そこの○○止まりなさい! 元宝塚が国民的おやつ製造する社長に!?/衝撃天才キッズ

放送日 2019年9月18日(水) 20:05~20:54
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
20:05~

狭き門をくぐり抜け厳しいレッスンに耐えることで、華やかな舞台に立てる宝塚。そして退団後は培った能力を活かし、芸能界で輝き続ける多くのタカラジェンヌが。しかしはいださんの2期後輩の元タカラジェンヌは、退団後にまさかの転身を遂げた。そんな黙って素通りできない”人やモノ”に体当たり取材を敢行。

キーワード
宝塚
天海祐希
大地真央
檀れい
黒木瞳
はいだしょうこ

そこの○○止まりなさい! (バラエティ/情報)
20:05~

国民的おやつを作る社長に転身した元タカラジェンヌに会うために、群馬県安中市の安中榛名駅へ。元タカラジェンヌから社長 に転身したのは、遠山昌子さん39歳。第86期宝塚音楽学校卒業生で、”遥海おおら”という名前でステージに立っていた。生産工場がある本社へ行くと、入ってすぐのところに直径2.4mの大樽が置いてあった。創業明治26年の125年続く漬物屋で、とある食品を世界で初めて開発したのだという。国民的おやつの食材は梅。製造工程はまず梅を2日間カルシウムに漬け、梅のペクチンと作用してカリッとした食感になる。次に塩水に3か月ほど漬け込み、味が均一になるよう混ぜる。そして温風乾燥機にかけ、60℃で殺菌したら一つずつ包装して完成。正解はカリカリ梅。元タカラジェンヌが社長を務めるのは老舗の赤城フーズで、1971年に当時の社長が世界で初めてカリカリ梅を商品化した。そして実はカリカリ梅の製法を広め、群馬県が誇る名産品にしたかったことから商標登録を行わなかった。赤城フーズでは100種類の食品を取り揃え、30名ほどの社員とともに会社を運営している。

遠山さんには苦悩の末、25歳で一念発起して経営者へ転身した苦難の人生があった。小学5年生の時に「ベルサイユのばら」で宝塚にハマり、14歳の時に群馬から宝塚劇場へ足を運び、宝塚入りを決意した。しかし1次試験で落ちてしまい、受験スクールという先生に通わないといけないと知り、東京のスクールに高校の授業が終わった後に毎日通っていた。 しかし3回連続1次試験で不合格。そしてラストチャンスの18歳の時、初めて1次試験を突破し、念願の宝塚音楽学校入りを決めた。同期には凰稀かなめさんがいる。2期上のはいださんは組が違うため接点はなかったが、一度初舞台の次の公演に同期全員で星組の舞台に立った時に、はいださんも出ていたという。そして宝塚音楽学校を卒業後、活躍し始めた24歳の頃に祖父でカリカリ梅の開発者である赤城フーズ4代目社長の松永秀雄さんが緊急入院した報せが。当時は5代目である遠山さんの父が1人で経営していて、後継者の兄2人は別の道に進んでいたため、祖父は会社の将来を心配していた。そして祖父が会社を心配したまま天国に行ったらという思いと、カリカリ梅への思いから遠山さんは宝塚と会社・家族を天秤にかけ、会社を継ごうと決めた。そして赤城フーズへ入社したが、経営の知識を持たない6代目見習いに対して社員の対応は冷ややかだった。26歳の時に通信制の大学で経営学を猛勉強し、誰よりも売場に立って現場の信頼を勝ち得て行った結果、昔からいる社員に「立派になったね」と言ってもらえた。そして昨年、父親の跡を継いで代表取締役社長に就任。そして社長企画の商品によって会社の業績が上昇している。それが看板商品の梅ジェンヌで、宝塚大劇場でも東京宝塚劇場でも売っている。

東山紀之は宝塚に入るまでの根性がすごいと話し、入るまでのプロセスもその後も梅のように丸く収まっているとコメントした。

天才兄弟が暮らす大阪府八尾市へ。調査に向かう尾形は漫才の天才じゃないかと予想した。天才兄弟に会ってみると普通の子だったが、天才ぶりは毎週通っている大阪城で発揮するという。2人は黄色いキャップとベストを装着し、衝撃の能力を披露する。

キーワード
安中榛名駅
タカラジェンヌ
中山秀征
井森美幸
宝塚音楽学校
カリカリ梅
赤城フーズ
ベルサイユのばら
宝塚歌劇団
宝塚大劇場
凰稀かなめ
遼河はるひ
はいだしょうこ
嬬恋キャベツ
下仁田ネギ
安中市(群馬)
ペクチン
松永秀雄さん
梅ジェンヌ
東京宝塚劇場
八尾市(大阪)

そこの○○止まりなさい! (バラエティ/情報)
20:26~

大阪城周辺を散策し続ける兄弟。そして2人は外国人観光客に英語で話しかけた。兄弟は外国人観光客に流暢な英語で大阪城の知識を披露し、尾形は唖然としていた。兄弟は外国人観光客向けに英語のボランティアガイドをしている。

英語が流暢な兄弟は昔海外に住んでいたわけではなく、両親も英語は全然しゃべれない。兄は2歳、弟は0歳の時から英語を習い始めた。お母さんは小さい頃から英語を教えれば苦手意識を持たずに入りやすいかなと始めた。英語のカードのおもちゃや絵本を使っていると、兄の遥斗くんは4歳のときにはペラペラ読めるようになった。このディズニー英語システムは0歳のときから始めることができ、すべての教材が連動しているのが特徴。家族揃ってゲーム感覚で英語が勉強できる。幼少期の兄弟の会話はすべて英語で、遥斗くんは昨年に小学3年生で英検2級を合格した。そんな英語能力を活用し、昨年春から英語ボランティアガイドを始めた。

SHELLYは歴史上の「~の戦い」という言葉は自分でも何て言うかわからないほど難しいため、兄弟は自分で調べてるだろうから勉強家じゃないかとコメントした。東山紀之は自分の子供は英語を習っていて、奥さんが英語を喋れると話した。

続いて謎の天才少女が登場。少女が自分のInstagramにアップした写真には、ローラや梨花、紗栄子、高橋みなみ、小嶋陽菜、山田優との写真を載せている。その少女が出演するイベントがサマンサタバサで開催される。店に入ると、天才少女の写真が大きく飾られていた。その天才少女の名前はLaraちゃんで、今から登場するという。

14歳とは思えない驚きの正体とは!?

キーワード
ローラ
Instagram
梨花
紗栄子
高橋みなみ
小嶋陽菜
山田優
サマンサタバサ
Lara
表参道(東京)

そこの○○止まりなさい! (バラエティ/情報)
20:38~

刑事7人の番組宣伝。

天才少女Laraちゃんが登場するイベント開始が迫ると人だかりが。Laraちゃんは14歳ながらサマンサタバサと契約するプロのデザイナーで、この日はLaraちゃんがデザインした新作の発表会。12歳の時にデザイナーになっていて、サマンサタバサの社長がインスタグラムを見てオファーしてくれたという。自分の絵と旅行の写真をアップしていた。今やフォロワーは13万人。現在は絵本の挿絵や「幸せのパンケーキ」の送迎バス、テイクアウト用のパッケージ等を手掛けている。上海に住んでいるため、日常を調査するため上海へ。Laraちゃんは6ヶ国語しゃべることができる。そんな天才少女を育て上げた母親と合流。日本人の父と大学生の姉は日本で暮らしている。元々日本でウェディングドレスの企画・販売会社を経営していたお母さんだが、国際都市の上海で世界中の人と会うというLaraちゃんの教育のために上海に住んでいる。これを思いついたのはLaraちゃんで、世界中の色んな人に会えるのが楽しいと話す。3歳から東京のブリティッシュスクールで英語を身に着け、小学生からフレンチスクールでフランス語とスペイン語を習得した。現在は上海にあるフランスのインターナショナルスクールに在籍し、中国語とロシア語を学んでいる。お母さんの教育方針は「育てる」よりも「見守る」ことで、できる限り子供の頃の楽しむ心をほったらかしにすることで伸びていくと話した。

東山が子どもの教育を語る!?

キーワード
サマンサタバサ
インスタグラム
幸せのパンケーキ
山田優
小嶋陽菜
高橋みなみ
紗栄子
梨花
ローラ
上海(中国)

エンディング (その他)
20:49~

東山紀之は子どもはみんな天才だと述べ、大人がどんな風に接してあげるかで変わっていくと話した。

番組宣伝 (その他)
20:50~

刑事7人の番組宣伝。

報道ステーションの番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 9月18日 放送