NHKニュース おはよう日本 2018年1月20日放送回

放送日 2018年1月20日(土) 7:00~ 7:30
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
07:00~

始まりの挨拶。

ニュース (ニュース)
07:00~

北朝鮮は来月9日開幕の平昌オリンピックに合わせ、サムジヨン管弦楽団140人余で構成の芸術団を韓国に派遣予定。公営会場設備など確認のために20日から2日間の日程で視察団を送ることできのう韓国側と合意。ところが昨夜10時頃、北朝鮮側から急遽視察団派遣中止をすると通知。初の視察団として派遣予定だった7人は「サムジヨン管弦楽団」のヒョン・ソンウォル団長が率いるとされていた。北朝鮮側は視察団派遣を一方的に中止した理由を明らかにせず。みずからに有料な条件を引き出す駆け引きの一環かとみられる。

北朝鮮・ピョンヤン郊外のミリム空港では多数の兵士と車両の行進の訓練とみられる動きが衛星写真で確認。北朝鮮友好国の大使館には来月8日に北朝鮮正規軍の創設70年を祝う式典への招待状が届く。韓国政府は平昌五輪開幕前日に北朝鮮が軍事パレードを行う可能性があるとして警戒・監視を強化しているものとしている。北朝鮮が軍事パレードを実施すれば去年4月以来となり、節目に合わせ軍の士気向上とアメリカへの対決姿勢をアピールする一方で五輪・パラ参加で南北の融和を演出させ、米韓同盟に揺さぶりもかけようとすることも予想される。

19日にアメリカ・ワシントンで演説をしたマティス国防長官。今回とりまとめた国防戦略に関して中国・ロシアとの軍事的な競合への対応に最優先で取り組む方針を鮮明化。アメリカ国防戦略は中国について経済力を使って周辺国を脅し、軍事力をてこにインド太平洋の秩序を自国に優位な形でつくりかえようとしていると非難。ロシアに対してもヨーロッパと中東の経済・安全保障の構図を都合よく変えようとしているとして両国を既存の国際秩序への脅威となる修正主義勢力と位置づけた。北朝鮮については核ミサイルや生物化学兵器を追求しており、イランとともにならず者政権だとし、地域や国際社会を不安定化させていると指摘。中国・ロシアの軍備増強・急速な科学技術発展で軍事面でのアメリカの優位が脅かされているとして、これの維持のために核兵器や宇宙・サイバー分野を中心に軍事力の近代化と増強を急ぐとしている。さらに同盟関係強化を挙げ、同盟国には互いの利益となる集団安全保障に寄与するよう公平な負担を期待するとして日本などの同盟国の役割を重視する姿勢を強調。

米・トランプ大統領は大統領就任から20日で1年に。その節目を前にきのうホワイトハウスで集会を開き、演説を行った。1年の業績を自画自賛したトランプ大統領。去年に就任したトランプ大統領はアメリカ第一主義を抱え、国内外に様々な波紋を呼んだ。一方で経済は絶好調。企業業績はよく、失業率も低下している。大幅な法人税の減税で企業への業績向上への期待感から株価は最高値を更新。国際通貨基金はことしのGDPの見通しを2%台後半まで大幅に上方修正する方針。その好調なアメリカ経済も保護主義的な政策が成長の足かせになると不安要素を抱えている。

キーワード
多田晃久
平昌オリンピック
サムジヨン管弦楽団
韓国統一省
パンムンジョム
ヒョン・ソンウォル団長
ミリム空港
ピョンヤン(北朝鮮)
トランプ大統領
マティス国防長官
核兵器
集団安全保障
ワシントン(アメリカ)
ホワイトハウス
アメリカ第一主義
NAFTA
ダウ平均株価
ニューヨーク
IMF
GDP
税制改正
リーマン・ショック
オバマ
財政出動
金融緩和
TPP
カミンズ

経済情報 (ニュース)
07:29~

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月20日 放送
  3. 次回の放送