土曜 あるある晩餐会 2017年5月13日放送回

放送日 2017年5月13日(土) 21:58~22:59
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
21:58~

今宵は厳選された極上のあるあるを味わっていただく。オープニング映像。

早速テーマの発表。今回のテーマは「活躍した女子チーム 私達こんな大変な目にあってましたあるある」。女子バレーの元日本代表からアテネオリンピックで活躍した主力メンバーが登場。シンクロ界からは歴代のメダリストたちが出演。そしてアイドル界からはモーニング娘。OGが出演。現役時代には話せなかった壮絶体験を語り尽くす。今回のVIPはEvery Little Thingの持田香織。

キーワード
Every Little Thing

現役時代には絶対言えない話 女子バレー&シンクロ&モー娘。 (バラエティ/情報)
22:00~

女子チームを率いるボスに関するあるあるを紹介。日本のお家芸のシンクロナイズドスイミング。華麗な縁起を披露する競技だが、そこには想像を絶するボスとの主従関係があったという。武田美保は「チームには絶対服従しなければいけない恐怖のボスがいた」と明かす。シンクロ界のボスと言えば井村ヘッドコーチになるという。今回その超過酷な合宿映像を入手した。

シンクロは1984年に五輪正式種目になったが、それ以降8大会でメダルを獲得している日本。そんな経歴の裏には血の滲むような努力があった。日本代表に選出されると井村ヘッドコーチによる超スパルタ合宿が待ち受けている。ミーティングでは「いつも120%のちからを出そうとして練習して欲しい」と語る井村ヘッドコーチが選手に課すある日の練習メニューでは、朝5時に起床して寝る寸前まで猛特訓。最長13時間の練習時間。ウォーミングアップは、4000mを全力で泳ぐ。陸にやっと上がったかと思うと、筋トレをみっちり3時間行う。井村ヘッドコーチの格言は、「自分で限界を決めるな!」「人はそんなに簡単に死にはしない」。厳しい合宿を終えた選手たちは、困難な状況でも最高の演技が出来るという。全ては選手にメダルを獲らせてあげたいという思いから。リオ五輪日本代表の箱山愛香選手は「たくさん怒られたけど先生に良かったと言われてすごく嬉しかった」などと語った。

武田美保は、引退して十数年たつが、1年に一回はシンクロのプレッシャーがかかった夢を見るという。奥野史子が合宿中、練習の夢を見て息を止めながら寝ていたことがあるという。田中ウルヴェ京は、本当は井村先生は面白い先生で、一緒に飲んで死後の世界はあるかと聞くと「終わりや終わり、真っ暗や!」と答えたという。そして武田美保は人体の限界を超える演技をしたことがあるといい、左足中指を骨折しながらもオリンピックで演技をしたと明かした。オリンピックではけが人がチーム内にいることを他国に悟られてはいけないと、テーピングをせず、スタスタプールサイドを歩けないならメンバーを変えると言われたと言う。プレッシャーについては、田中ウルヴェ京は井村先生のほうが怖いからオリンピックは全然緊張しない、と語った。

女子バレーボールにもシンクロの井村ヘッドコーチに勝るとも劣らないボス・元監督の柳本さんがいた。全日本女子バレー元監督の柳本晶一は鬼の柳本と恐れられていた。まずはアップテンポな曲で選手を鼓舞。杉山祥子は、最初にアップで結構走るが、そのときにMINMIのシャナナ☆がかかるとペースがどんどん上がるといい、MINMIの曲がトラウマになってしまったと笑った。ウォーミングアップが終わると、上がったテンションで選手をしごく。大山加奈は、ワンマンレシーブという地獄の練習があり、監督のさじ加減で終わりが決まるが、だいたい9本10本目に絶対に取れないところにボールが来るのでエンドレスで続き、アザだらけになったなどと明かした。柳本監督はCHANELの香水をつけていて、引退した今でもその香りが街でするとビクッとなるなどと話した。何故香水をつけていたのかを柳本元監督に電話で聞いた。

キーワード
井村ヘッドコーチ
箱山愛香選手
三井梨紗子選手
リオ五輪
バルセロナ五輪
ソウル五輪
アトランタ五輪
骨折
DJ OZMA
アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士
柳本晶一
MINMI
シャナナ☆
CHANEL

現役時代には絶対言えない話 女子バレー&シンクロ&モー娘。 (バラエティ/情報)
22:18~

元シンクロ日本代表木村のあるあるは、水中で気に入らない奴にはノーズクリップ狩り。奥野はオリンピックの公式練習は他国選手と水中で格闘すると話した。木村は濱口を相手にノーズクリップ狩りを実演した。さらに木村の必殺技は熱湯ゼラチンがけだったという。小谷実可子とペアを組んだ田中は、小谷ばかり脚光を浴びることに嫉妬していたと話した。

なぜ柳本監督は練習中に香水をつけていたのかを電話で取材。柳本監督は、自分は汗かきで女性と一緒にチームを作っているので、匂いは嫌な匂いよりもいいと言う理由で意識してつけていたという。監督の電話インタビューを聞いて、大山加奈は「手汗が」と語った。大山加奈は練習が終わると監督が選手に大森の食事を配膳していたと告白。

モーニング娘。の恐怖のボスは中澤裕子。保田圭は、中澤について人が前を歩いているのが嫌いで、エレベーターで一番最初に乗るのは中澤で、一番最初に降りたいのも中澤なので困る、と明かした。吉澤は、知らないときに、中澤の前を歩いてしまったことがあり、「なんで前を歩いているんだ?」というのは言われたと明かした。

キーワード
バルセロナ五輪
紗野
小谷実可子
ソウルオリンピック
CHANEL

現役時代には絶対言えない話 女子バレー&シンクロ&モー娘。 (バラエティ/情報)
22:36~

田中は小谷とのメディアでの扱いの格差に嫉妬していたと話した。木村は世界選手権のポスターに大きく映っていてチームメイトにやっかまれたと話した。

大山加奈は栗原恵とセットでメグカナと呼ばれていたとき、お互い意識していたと話した。杉山祥子は突然先輩から口をきいてもらえなくなり、先輩の部屋に乗り込んだと話した。

キーワード
小谷
世界選手権
栗原恵
竹下佳江

現役時代には絶対言えない話 女子バレー&シンクロ&モー娘。 (バラエティ/情報)
22:44~

高橋みゆきは気に入らない選手の小指を狙ってアタックを打っていたと話した。

モー娘。1期生の石黒彩は、後から入ってきた2期生を受け入れられず冷たく当たったと話した。矢口真里は、最初の頃は現場の雰囲気は最悪だったと話した。1期と2期で確執があり、食事のテーブルも別々だったという。

キーワード
モーニング娘。

現役時代には絶対言えない話 女子バレー&シンクロ&モー娘。 (バラエティ/情報)
22:51~

矢口真里は多忙で精神のバランスを崩し、洗面台に頭を打ち付けたりしていたと話した。

キーワード
モーニング娘。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月13日 放送
  3. 次回の放送