いつからこうなった? 2018年7月26日放送回

放送日 2018年7月26日(木) 2:45~ 3:15
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
02:46~

今回は「いつからDカップは「巨乳」じゃなくなった?」「いつからうなぎの看板「う」が大きくなった?」を深掘り調査。

いつからこうなった? (バラエティ/情報)
02:46~

「いつからDカップは「巨乳」じゃなくなった?」を調査。街で調査した結果、Dカップは「巨乳ではない」が76%、「巨乳だと思う」が22%、わからないが2%だった。40歳以上はDカップは昔は大きいイメージがあるという。かつて巨乳だと言われたアグネス・ラム、柏原芳恵、宮崎美子、中森明菜もDカップ。

人気グラドルの大原優乃はFカップ。沖縄でマネージャーに撮影を担当したが強風で声が入っていなかった。週刊プレイボーイ松丸淳生編集長を取材、創刊からのプレイボールを確認。創刊号のグラビアは外国人だった。1970年代はカップ表記はなかった。1988年からDカップの見出しが続出、1992年の見出しにFカップが登場。その後、Iカップ青木裕子、Jカップ夏目理緒、Gカップ森下悠里、Gカップ岸明日香らがどんどん登場した。

「巨乳の誕生」の著者でフリーライターの安田理央さんを取材。安田さんは80年代半ばはDカップブームだった、しかしアメリカではDカップはDDDまであるので今でも巨乳だという。アメリカではDカップ表記がMAXとなっていると解説。下着メーカーTriumphの坂田修子さんは80年代半ばまではDカップまでしかなかったと話した。ゴールデン街の中村酒店で中村京子さんを取材、中村さんは当時もD以上あったが4つしかなかったし今はGだとした。中村さんはDカップが巨乳でなくなったのはイエローキャブや細川ふみえの影響が大きいのではないかと話した。

細川ふみえは1990年デビューのFカップグラドル。元イエローキャブ社長の野田義治を取材、当時はDカップでよかったのにFが出たので印象がなくなったのではないかと話した。バスロマンのCMが全国的に知らしめた。さらに熊田曜子、磯山さやか、中村静香などFカップグラドルが多数出現しインフレを起こした。ワコールの高橋理沙さんは「グッドアップブラ」を紹介、5年で1000万着販売した。Triumphの坂田修子さんは1980年ではAカップが58.6%Dカップは4.5%、2017年ではAカップは2.9%でDカップは25.5%になったと説明。佐藤栞里はWikipediaでAカップと言われているがAではないと主張した。

いつからうなぎの看板「う」が大きくなったかを取材。100人中80人がうなぎのうが大きいと思うと答えた。スタッフがGoogle Mapでうなぎの看板を調査していった。ほとんどのお店が取材NGだったが4店舗がOKしてくれた。亀戸駅徒歩7分の小泉で取材すると「とにかく目立つため」だという。大塚駅徒歩3分「宮川」を取材、創業は明治40年で両親の代では「う」は大きかったとした。小村井駅5分ののざき家では72~3年前から大きかったとした。神田駅0分の「満寿屋」では戦後から大きくなったと話した。国際浮世絵学会の浅野秀剛さんは江戸時代には漢字を使っていたので戦後からだとした。

キーワード
中森明菜
アグネス・ラム
柏原芳恵
榊原郁恵
宮崎美子
青木裕子
岸明日香
夏目理緒
森下悠里
週刊プレイボーイ
巨乳の誕生
細川ふみえ
Triumph
イエローキャブ
中村酒店
ゴールデン街
バスロマン
グッドアップブラ
中村静香
磯山さやか
熊田曜子
ワコール
Wikipedia
Google Map
満寿家
亀戸駅
大塚駅
神田駅
のざき家
小村井駅
宮川

エンディング (その他)
03:11~

国際浮世絵学会の浅野秀剛さんは元もとは「う」しか描いていなかったのではないかと説明した。

  1. 前回の放送
  2. 7月26日 放送
  3. 次回の放送