愛される?嫌われる?マナーの分かれ道! 2018年1月6日放送回

放送日 2018年1月6日(土) 15:25~16:25
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
15:25~

オープニング映像。この番組は専門家が選ぶ間違えやすいシチュエーションを選定し、明日すぐ使える愛されマナーを学ぶ。

専門家が激選!マナーの分かれ道 (バラエティ/情報)
15:25~

結婚5年目の主婦からの相談。お義父さんの還暦パーティーを主催し、夫の姉夫婦らも招待。会場となった部屋で主役のお義父さんを奥の上座へと案内しようとするとトイレにすぐ行けるように入口付近が良いと話す。「主役のお義父さんが明らかに下座に座った場合、主催者である長男の妻はどこに座る?」と出題。正解は「義父のすぐ隣に座る」だった。

暮らしのマナーに詳しい諏内えみ先生によると、主役の人が居心地が良い所が上座になるので上座と下座が逆になると解説した。

続いてのマナーテーマは「目上の方のお宅訪問」。入社2年目の会社員は部長をリーダーとした大型プロジェクトが成功し、頑張りが認められ自宅に招待された。「訪問時にコートはいつ脱ぐ?」と出題された。

意外と知らないコートのマナー続々!。

専門家が激選!マナーの分かれ道 (バラエティ/情報)
15:38~

続いてのマナーテーマは「目上の方のお宅訪問」。「上司のお宅の訪問時にコートはいつ脱ぐ?」と出題された。愛されマナーのポオ多いんとはインターホンの画面にはコートを脱いで映ると解説。また、外の誇りを家に持ち込まないようにコートは裏地を表にしてたたみ、訪問先のお宅では脱いだコートを自分のカバンの上に置くのが良い。また、訪問時に配慮して靴下を履き替えるのがさらに愛されマナーであると紹介。

続いてのマナーのテーマは「結婚式の招待状」。入社7年目の会社員は仕事に慣れてきて上司からも期待されるようになった。そんな中、お世話になっている部長から結婚式の招待状が届く。「返信する時、正しい書き方は?」と出題。

このあと、招待状の返信には「???」をつけちゃダメ!!。

専門家が激選!マナーの分かれ道 (バラエティ/情報)
15:47~

続いてのマナーのテーマは「結婚式の招待状」。「結婚式の招待状、返信する時、正しい書き方は?」と出題。冠婚葬祭マナーさんに詳しい近藤珠實さんの解説。「御出席」の「御」は自分に対する敬語なので返信時は全て消す。さらに「芳」も敬語なのでそこまで消す。線は定規を使って丁寧に消すこと。また、車線の代わりに「寿」で消す方法もある。井垣利英先生から不読点を付けていない所は良かったと紹介。「不読点」は区切りをつけるため縁起が悪く、年賀状などにはつけない。

続いてのマナーのテーマは「親戚とお墓参り」。正月に夫の実家に帰省し、お墓参りをすることになった。「二男の妻はどのタイミングで線香をあげるのが愛されマナー?」と出題。

出演者は二男の後ろか三男の後ろかで悩んだと話す。近藤珠實先生によると少しまで男性陣の考え方である三男の後ろが正しかったが、現在は家族単位で考えるため二男の後ろが正しいと紹介。

続いてのテーマは「贈り物のトラブル」。仕事は順調で新婚ホヤホヤの入社5年目の会社員が部長に送ったはずのお歳暮が宛先間違いで戻ってきていた。送り直した方が良いが今から送ると1月8日以降に到着になる。「送り直す場合表書きに何と書くと良い?」と出題。

井垣利英先生によると「御年賀」は1月1日~7日で1月8日~立春は「寒中御見舞」など書くのが正しい。「寸志」は「ささやかなものです」という意味だが、目上の方への贈り物にはおあまり適さない。一方で時期外れの贈り物などは「感謝」と書いても良いと解説。

続いてのテーマは「贈り物のお返し」。一児の母親の家には折に触れて頂く贈り物が届く。ここで「入学祝い」「出産祝い」「お歳暮」この3つの内、お返しをしないと失礼な贈り物はどれ?と出題。正解は「出産祝い」。

井垣利英先生はお歳暮自体は「お礼」、「入学祝い」は対象が子どもで経済的に自立していないということでお返しする必要はない。「出産祝い」は赤ちゃんが生まれた幸せの「お福分け(おすそ分け)」としてのお返しが必要となる。お返しの相場は頂いた金額の2分の1~3分の1が相場となっていて、適しているのはお菓子など消耗品で少し贅沢なものを選ぶようにする。

続いてのテーマは「お義母さんとのメール」。義母との関係は良好の結婚7年目の主婦から、夫の両親が上京してくれることになり、お店を予約をしようとした所、義母から「お昼のお店だけど私がもうおさえました」などメールが送信される。このメールにどう返信するのが愛されマナー?と出題。出演者に実際にメールを作成してもらう。スマホの操作が出来ない良純さんだけ、番組スタッフが代わりに入力した。そして、記入されたメールが公開された。

最も愛されマナーなのは!?

キーワード
正月

専門家が激選!マナーの分かれ道 (バラエティ/情報)
16:13~

続いてのテーマは「お義母さんとのメール」。上京してくる夫の両親が先にお店を予約したという旨のメールが送信される。このメールに対してどう返信する?と出題。最も愛されメールは石原良純さんのメールで、「息子(孫)も楽しみにしている」は必ず入れる事は祖父母にとって嬉しいこと、時間を再度確認して理解しているが大切。一方で良純さんのメールに1つだけ嫌われポイントがあるという。

専門家が激選!マナーの分かれ道 (バラエティ/情報)
16:17~

続いてのテーマは「お義母さんとのメール」。3人の先生から愛されメールと評価された良純さん。しかし、一つだけ嫌われポイントがあるという。諏内えみ先生によると「了解致しました」は目上の方には使わないと説明され、正しくは「承知致しました」が良いと説明。

愛されマナーNo.1芸能人を発表。結果、石原良純さんが2ポイント、残りのカンニング竹山ら3人が4ポイントで同点優勝となった。

愛され紳士、竹山の本音が爆発!。

エンディング (その他)
16:21~

番組を振り返り、カンニング竹山について「しっかりした大人である」と証明されたと清水アナがコメント。竹山は「しっかりしていないと仕事なんて出来ないん」と話した。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 1月6日 放送