名医とつながる!たけしの家庭の医学 1回30秒で骨若返り!症例ドラマ〜のどの渇き

『名医とつながる!たけしの家庭の医学』(めいいとつながる たけしのかていのいがく)は、朝日放送テレビ(ABCテレビ)の制作により、テレビ朝日系列で2017年7月11日から毎週火曜日 20:00 - 20:54(JST)に放送されている、健康に関する教養バラエティ番組。司会を務めるビートたけしの冠番組。ステレオ放送、文字多重放送、ハイビジョン制作が実施されている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年8月6日(火) 19:00~20:54
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
19:00~

豪華二本立て3時間SP!名医とつながる!たけしの家庭の医学はいつの間にか骨折を未然に防ぐ最新方法を大特集。症例ドラマ名医のセカンドオピニオン。異様なのどの渇きの正体とは?

キーワード
いつの間にか骨折
のどの渇き
セカンドオピニオン

骨を丈夫にする科 (バラエティ/情報)
19:04~

骨の健康度チェック。高い所に手が届かない、最近転びやすくなった、以前より背が縮んだ。3つのうち1つでも当てはまればいつの間にか骨折が起きている可能性がある。いつの間にか骨折は気づかない内に背骨が折れている状態。異変に気付かず放置していると骨折の連鎖が起きて心不全などのリスクが増える。背骨の骨折が1つでもあると8.6倍死亡率が高くなる。そこで今回はいつの間にか骨折を未然に防ぐSP。

信州大学医学部附属病院の中村先生はハーバード大学で骨粗しょう症などの最先端研究を行った骨折予防・治療のエキスパート。中村先生はいつの間にか骨折を起こす危険度は顔のある部分を見るだけで判定できるという。そこでいつの間にか骨折のリスクが高い人の顔にどんな特徴があるのか調査。骨の健康のためカルシウムを摂取している古谷久美子さんら50~70代の女性4名で判定。中村先生の指示は最高の笑顔を見せて欲しい。骨折リスク高低の違いとは?

キーワード
いつの間にか骨折
心不全
松本市(長野)
信州大学医学部附属病院
ハーバード大学
骨粗しょう症
カルシウム
牛乳

骨を丈夫にする科 (バラエティ/情報)
19:16~

いつの間にか骨折のリスクが高い人の顔にどんな特徴があるのか調査。50~70代の女性4名で判定。中村先生の指示は最高の笑顔を見せて欲しい。2名が骨折リスクが高いと判断された。見ていたのは口の中。歯茎が下がり根本が露出しているとリスクが高い。最近の研究で背骨の骨密度とアゴの骨密度は相関する。いつの間にか骨折のリスクが高かった2人の背骨の状態は骨密度が低下していた。自覚がないのがいつの間にか骨折の怖さ。背骨の骨密度を回復する背骨若返り法がある。その方法を名医が詳しく解説。

キーワード
カルシウム
いつの間にか骨折
骨密度

このあと (その他)
19:24~

いつの間にか骨折を防ぐ!「背骨若返り法」大公開。

骨を丈夫にする科 (バラエティ/情報)
19:25~

研ナオコは2年前に舞台で転倒し大腿骨を骨折している。信州大学医学部附属病院の中村先生はハーバード大学で世界最先端の骨の研究に携わった骨治療研究のエキスパート。中村先生は背骨とアゴの骨密度の関係を発見、背骨を骨折から守る方法を徹底解説する。中村先生は歯が抜けやすい人は背骨が折れやすい、松本歯科大学の田口明先生と共同研究しアゴの骨密度低下は歯周病になりやすい、歯周病症状がある人は背骨の骨密度低下リスクが2倍と説明した。

ミノルタカメラCMに出演した研ナオコら女性ゲストの笑顔を事前に撮影、中村先生がこの場で判定。坂下千里子はいつの間にか骨折リスク低。研ナオコはリスク高。さらに身長測定でわかるいつの間にか骨折チェック。研ナオコは20代の頃と比べ約-5cmでいつの間にか骨折の可能性が高い。具志堅用高は-4.3cmで骨折の可能性が高い。

歯茎の下がりや身長の低下があった皆さんに、すでにいつの間にか骨折が起きていても、これ以上新たな骨折を増やさず丈夫な背骨を取り戻す方法を伝授。背骨は刺激が伝わりにくく骨密度を増やすのが難しい。しかし信州大学はこの解決法を発見。それがおへそ引っ込め体操。足を肩幅に開き背筋を伸ばす。お腹をグッと引っ込める。これにより背骨の骨密度が増える。30秒で1セット、1日5セット行う。注意点は呼吸をしながら行う。スタジオ出演者が実践した。おへそ引っ込め体操を1カ月続けるとどのくらい背骨は若返るのか検証。

7時52分頃からは…症例ドラマ名医のセカンドオピニオン。原因不明「のどの渇き」の正体を名医が暴く。

キーワード
いつの間にか骨折
信州大学医学部附属病院
ハーバード大学
松本歯科大学
田口明先生
歯周病
ミノルタ
カルシウム
信州大学
骨密度
おへそ引っ込め体操

番組宣伝 (その他)
19:40~

そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?の番組宣伝。

骨を丈夫にする科 (バラエティ/情報)
19:40~

おへそ引っ込め体操を1カ月続けるとどのくらい背骨は若返るのか検証。いつの間にか骨折の危険性ありと判定された小池さんが実践。中村先生は小池さんは自転車に乗っていたがそれでは骨の量は増えないと指摘した。小池さんがおへそ引っ込め体操検証。背骨若返りのためスクレロスチンを減らすことができるのか。

検証1日目。朝からおへそ引っ込め体操を行う。1日のノルマ5セットを一気にクリア。その後、バスを待ちながらなどで体操を行った。中村先生は体操で姿勢が良くなり背骨の骨の量が増えやすいと話した。1ヶ月後、背骨は若返ったのか?

キーワード
おへそ引っ込め体操
いつの間にか骨折
カルシウム
スクレロスチン

骨を丈夫にする科 (バラエティ/情報)
19:50~

おへそ引っ込め体操を1カ月続けるとどのくらい背骨は若返るのか検証。いつの間にか骨折の危険性ありと判定された小池さんが実践。中村先生は小池さんは自転車に乗っていたがそれでは骨の量は増えないと指摘した。小池さんがおへそ引っ込め体操検証。背骨若返りのためスクレロスチンを減らすことができるのか。

検証1日目。朝からおへそ引っ込め体操を行う。1日のノルマ5セットを一気にクリア。その後、バスを待ちながらなどで体操を行った。中村先生は体操で姿勢が良くなり背骨の骨の量が増えやすいと話した。1ヶ月後、背骨は若返ったのか?

おへそ引っ込め体操を1カ月続けるとどのくらい背骨は若返るのか検証。検証を終えた小池さんの骨密度を減らす物質スクレロスチン量を測定、数値が下がり背骨の若返り効果が認められた。大切なのは毎日続けること。

キーワード
おへそ引っ込め体操
いつの間にか骨折
カルシウム
スクレロスチン

名医のセカンドオピニオン (バラエティ/情報)
19:52~

名医のセカンドオピニオン。今回症例を教えるのは南多摩病院の國松淳和先生。國松先生は様々な診療科で原因がわからなかった病を特定した。解決した病の症状はのどの渇き。先生に救われた真田さんは1日に10リットルの水を飲んでいたという。のどの渇きをもたらした原因とは?

2012年12月、真田さんは市役所の経理部で中間管理職として働いていた。座右の銘は大事な時こそ1人の目より2人の目。それを教えた上司は妻の美幸さん。会議中にのどの渇きが収まらなくなり、それから頻繁に異常なのどの渇きに襲われるようになった。最初の症状から2週間、のどの渇きで目が覚めた。1時間毎ののどの渇きと尿意で満足に眠れなかった。慢性的な睡眠不足となったこの頃1日に2.6リットルの水を飲んでいた。

近所の内科クリニックを受診。そこでの診断は自律神経失調症。交感神経の興奮状態が続くと唾液の分泌が減りのどが渇く。このあと國松先生により本当の病が明らかに。真田さんには自律神経の乱れを整える薬が処方された。この時に症状を初めて妻に打ち明けた。徐々に良くなると考えていた真田さんだが病魔はさらなる異変を仕掛け始めた。

キーワード
南多摩病院
のどの渇き
糖尿病
自律神経失調症
交感神経

名医のセカンドオピニオン (バラエティ/情報)
20:13~

治まらないのどの渇きに襲われた真田さんは身体が火照るようになり、真冬でもベランダで涼まなければ寝付けなくなった。さらに口内炎がいくつも出来た。歯科クリニックで処置して唾液の量を確認、総合病院の膠原病内科を紹介された。シェーグレン症候群が疑われたが検査の結果、シェーグレン症候群ではなかった。

キーワード
のどの渇き
口内炎
膠原病
シェーグレン症候群
糖尿病

番組宣伝 (その他)
20:21~

そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?の番組宣伝。

名医のセカンドオピニオン (バラエティ/情報)
20:21~

治まらないのどの渇きに襲われた真田さん。妻の美幸さんは夫をサポート。しかし症状は悪化するばかり。1日に飲んでいた水の量は6リットルに。最初の症状から5カ月、水の音を聞いていないと強い不安感に襲われるようになった。そして半年後には1日に飲む量が10リットルに達していた。このあとついに一筋の光が差し込む。

キーワード
のどの渇き

このあと (その他)
20:28~

すべては逆だった!?手掛かりは全身の○○。

名医のセカンドオピニオン (バラエティ/情報)
20:29~

治まらないのどの渇きに襲われた真田さん。夫婦で以前検査した膠原病内科を再び受診、そこで南多摩病院の國松先生を紹介された。2013年5月に真田さん夫婦は國松先生を訪ねた。國松先生は診察を行い、他の医師と視点を変えてのどの渇きを起こす病を調べた。

キーワード
のどの渇き
南多摩病院
國松淳和先生
シェーグレン症候群
糖尿病
自律神経失調症

番組宣伝 (その他)
20:36~

そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?の番組宣伝。

名医のセカンドオピニオン (バラエティ/情報)
20:39~

1回30秒で背骨若返りおへそ引っ込め体操は番組サイトで無料公開中。「たけしの家庭の医学」検索。auスマートパスでも!

治まらないのどの渇きに襲われた真田さんが國松先生を訪ねた。國松先生は診察を行い、他の医師と視点を変えてのどの渇きを起こす病を調べた。口腔内のがんなどの可能性を調べ血液検査を行い2度目の診察。國松先生は他の医師と違う視点を探し全身をくまなく検査。身体の至る所が乾燥しているのを発見、特別な尿検査を実施、MRI検査を行って明らかになった病は中枢性尿崩症。

中枢性尿崩症は下垂体に異常が起こり水分量を調節する働きが失われる病。真田さんに異常を引き起こした原因は良性腫瘍。ホルモンが激減し際限なく尿を排出、激しいのどの渇きに襲われ、身体に火照りが起きた。國松先生は全身の症状をチェックし病を見抜いた。真田さんは水分量のコントロールを助ける薬を飲みながら平穏な日々を過ごしている。

名医のセカンドオピニオン カラダのお悩み募集。検索「たけしの家庭の医学」

キーワード
おへそ引っ込め体操
たけしの家庭の医学
auスマートパス
のどの渇き
國松淳和先生
がん
心因性多飲症
自律神経失調症
中枢性尿崩症
下垂体
良性腫瘍

エンディング (その他)
20:53~

名医とつながる!たけしの家庭の医学の次回予告。

Bigfumi「And go!」(ジーニアス・レコーズ)

auスマートパスでも!背骨若返りおへそ引っ込め体操公開中。ケータイ・スマホで検索「たけしの家庭の医学」

キーワード
And go!
Bigfumi
ジーニアス・レコーズ
auスマートパス
たけしの家庭の医学
おへそ引っ込め体操
  1. 前回の放送
  2. 8月6日 放送
  3. 次回の放送