ポルポ 2019年6月30日放送回

『ポルポ』は、2019年2月3日からテレビ朝日で毎週日曜 1:00 - 1:30(土曜深夜、JST)に放送されているトークバラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月30日(日) 1:00~ 1:30
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
01:01~

オープニング映像。

本日のテーマは焼肉。夏目は焼肉は大好きで、疲れてきたら行くことなどを話した。

タコのポルポが街で疑問を発見 (バラエティ/情報)
01:02~

神戸びいどろ初台店で焼き肉を食べるポルポとカジージョ。カジージョが何で肉は焼くと美味しいのかとギモン。東洋大学の露久保美夏さんにギモンをぶつけた。

焼肉についてのギモン「肉ってなんで焼くと美味しいの?」を実験。茹で肉と焼肉のうま味を分析。結果は茹で肉の旨味が13.32に対し、焼肉は14.86。味香り戦略研究所の高橋さんに話を聞くと肉の特徴で、約40℃で細胞からうま味の詰まった肉汁が染み出すが、茹で肉だと外に流れ出し、焼肉だと外側がコーティングされ肉汁がのコツと解説。香りについても分析すると焼肉のほうが茹で肉の倍ほどの成分が検出。食感の検証では茹で肉の硬さが2621に対し、焼肉は1810で焼肉のほうが柔らかかった。

焼き方にこだわりがある人も多い焼肉、そこで焼き方で美味しさが違うのかを検証。ポルポたちは東洋大学の露久保美夏に話を聞いて、「焼肉の達人」などの本も執筆している小関尚紀さんと番組スタッフの焼き方で違いを実験。味見は彦麻呂。ハラミについて達人は2枚重ねて側面も焼く。彦麻呂は実際に味が違うとコメント。科学的に検証すると柔らかさが違い、ポイントははじめに強火位で周りに焼き目をつけていることだと解説。続いてザブトンでも焼き方を検証。鉄人はしゃぶしゃぶのように鉄板で短時間あぶり焼き。短時間で高温の鉄板に当てることで肉汁を閉じ込める焼き方をしていた。ネギタン塩についてはネギを巻き込んで包み焼き。カルビは一気に全部のせてごちゃ混ぜで焼くのが良いと伝えた。

キーワード
神戸びいどろ 初台店
東洋大学
焼肉の達人

イイはな新聞 (バラエティ/情報)
01:19~

今回は2019年2月5日に日本農業新聞で取り上げられた記事を紹介。記事では神奈川県横須賀市で祖母から受け継いだ畑で農業を行う高校生が取材されていた。イイダさんは早速横須賀市を訪問。

キーワード
日本農業新聞
横須賀市(神奈川)

イイはな新聞 (バラエティ/情報)
01:23~

今回は2019年2月5日に日本農業新聞で取り上げられた記事を紹介。記事では神奈川県横須賀市で祖母から受け継いだ畑で農業を行う高校生が取材されていた。イイダさんは早速横須賀市を訪問し記事になっていた齊藤輝さんを取材。三反の畑をワークマンの作業服を来ながら耕す。斎藤さんはきちんと直売所に野菜を卸して儲けも出している。

斎藤さんが貫禄があり高校生には見えなかったとポルポが感想。夏目もコメントが大人でしっかりしており気持ちのいいVTRだったと話した。

キーワード
日本農業新聞
横須賀市(神奈川)
  1. 前回の放送
  2. 6月30日 放送
  3. 次回の放送