志村&所の戦うお正月 2019

『志村&所の戦うお正月』(しむらアンドところのたたかうおしょうがつ)は、テレビ朝日と朝日放送の共同制作で1999年から毎年1月1日に放送されているバラエティ番組である。志村けんと所ジョージの冠番組である。愛称は『戦うお正月』。ステレオ放送、文字多重放送。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月1日(火) 12:00~16:15
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
12:00~

平成の間に消えていったものを大捜索する。さらに、読売巨人軍のレジェンドピッチャーが現在何キロ投げられるか大調査する。

キーワード
VHS
レーザーディスク
ラテカセ
読売巨人

平成30年間で消えてしまったモノ特集 (バラエティ/情報)
12:03~

21年目を迎えた当番組。今年のテーマは平成の30年間で「消えたもの」。その消えたものついてクイズを出題などする。1問正解につき10ポイント獲得。2チームに分かれて競い、勝ったほうには1人5万円ずつプレゼント。

新4K8K放送スタートで、4K8Kテレビも発売された。一方、消えていった家電も数知れず。3Dテレビ(2017年生産終了)、レーザーディスク(2009年生産終了)、ラテカセ(1987年頃生産終了)、VHSビデオデッキ(2016年7月生産終了)など。しかし、いまだ現役で活躍し続ける家電もある。ビックカメラ有楽町では、二槽式洗濯機を扱っている。使い勝手のよさから、理容店・クリーニング店などで、いまでも愛用されている。進化した二槽式洗濯機(二槽ドラム式洗濯乾燥機)もうまれた。ラジカセも生き残っている。カセットテープも健在。とくに10分テープが人気で、年配者のカラオケ練習用に使われている。ところで、昔発売されていたものをそのまま現役で使い続けている家庭はどのくらいあるのか。番組が調査して、見つかった古い家電を発売年順にランキングし、ベスト5を紹介する。

キーワード
4K
8k
3Dテレビ
レーザーディスク
DVD
二槽式洗濯機
ドラム式洗濯機
LG DUALWash
RQ-231
メタルテープ
maxell UR
酒よ
また君に恋してる
FX-300 JACKAL
5P-R2U
VHSビデオデッキ
ブルーレイ
8K

平成30年間で消えてしまったモノ特集 (バラエティ/情報)
12:30~

つづいてのテーマは音。最近聞かなくなった懐かしい音クイズ(初級編)を出題した。こたえは黒電話のダイヤルを回す音で、解答者・岡田結実は正解した。ちなみに、黒電話は2002年に生産中止。しかし、見た目がオシャレ、電話線から電気が供給されるので線をつなぐだけで通話が可能で停電などの災害時に役立つ、など、あらためて注目を集めている。

最近聞かなくなった懐かしい音クイズ(初級編)第2問を出題した。

キーワード
黒電話
押しボタン式電話機

平成30年間で消えてしまったモノ特集 (バラエティ/情報)
12:41~

第2問(初級編)の正解は笛吹きやかんの音で、解答者・夏菜は正解した。ティファール・電気ケトルの普及で、笛吹きやかんは激減している。

第3問(中級編)の正解は公衆電話からテレホンカードが出てくる音で、解答者・榊原郁恵は不正解。携帯電話の普及で、公衆電話の数は現在約15万台まで減った。同時に、テレホンカードも衰退した。不要になったテレホンカードは固定電話の支払いに利用できる(ただし未使用)。また、貴重なテレカは、ネットオークションで何倍もの値段になることもある。

第4問(中級編)の正解はテレビで流れていた砂嵐の音で、解答者・田中美佐子は正解した。「砂嵐」は、アナログテレビから発生していたノイズの一種。2011年、デジタル放送に完全移行してからは、見ることが亡くなった。ちなみに、その音は、母親の胎内の音に近く、泣いている赤ちゃんが泣き止むと言われている。そのためか、YouTubeにアップされた砂嵐の再生回数は87万回以上もある。

キーワード
笛吹きやかん
電気ケトル
ティファール
テレホンカード
公衆電話
YouTube
砂嵐

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 1月1日 放送