サンデースクランブル 2014年5月4日放送回

Sunday!スクランブル(サンデー・スクランブル)は2005年1月よりテレビ朝日系列で毎週日曜日11:58:55-12:55に放送されている(テレビ朝日、山口朝日放送、新潟テレビ21、北海道テレビ放送、北陸朝日放送は11:58:55スタート。さらに前述の4局以外のネット局は12:00:00スタート)ワイドショー番組であり、平日放送の「ワイド!スクランブル」の日曜版である。開始当初~2005年9月は12:00スタート、2005年10月2日~2008年9月28日は11:47:30スタートだった。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年5月4日(日) 11:45~12:55
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
11:47~

オープニング映像。

イギリスのヘンリー王子がクレシダさんとの破局騒動が報道された。地元メディアによるとキャサリン妃がクレシダさんに王室の厳しさを伝えたところ、自分には無理かも知れないとクレシダさんは別れを決意したという。ジャーナリストの多賀氏によればクレシダさんは名門貴族の血を引く令嬢であり、庶民出身のキャサリン妃は天敵としてみていたのではないかと分析。また、クレシダさんの姉のイザベラさんはキャサリン妃の夫、ウイリアム王子の元恋人で、キャサリン妃としては身内になるのえお阻止したいのではと指摘。その真相はいかに。

ヘンリー王子の破局についてスタジオで意見が出された。また、破局の原因についてヘンリー王子が元恋人のチェルシー・デイビーさんのことが忘れられないのではとの報道も紹介。

キーワード
ヘンリー王子
クレシダさん
キャサリン妃
ウイリアム王子
イザベラさん
The Sun紙
Times
チェルシー・デイビーさん

ANN NEWS (ニュース)
11:50~

大阪府泉南市の阪和道下り、高倉山トンネル付近で午前7時半過ぎ「車から煙らしきものが見える」と通報があり、警察が駆けつけた。警察によれば、トンネル付近で2台が衝突し、後続車が次々と衝突した。計18台が関係する事故となり、9人が軽傷。事故の影響で泉佐野JCTから阪南ICまでが通行止めとのこと。

東京・国立市で古美術店経営の男性が殺害された事件で、店は施錠されておらず、商品のつぼなど7、8点がなくなっていたことが分かった。また、近隣の人の証言から、犯行は5時から6時に行われたとみられる。

山梨県甲州市の夫婦が長野県北アルプスの白馬大雪渓を下山中に夫が滑落し、妻が親族を通じ共助を要請した。けさ、警察が2人を救助したが病院で夫の死亡が確認された。妻は低体温症となりながらも意識はあり、会話が出来るとのこと。

ウクライナ・ドネツクで追悼集会があり、暴徒化した市民が武装集団とともに州知事公舎を襲撃。各地で死亡者がでるなど衝突が激化しており、事態収束の見通しも立っていない。

大型連休を利用して日中友好議連が北京に出発。夕方に唐家璇元国務委員と会談するも、その他の会談相手は決まっていない。自民党の高村副総裁は3年前に当時の習近平副主席と会談した経緯があることから、今回も習国家主席との会談を希望している。安倍総理大臣は高村副総裁との会談で、「日中関係は大切」と戦略的互恵関係の再構築に期待感を示した。

長野県安曇野市では、北アルプスの玄関口・中房温泉に通じる県道で落石が発生し、登山客ら400人が孤立した。安曇野建設事務所の職員はは6から8トンくらいの岩が落ちていると話し、登山客が降りられる幅を確保したいと語った。

キーワード
泉南市(大阪)
阪和道
泉佐野JCT
国立市(東京)
ドネツク(ウクライナ)
クラマトルスク(ウクライナ)
甲州市(山梨)
長野県
白馬大雪渓
北アルプス
低体温症
北京(中国)
日中友好議連
唐家璇元国務委員
自民党
習近平国家主席
高村副総裁
安倍総理大臣
羽田空港

ニュース (ニュース)
11:58~

大地震と深海生物の謎を徹底追跡する。4月に大分県でザトウクジラ、宮崎県ではマッコウクジラが漂着した。日本海側ではダイオウイカが水揚げされるなど日本近海で異変が起きている。高橋教授はプレートが割れ始めていればその影響を生き物が受けている可能性があると指摘する。高知県室戸市では先月深海魚のミズウオが水揚げされた。さらにホテイエソが3日間で273匹も発見されている。いま海底では何が起きているのか。高橋教授は南海トラフ地震を恐れていると語る。

キーワード
大分県
宮崎県
室戸市(高知)
ダイオウイカ
メガマウス
ラブカ
リュウグウノツカイ
ザトウクジラ
マッコウクジラ
ミズウオ
ホテイエソ
南海トラフ地震

ニュース (ニュース)
12:04~

高知県室戸岬では先月ミズウオやホテイエソなどの深海魚が相次いで水揚げされた。地震のメカニズムを研究している高橋教授は地震が起きる最初の段階で電磁波が出る、それを魚などが感じる可能性があると話した。さらに室戸岬沖で巨大地震が起きる可能性もあると指摘、先月の南米沖で発生した地震などは太平洋プレートの動きが活発な証拠で、その動きは近い将来南海トラフ地震を起こす可能性があると推測している。

そんな中、高知県庁では南海トラフ地震対策課が設置され地震に備えている。内閣府の試算では10メートル近い大津波が発生する、そのため県では津波避難タワーの設置などを進めている。南国市では津波避難タワーが14基設置されている。また南海トラフ地震よりも、もっと危険な地震が起きると濱嶌氏は指摘する。そのシグナルはダイオウイカだと話す。濱嶌氏は去年5月にカムチャッカで起きた地震が東日本全体に大きな影響を与えている、今後北海道沖で大地震の可能性があると語った。さらに東京直下地震の可能性も指摘した。

大地震と深海魚の関連について考える。今年に入って以降珍しい深海魚が各地で水揚げされている、これはプレートの境界付近で上がっているものも少なくない。真野響子は温暖化のせいかと思っていた、真剣に考えなくてはいけないとコメント。専門家の間では南海トラフ巨大地震、北海道十勝沖地震、首都直下地震の可能性があると考えられている。黒鉄ヒロシはサインはたくさんあり400年周期の時期で注意するに越したことはないと語った。

韓国で沈没した船の実質的オーナーをかつての側近が告発した。側近の男性は遊覧船の船長でオーナーが教祖をつとめる教団で信者として活動していた。彼は過積載などを感謝側に訴えたところ解雇され、嫌がらせを受けた、その中には現職の警察官もいたという。また韓国・海洋警察庁の当時の情報捜査局長には事故を起こした船会社との癒着疑惑が報じられた。局長は疑惑を完全否定したが、カルト集団に詳しい弁護士は、あきらかに癒着を疑わせると思うと語った。

韓国のベテラン女優の行方がわからなくなっている。この女優は疑惑の教団の元会長の横領などを幇助したとして検察が出頭命令を予定していたと報じられている。また元会長の宗教団体の施設クムスウォンの代表も務めていたと言われている。教団名はキリスト教福音浸礼会。この教団の元会長は事業と宗教を両立させ資金を動かしているという。

カルト集団に詳しい弁護士は、疑惑の教団は自分たちのシンパを行政側に入れていく、行政側から天下りで自分たちの船舶会社に引き入れていくことで癒着の温存を図ると指摘。そして船舶航行の独占権を手中に収めたとみられている。しかし癒着の構造が大きければ大きいほど今後の捜査に不安が残るという。

韓国のセオル号の船会社と行政との癒着の実態を解説。注目が集まるのは海洋警察庁の局長で、彼は船会社の元会長の関連企業に7年間勤務しキリスト教福音浸礼会の元信者だった。これに弁護士は行政と癒着があるのはほぼ間違いないと指摘している。須田氏は今回の事故は操船ミスと事故が起きる前の問題があり、その問題にたいして行政がきちんと監督していなかった部分が伺えると語った。金氏は今回の事故の原因は制度上の不備が大きい、過積載の問題などのルーズな制度が原因になったと指摘した。

つづいて須田氏は既得権益を持っている人たちと持っていない人たちの二極化が進んでいる構図があると話した。

キーワード
南海トラフ地震
室戸岬
ミズウオ
ホテイエソ
南国市(高知)
津波
津波避難タワー
ダイオウイカ
南海トラフ巨大地震
首都直下地震
メガマウス
海洋警察庁
キリスト教福音浸礼会
セウォル号
朴槿恵大統領

ニュース (ニュース)
12:34~

官災除けのお守りが配られていた。祈祷師は「このお守りを持ち歩いている人はたくさんいる」と話した。韓国を支配するゆがんだ官僚社会。

  1. 前回の放送
  2. 5月4日 放送
  3. 次回の放送