NHKニュース おはよう日本 2017年4月17日放送回

放送日 2017年4月17日(月) 7:45~ 8:00
放送局 NHK総合

番組概要

関東甲信越のニュース (ニュース)
07:45~

先月千葉県の松戸市で女児が殺害された事件で逮捕された学校の保護者会の会長のものとみられる車が、女の子が行方不明になった夜以降、衣服などが捨てられた河川敷を通った後、遺体が遺棄された現場の周辺を走っていたことがわかった。容疑者は調べに対して黙秘しているとのこと。 女の子が着ていたと思われる衣服などが茨城・坂東市の利根川の河川敷で見つかっている。警察は衣服などを処分してから遺体を遺棄した疑いがあると見て調べている。

一昨日、川崎市川崎区の京浜急行の踏切で男性二人がはねられた事故で、高齢男性が踏切に入ってから45秒間で事故にあったと判明。高齢の男性は、電車の接近を知らせる警報音がなってから踏切に立ち入り、銀行員男性が声をかけながら手招きして踏切内に立ち入り連れ出そうとしていた。警察は当時の状況を調べている。

キーワード
坂東市(千葉)
我孫子市(千葉)
松戸市(千葉)
利根川
川崎区(神奈川)
横浜市(神奈川)
京浜急行
我孫子警察署
坂東市(茨城)
横浜銀行

中継 (ニュース)
07:47~

介護現場の負担をロボットがサポート。腰に掛かる負担を軽くし、重たいものを運ぶ動作をサポートする。大沢さんが開発の狙いについて聞くと、小林さんは「介護に限らず様々な作業現場では腰を痛め離職する方も多いため、腰の補助をするものを開発した」とコメントした。介護の現場では利用者の体を支えたりするなど腰に大きな負担がかかる。訪問入浴を行なっている会社では全国の事業所で使用している。実際に運ぶ動作は人の力なので力がかかりすぎず利用者の方も安心。この他にも坂道を感知して押す力を軽くしてくれる移動支援や、寝ている人をシルエットで記録し、離れているところでも異変に気づくことができる見守り支援などがある。厚生労働省も行なっているこうした機器の導入を補助する取り組み、昨年は5475事業所に補助金を出した。

様々な現場の声、重いものを運ぶ時に手軽に扱えるなどを聞いて改良を続けている。この装置の仕組みはゴムを繊維の枠で覆った人工筋肉。この中に圧縮された空気が入っておりかがむとこの中の圧力が高くなり、重いものでも楽に持ち上げられるようになって体を支えてくれる。 他にも最初に販売当初より3キロ軽くなったり、かっこいいのが良いという声も多数あった。積極的に着たいと思えるものを作ることが長く使うことに繋がるという。小林さんは「腰を痛めないよう長く使ってもらい、仕事も長くしていただきたい」とコメントした。またこの装置は介護だけでなく、秋田県の雪かきに活用するための実証実験も行われたという。

キーワード
葛飾区(東京)
小林宏教授
東京理科大学
秋田県

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 4月17日 放送
  3. 次回の放送