NHKニュース おはよう日本 2018年9月20日放送回

放送日 2018年9月20日(木) 7:45~ 8:00
放送局 NHK総合

番組概要

関東甲信越のニュース (ニュース)
07:45~

昨夜、川崎市の多摩区の交番に包丁を持ち込んだとして、20代の男が銃刀法違反の罪で逮捕された。 生田交番勤務の警察官が別の事件を終えて交番に戻ってきたところ、男が包丁を机に置いて座っていた。男は「警察官を脅して拳銃で撃ってもらい死のうと思った」と供述し、銃刀法違反の罪で逮捕された。けが人はなし。警察は詳しい動機や経緯を調べている。

火山噴火の際に危険を示した地域のハザードマップについて、国土交通省は想定と違う噴火について短時間でマップを作り直すシステムを開発し、全国5つの火山で運用を開始した。新システムでは、噴火後に上空の映像などから数十分~数時間で危険地域を計算し、マップを作り直すという。

キーワード
銃刀法違反
多摩区(神奈川)
仙台市(宮城)
国土交通省
ハザードマップ
群馬県
長崎県
草津白根山
雲仙普賢岳
富士山
浅間山
御嶽山
桜島
霧島連山
長崎「雲仙普賢岳」噴火

特集 (ニュース)
07:48~

外国人と共に生きるの特集、今日は医療について。経済困難が理由で病院に行けない外国人を対象に、宇都宮市で無料の健康診断が開かれた。首都圏各地から多くの人が訪れた。栃木や群馬を中心に、医師や看護師など殆どがボランティアで年5回ほど行われる。日本語で症状を伝えられない人が殆どのため、スタッフが11ヵ国語に対応している。ペルー人男性は「細かいところまでは伝えにくい」とコメント。血液検査や血圧検査など7項目を実施。病院に通えないのは様々な理由があり、難民申請を出しているミャンマー人の男性は、正式な滞在資格がなく健康保険に入れない 。 検診を主催するNPO団体は検診だけでなく、医師が深刻な病状と判断した場合、受け入れをしてくれる病院を紹介し、付き添いをする。また、検診当日は様々な分野の専門家が話を聴き、食料の配布も行っている。日系ボリビア人の関本グアダルペさんは、収入が少なく健康保険料が払えず何年も体の不調を我慢してきた。問診では首の腫れについて相談した。精密検査を進められた。その医療費をどう賄うか弁護士、ソーシャルワーカーと相談した。 経済状況から生活保護の申請ができる可能性があるとのことで弁護士と申請することに決まった。NPO法人の長澤正隆さんは「私達の手から漏れたらどこに行ったらいいかわからない。だから自分たちの活動を最後のセーフティーネットだと思っている」とコメント。

キーワード
済生会宇都宮病院
難民
健康保険
健康診断
NPO法人 北関東医療相談会 AMIGOS
ソーシャルワーカー
フードバンク
生活保護
宇都宮市(栃木)
群馬県

関東甲信越のニュース (ニュース)
07:53~

長野県の堀内医師が、内視鏡を使ったユニークな大腸検査の研究で、”イグ・ノーベル賞”を受賞した。堀内医師は会見で、「『イグ・ノーベル賞』をいただけることになり正直驚いている。これを使ったらすごく楽に検査できるんじゃないか。」などと喜びを語った。

東京都心の気象情報が、新橋駅の中継を背景に伝えられた。

首都圏のJR・その他私鉄各線は、概ね平常通りと伝えられた。

関東の気象情報 (ニュース)
07:55~

東京の様子と雨雲レーダーの図をもとに関東の天気予報が伝えられた。

キーワード
東京都

エンディング (その他)
07:59~

キャスターが天気予報の話題を中心にコメントをまとめた。

  1. 前回の放送
  2. 9月20日 放送
  3. 次回の放送