NHKニュース おはよう日本 2019年6月25日放送回

放送日 2019年6月25日(火) 4:30~ 7:45
放送局 NHK総合

番組概要

世界のメディアザッピング (ニュース)
04:50~

パリのノートルダム大聖堂の再建に企業や自治体などから寄付の申し出が寄せられた。これまでに振り込まれたのは9%だという。自治体では決定に時間がかかることが理由とのこと。支援金を集めている財団は“多くは今後振り込まれるはず、心配はしていない”としている。

レオナルド・ダビンチの油絵「救世主」がおととし500億円余で落札された。アブダビが入手しルーヴル美術館で公開されるはずだったがいまだに展示されていないという。アメリカのメディアによるとサウジアラビアのムハンマド皇太子が持っているとのことだが政府はノーコメントとしている。

アメリカで“2周間、全米を旅しながらおいしいスペアリブを食べる”という仕事の募集があった。報酬は100万円余で募集したのはアルミはくメーカー。各店のリブの写真や調理の秘けつを投稿することが条件とのこと。

キーワード
ノートルダム大聖堂
パリ(フランス)
レオナルド・ダビンチ
救世主
ルーヴル美術館
ムハンマド皇太子
アルジャジーラ (カタール)
アブダビ(アラブ)
スペアリブ
アメリカ

まちかど情報室 (バラエティ/情報)
05:43~

飯野智子さんは息子がサッカーをしているが、梅雨の時期は次の日に試合・練習があると靴を乾かしたいのに乾かなくて困っているという。そこで使い始めたのが靴専用乾燥機で、両足に入れることでどこでも乾かすことができる。先端から出た熱風を靴の中に吸い込んで循環させることでまんべんなく乾燥させることができる。ヒーターから出る熱風の温度は60度で、靴の生地を傷めない温度。持ち運びに便利で、息子のサッカーの合宿先などにも持っていける。

晴雨兼用傘が欠かせないという重村さん母娘。日差しからも守ってくれる子ども用の傘だが斜めにさしてしまいがち。5歳のななねちゃんでも上手にさせるよう傘の芯棒にラインを入れた。ラインを入れただけだが、上から20cmの所にあり、目の高さと合わせると紫外線を防ぐことができ、前を見ることもできる。

井上美智子さんは天気が変わりやすいこの季節は靴選びに悩んでいる。井上さんは長靴やラバーシューズをはいたりするが、雨がやんだときに靴を脱ぎたくなるのが嫌とのこと。そこで履き始めたのが外側が水に強い合成樹脂だが、内側はニット地でできている。ニット地と樹脂のシューズを一体化させたことで雨が入りにくく、さらに樹脂部分が直接肌に当たらないようになっている。開発したのは米の靴下メーカーで、素足で履いた時の履き心地にこだわった。ニット地の靴は汚れた時にも中敷きを外して丸洗いでき、ニット地なので乾きやすい。

キーワード
梅雨
熱中症
アメリカ

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 6月25日 放送
  3. 次回の放送