NHKニュース おはよう日本 2017年9月30日放送回

放送日 2017年9月30日(土) 7:30~ 8:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
07:30~

千葉・幕張の中継映像を背景に今日の天気予報を伝えた。

キーワード
幕張(千葉)

関東甲信越のニュース (ニュース)
07:30~

きのう午後6時20分ごろ、神奈川・大和のビルの2階の部屋で男女がけんかする音がして女性の「やめて」という声が聞こえると通報があった。警察がかけつけたところドアのすき間から包丁を持つ男と血を流す女性が見え、男は部屋から出てこないまま立てこもったため、警察は周辺の道路を規制し男の説得を続けていた。昨夜11時半すぎに捜査員が部屋に突入、男をその場で逮捕した。逮捕されたのは60歳の男、室内にいた51歳の元妻を包丁で切りつけ左脇に軽いけがをさせた傷害の疑い。容疑者の男は当時酒に酔った状態だったということで警察は詳しい状況を調べている。

2020年の8月20日まで開かれる東京オリンピックでは閉会式後競技を終えた数多くの選手らが帰国すると見込まれる。この時期は日本のお盆の時期にも近いことから成田空港会社は混雑緩和へ出国する選手・関係者専用の臨時ターミナルを設置することになった。規模・設置期間などの詳しい検討が進められている。使用されていない搭乗手続きカウンターや隣接するビルの改修を行い設置予定。保安検査場や出港検査場も備えるということだ。このターミナルでは1時間で1000人の手続きを行うことを目指し、今後航空会社などと調整を進め利用者のスムーズな誘導にもつなげたいとしている。

昨夜7時15分ごろ、新潟市南区で4歳の子どもが車にひかれたと車を運転していた男性から消防に通報。男の子は近くの病院に運ばれるも頭を強く打っていて1時間後に死亡。警察によると死亡したのは4歳の男の子、車を運転していたのは男の子の母親の内縁の夫だった。調べに対し「子どもが用を足すために路上におりたがその後乗り込んだと思って車を発進させた。異常に気付いたため外に出ると子どもが倒れていた。」と話している。警察は周りをよく確認しないまま車を発進させたとみて詳しい状況を調べている。

環境省は富士山の4つの登山道の8合目付近を赤外線カウンター設置し、登山者数を調査している。夏山シーズンの登山者は合わせて28万4862人、去年のシーズンと比べ16%増えていた。吉田ルートでは13.6%、富士宮ルートが21.1%、須走ルートが15.8%、御殿場ルートが20%とそれぞれ去年より増加。4つのルートすべてで前の年を上回ったのは9年ぶり。環境省は去年と比べ台風が少なく、7月前半の天候が比較的安定し、登山者が増えたのではないかとしている。

キーワード
大和(神奈川)
傷害
成田国際空港
成田空港会社
東京五輪
南区(新潟)
富士山
環境省
吉田ルート
富士宮ルート
須走ルート
御殿場ルート

中継 (バラエティ/情報)
07:36~

東京・荒川区、ミニチュアの工房から中継。ミニチュアを作っているのは河合朝子さんと娘のあさみさん。材料は樹脂粘土、手で1つずつ形にしていく。作品を作る時に心がけていることは見ている人が美味しそうと思ってもらうことを想像しながらと話した。思い出も忠実に再現するというのが工房のこだわり。作っているの場所は戦後から続く金属加工の町工場。ミニチュアの料理道具を金属で作っているのは河合行雄さん。精密さがうけ、全世界から注文を受けている。

キーワード
荒川区(東京)

特集 (バラエティ/情報)
07:41~

都内のおしゃれなレストランで若い男女が集まり話してるのはクラウドファンディング。彼らは様々な業種のビジネスマンで、新たな資金調達の手段であるクラウドファンディングに注目している。大分県で開かれた温泉と遊園地を融合させたイベントの資金もクラウドファンディングで集められた。インターネットを通じて一般の人から小口の資金を集めるクラウドファンディングは様々な所へ広がり、日本経済に新たな潮流を作ろうとしている。大手メーカーの長年埋もれていた保冷技術が消費者のニーズと直接結びつくことで人気商品に。クラウドファンディングによって私たちの暮らしはどう変わるのか、先程の大分県のイベントを例にクラウドファンディングの仕組みを説明する。イベントの主催者が開催の出資金をネット上で集める。イベント実現させたいと共感した出資者が金を出し、金額が目標まで達すると開催が決まる。大分県のイベントでは8000円を出資すれば限定イベントの入場券が贈られる仕組みだった。クラウドファンディングの市場規模は拡大しており、ことしは4年前比の約10倍の1090億円にのぼるとみられている。当初は資金源の無いベンチャー企業がアイデアを実現する手段として実用されていたが、今では大手企業も熱い視線を向けている。

今 月22日、クラウドファンディングの運営会社が主宰する勉強会が行われた。会では事業を成功させたアパレルメーカーが招かれ、体験談を語った。集まったのは大手企業のビジネスマン。会社の新規事業にクラウドファンディングを活かせないかと考えている。クラウドファンディングによって日の目を見ることとなった技術も。マイナス2度で楽しむ日本酒。美味しく飲むには5度が最低温度とされていた常識を一新した。日本酒と保冷バッグとセットで売られたこの商品は、マイナス2度の温度は特殊な保冷技術によって実現した。保冷剤を作った大手電機メーカーを訪ねると保冷剤技術の秘密を教えてもらった。4年かけて開発された特殊な液体で思い通りの温度の氷を作ることができる。これをマイナス2度に設定することで周囲のものをマイナス2度に維持できる。

ソニー銀行の中路さんはクラウドファンディングに投資できなかった人を呼び込もうと考えている。利用しようとしている企業に対して市場の成長性など50以上のポイントをチェックするなど銀行の強みを活かしている。第1号のプロジェクトではスマホでいつでもどこでも家電を動かせるシステムに対して資金を募り、1000万円が11時間で調達された。銀行がサービスを展開しているという安心感も資金調達の速さの鍵となった。ベンチャー企業を自ら開拓しなければいけないため壁も立ちはだかる。中路さんはベンチャー企業が大企業にアピールする場に訪れ、多くの需要を見込んでいる仮想通貨関連の企業情報を入手した。PRが終わると早速売り込みをする。クラウドファンディングを利用してもらうにはタイミングも必要で、この日は結局前向きな話を聞けなかった。

クラウドファンディングによって資金運用の形が変わってきそうだ。利用する側では自治体や大学も出資を募るなど広がりを見せており、運営する側もアメリカの大手が参入するなど市場が動きつつある。

キーワード
クラウドファンディング
シャープ
大分県
ソニー銀行
日本酒
保冷バッグ
渋谷(東京)
柏(千葉)
チョコレート

エンディング (その他)
07:59~

ホームページアドレスの表示。

キーワード
おはよう日本
  1. 前回の放送
  2. 9月30日 放送
  3. 次回の放送