災害列島2018 巨大災害は必ず来る!! 私は見た!“決定的瞬間”

放送日 2018年3月3日(土) 14:30~16:25
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
14:30~

年明け早々草津白根山が突然噴火。無防備なスキー客を襲ったのは巨大な噴石。福井では記録的な大雪が。もはやいつどこで自然災害に巻き込まれるかわからない。振り返れば日本は巨大災害に見舞われ続けてきた世界有数の災害大国。ひとりひとりが心に刻んだ過去の災害の記録を掘り起こし、未来へ伝えるべく命の教訓を導き出す。

キーワード
草津温泉観光協会HP
大雪
噴火
鬼怒川決壊
阪神淡路大震災
三原山噴火
草津町(群馬)
坂井市(福井)
草津白根山
鬼怒川
伊豆大島

災害列島2018 巨大災害は必ず来る!! (バラエティ/情報)
14:31~

去年7月の九州北部では豪雨に見舞われた。観測史上最多、これまでの記録を2倍も塗り替える雨が局地的に降り注いた。原因は線状降水帯。巨大積乱雲はなぜ生まれたのか、その謎に迫る。被害を拡大させた土砂災害。濁流が町を飲み込んだ。杉や檜など、林業がさかんな地域だったため、流木が家々を直撃。41人が死亡する大惨事となった。中でも最大の土砂災害が起きたのが大分県日田市。番組は土砂崩れの瞬間映像を独自入手。そこに映し出された決定的瞬間とは?土砂津波のおそるべき猛威を最新データから分析する。消防ヘリ隊が初公開する救助映像には緊迫の救出劇が捉えられていた。5日間孤立した家族は避難するまでの一部始終をカメラに記録していた。小さな川が突如荒れ狂うどす黒い濁流へと変貌。集落に襲いかかる。土砂崩れによって川がせき止められ、巨大な土砂ダムに。決壊の恐れがあった。生死を分けた瞬間とは?

キーワード
九州北部豪雨
線状降水帯
土砂災害
土砂津波
福岡県
小野(大分)

災害列島2018 巨大災害は必ず来る!! (バラエティ/情報)
14:37~

災害の記憶

大分県日田市には大小200もの河川が周囲の山々から流れ込む「水郷」と呼ばれる独特の風景を生み出している。去年7月5日に発生した九州北部豪雨では川が次々と反乱。日田市では死者3人、負傷者4人に。大きな被害を受けたのが小野地区。870人ほどが暮らす山間の集落だ。ことし1月に番組取材班が向かってみると、生なましい土砂崩れの痕が残っている。それは小野地区の中心部にある集落のすぐ近くで起きた。斜面は高さ300m、幅250mに及ぶ。崩落を目撃した男性によると、杉の木が立ったまま動いている、山が動いている、バーンと当たって石が飛び始めたと話している。実際に飛んできた石は巨大で、これが集落を直撃。吹き飛ばされてしまった家々。3人の死傷者を出した。

番組は3人の被災者が撮影した土砂崩れの瞬間の映像を入手。検証することに。まずは崩壊現場から150mのところで撮影された映像。17年7月6日午前10時頃、撮影者が思わず走って逃げる。後ろからは土石流のようなものが迫っていたという。映像を拡大して見てみると、画面奥にある斜面が滑るように落ちていることがわかる。崩壊してから5秒ほどで下に到達。巨大な土煙を上げて集落を襲っていた。続いては先程の映像の直後に少し離れて撮影された映像。今度は画面手前の斜面が崩れている。

キーワード
九州北部豪雨
土砂崩れ
日田市(大分)
小野(大分)

災害列島2018 巨大災害は必ず来る!! (バラエティ/情報)
14:46~

去年7月の九州北部豪雨で土砂崩れが発生した大分県・日田市小野地区。美野直美さんは前日に大雨警報を受け、避難所に身を寄せていた。翌朝、雨があがったことで自宅に荷物を取りに向かった時、土砂崩れが津波のように襲いかかり巻き込まれた。美野さんは頭の上まで土砂に埋まり、全身を複雑骨折。泥沼からなんとか自力で這い出し、集落の人達の手も借り高台へ避難。助けを待つことになった。小野地区から発せられたSOSの救出に動いたのは国からの要請で大分に災害派遣に入っていた山口県消防防災航空隊。小野地区に向かう進路には雲や霧が濃く、ヘリでの救助には困難な天候で、霧を避けながら通常よりも時間をかけて到着。現場は土砂で埋め尽くされ、救急車での救出は困難で燃料を計算するとタイムリミットは15分しかなかった。地元の消防隊が応急処置をしていたのが美野さんだった。美野さんはケガ人を固定するバックボードが取り付けられていて脊髄損傷の可能性があり、ヘリのローターによって起きるダウンウォッシュでケガをしてしまう可能性があるという。そこで陸地の別の隊員が揺れを防ぐためにロープを張り上げていくことにした。容態を悪化させないよう、慎重に釣り上げていく。10分でミッションを遂行。一命をとりとめた。

九州北部豪雨で土砂崩れによって土砂ダムが出現し、孤立集落となっていた地区にある、徳勝寺の人々を取材した。寺の工藤さん一家は、5日間の孤立生活をカメラにおさめていた。その映像や、取材を基にした再現映像によって、九州北部豪雨の当時の様子を振り返る。

奥さんのすみえさんは夫や子ども達を送り出した後、赤ん坊の世話をしながら眠ってしまったが、雨の音で目が覚めたという。この時、水蒸気を大量に含んだ2つの風が西側で衝突し、巨大な積乱雲を発生させていた。さらにそれが風に流されると新たな積乱雲が次々に誕生し、バックビルディング現象と呼ばれる現象が発生していた。連なった雲は長さ100キロの線状降水帯を形成し、9時間に渡り大量の雨を流した。午後2時すぎ、子どもたちを迎えに行った。その頃には川は増水し一部では濁流が堤防を越え浸水する家屋も出ていたが、なんとか子どもたちを連れ家に帰った。午後3時15分、避難勧告が発令されたが、一家はこの状況で逃げるほうが危険だと判断し家に残った。「寺は高い位置にあるし床下も高いのでここのほうが安全だと思った」などと語った。

突然、檀家の女性が「70代の母親を家から助け出して欲しい」というお願いを電話でしてきた。その家は川を挟んだ反対側の山の中にあり土砂崩れの危険があった。先代の住職夫婦が助けに向かったが、川に架けられた橋のたもとには大量の大木が流れてきており、そこから巨大な水しぶきが出ていた。しかし夫婦の前に1台の白い軽トラが通ったのを見て、橋を通ることを決心した。そして女性を無事に救出し、寺へと連れ帰った。その直後、檀家の家で土砂崩れが発生した。避難していなければ命の危険もあった。実際に助けられた女性は「出て行く車もないしどうしようもなかった。ありがとうございますしかない」などと語った。

豪雨の翌日、雨は上がったものの、停電になり、携帯が圏外になり、テレビもつかず、固定電話もつながらなくなった。この時、寺から2キロ程離れたところで巨大な土砂崩れが発生し、電気などのライフラインが破壊された。土砂が川をせき止めたため、巨大なダム湖が出現し、再び雨が降れば、決壊や氾濫を起こす危険があった。何も知らない工藤さん一家は寺にとどまり続けたが、土砂崩れの2日後、近所の住民から情報を聞きつけ、外の様子を見に出かけた。そこで初めて土砂ダムの現実を見て恐怖を覚え、道路を塞がれ自分たちが孤立していることに気がついた。その夜、赤ん坊が熱を出し泣き始めたが、ミルクもなく泣き止ませることが出来なかった。すみえさんは「水が襲ってくるという恐怖と、子どもたちを避難させなくてはという思いで、心的ストレスだった」などと当時の心境を語った。豪雨発生から5日目、工藤さん一家は地区の避難所にやってきた自衛隊のヘリに救助を要請した。熱がある娘を抱いて、無事に町に避難した。すみえさんは「まったく情報が入らないのがこんなに不安なのかと改めてわかった」などと語った。は「地域の人たち同士で情報を交換し合うことが本当に大切」などと語った。

キーワード
九州北部豪雨
山口県消防防災航空隊
大分空港
日田市(大分)
複雑骨折
避難勧告
バックビルディング現象
土砂ダム
徳勝寺
土砂崩れ
線状降水帯
  1. 3月3日 放送