが多いという。今回の調査ではこの病気をアルツハイマーなどど誤診したケースが300人ほどいた。 医師によるとこの病気は放置すると意識がなくなり最悪の場合、命を落とすこともあるという。

キーワード
工藤千秋医師

ニュース (ニュース)
07:20~

紅海と地中海を結ぶ全長190キロのスエズ運河の72キロの区間で拡張工事が終了し、6日各国の首脳などを招いた記念式典が開かれた。エジプトのシシ大統領は「エジプト人が1年間力を尽くし人類のためにすばらしい贈り物を届ける」と演説。この工事によって交互に通航していた区間が同時に両方向の通航が可能となった。地中海から紅海へ抜ける所要時間は18時間から11時間に短縮された。エジプト政府は拡張工事を当初の3年の計画から1年に短縮して完成させた。完成を急いだ背景には2011年の民主化運動によって起こった経済の低迷がある。エジプト政府は運河の通航料に期待を寄せていて2023年には収入が2.5倍に増えるだろうとしている。今回の運河の拡張は工場の立地や仕入先で選択肢が増えるなど日本企業の戦略にも影響。今後は通航料の値上げが懸念される。日本船主協会はスエズ運河庁に役員を派遣。1年に1度は協議の場を設けることで合意した。日本船主協会の石川尚常務理事は「運賃は直接間接に消費者に影響してくるので運河町庁と定期的な対話を通じて互いの意見を率直に述べ合って妥当な値上げに近づけていきたい」などと語った。

キーワード
シシ大統領
スエズ運河
日本船主協会
スエズ運河庁
イスマイリヤ(エジプト)
エジプト
カイロ(エジプト)
紅海
地中海

特集 (ニュース)
07:23~

全国の児童相談所に寄せられる児童虐待の相談件数は年間およそ7万件で年々増加の一途をたどっている。これまでの虐待対策は虐待が発生してから児童相談所などが対応する事後対応だった。今注目を集めているのはヘルシースタートと呼ばれるアメリカで始まった取り組み。虐待が発生する前に親のもとに訪問し支援する取組み。日本でも一部の地域で民間団体が行っている。

大阪に住む2014年に男の子を出産した31歳の女性は幼いころ両親が離婚し6歳から18歳までを児童養護施設で育ち、母親が女性に会いに来ることはなかった。母親の愛情を知らずに育った女性は子どもを育てることに不安を抱いたという。女性を支援するのはヘルシースタートに取り組んでいる民間団体の代表山田裕子さん。山田さんは施設を出た人を支援するグループを通じて女性と出会った。妊娠中の段階から女性のもとに通い出産後は週に一度訪れ定期的に支援をしている。この支援で大切なのは不安を抱えている親の良い所を見つけポジティブなアドバイスを与えて褒めるということ。このことで親は自信を持ち子どもに前向きに接することができるようになる。山田さんは工夫をして子育てをしようとする女性を褒めた。山田さんは「母親を上手にサポートする。子どもをちゃんと育てる力があるんだということが認識できるようになれば意欲を持って物事にチャレンジできるようになるのでは」と語った。

この支援によって母親として大きな一歩を踏みだした27歳の女性がいる。女性は生活保護を受けながらシングルマザーとして子育てをしている。生まれて間もなく女性の両親は離婚し、女性は祖母のもとに預けられた。母親の写真は全て捨ててしまったという。女性のもとにも週に一度ヘルシースタートの訪問員来て支援をする。女性は支援により母親としての自信を持ち始めたという。自分が生まれた時の母子手帳を初めて見た女性は、今では自分の母親の気持ちが少しだけ分かるようになったという。写真館で家族写真をとることにした女性は家族写真について「憧れって感じ。子どもに残してあげたい。大事にしてもらったなと思ってくれたらいい」と語った。

関西学院大学人元福祉学部の才村純教授は「国や自治体が自らの事業として積極的に支援に関わるべき」としている。

キーワード
ヘルシースタート
児童虐待
児童相談所
アメリカ
日本
LLCみらい
児童養護施設
生活保護
シングルマザー
写真
離婚
母子手帳
関西学院大学

おはスポ (ニュース)
07:32~

夏の甲子園、岐阜城北 vs. 中京大中京の試合。上野翔太郎投手が好投を見せ、試合は中京大中京が4-1で勝利した。

夏の全国高校野球 1日目の結果が伝えられた。

夏の全国高校野球、2日目の対戦カードを表示。

水泳の世界選手権、競泳女子200mバタフライでロンドン五輪銅メダルの星奈津美選手が2分5秒56の記録で金メダルを獲得した。競泳女子では大会史上初の金メダル。リオデジャネイロ五輪代表として競泳で最初の内定となった。星選手は「いろいろな人に支えられてようやくここに戻ってきた。今までやってきたことを出そうと思って必死に泳ぎました」と語った。

キーワード
上野翔太郎投手
夏の甲子園
夏の全国高校野球
宮崎日大高
専大松戸
広島新庄
岩手県
千葉県
茨城県
広島県
福岡県
徳島県
山梨県
静岡県
ロンドン五輪
水泳世界選手権
金メダル
星奈津美選手
バタフライ
競泳
リオデジャネイロ五輪
ロシア

気になる@LIVE (バラエティ/情報)
07:35~

千葉県市原市の養老渓谷を紹介。千葉時代というワードに注目。

キーワード
千葉時代
白亜紀
ジュラ紀

おはようWEATHER 気象情報 (ニュース)
07:40~

全国の天気、予想気温、台風13号の情報などを伝えた。先島諸島では暴風、高波に警戒が必要。

キーワード
台風13号
先島諸島

ニュース (ニュース)
07:42~

スイスの警察は昨年9月に標高2800m付近で見つかった遺骨や遺品の靴を調べた結果、45年前にスイスで登山中に行方がわからなくなった日本人男性2人のものである確認したことを明らかにした。

キーワード
スイス

為替と株の値動き (ニュース)
07:44~

現在の外国為替市場の円相場、ニューヨーク株式市場のダウ平均、東京株式市場の終値を伝えた。

キーワード
ダウ平均
ナスダック
東証指数
株価
東京株式市場
ニューヨーク市場
為替
日経平均

スポット

スクール/教育

岐阜城北
鹿児島実
花巻東
中京大中京
東海大甲府
静岡
霞ヶ浦
九州国際大付
北海
上田西
鳴門

レジャー/交通

岩波ホール
マツダスタジアム
  1. 前回の放送
  2. 8月7日 放送
  3. 次回の放送