マツコ&有吉 かりそめ天国 2019年8月7日放送回

『マツコ&有吉 かりそめ天国』(マツコ・ありよし かりそめてんごく)は、2017年(平成29年)4月5日から、テレビ朝日系列で放送されているトークバラエティ番組である。2019年(令和元年)10月から金曜日20:00 - 20:54に移行した。マツコ・デラックスと有吉弘行の冠番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年8月7日(水) 23:50~ 0:50
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
23:50~

今夜は、「新幹線の座席マナー問題」にマツコ有吉が一石を投じる、ガンバレルーヤ×プロフェッショナル第2弾 素人の物語を絵本にしたらどうなる?などを放送。

キーワード
マツコ・デラックス
有吉弘行
ガンバレルーヤ
新幹線

視聴者メール (バラエティ/情報)
23:53~

視聴者から寄せられた「おじさんに決定権があると新しいモノって生まれなくないですか?」についてトーク。有吉は「ほぼ運」、マツコは「女性目線といいつつ本当の女性の声じゃなかったりする」、「同じことでもうまくいく時もあれば失敗する時もある」などと話した。また、有吉モデルやタレントなどがやるカラコンプロデュースはすごい商売、何でもAIが決めれば良いと話した。

視聴者から寄せられた「スタンディングオベーションって躊躇なくできますか?」についてトーク。マツコ有吉は「ノリでやっている」、「先陣きってやるのが好きな人がいる」と答えた。有吉はお葬式のお焼香は本当の意味をわかってやっているのかと問いかけ、Wikipediaで焼香の意味を確認した。また、最近は神社やお寺での参拝マナーにうるさくなってきたと話した。

そして新幹線のマナーについて有吉は騒ぎたい人のと寝たい人で車両を分けたらどうか、マツコは外国にある静かにしないといけない車両があればいいと主張。マツコは新幹線や丸ノ内線は暑いと話すと有吉は女性がよくやる手で仰ぐ動作で体温を上げてるのではないかと指摘。

キーワード
陣内貴美子
丸山桂里奈
AI
Wikipedia
サンコン
新幹線
丸ノ内線

ガンバレルーヤ×一流絵本作家 素人の物語をプロが絵本にしたらどう変わる? (バラエティ/情報)
00:12~

前回、ピアニストの清塚信也に作った曲をアレンジしてもらったガンバレルーヤ。今回は第2弾。ガンバレルーヤが作った物語をプロが絵本になるのかを検証。物語を作ってきたガンバレルーヤは絵本作家・石井聖岳さんのもとへ。さっそくガンバレルーヤが作った物語「ダニのダーニー」を朗読。石井さんのアドバイスで文章を削り、どのような構成にするかや、魅力的なキャラクターを作成し約5時間で完成。最後に完成した絵本を「キャンディパーク保育園」で子どもたちに読み聞かせを行った。

キーワード
清塚信也

飯尾No.1 あなたの部下にしてください! (バラエティ/情報)
00:22~

今回の飯尾ナンバー1は女性管理職編。飯尾が部下目線で女性上司のもとを訪れ「誰の下で一番働きたいか」を勝手に決定する企画。今回協力頂いたのは「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」でプレイステーションの開発や販売、ゲームソフト制作を行っている。上司1人目はジャパンマーケットビジネスプランニング部の飯田みのりさんでプログラミングゲーム「toio」のPRチームリーダー。飯田さんは転職組でソネットやアップルを経てソニーへ。

飯尾が部下目線で女性上司のもとを訪れ「誰の下で一番働きたいか」を勝手に決定する企画。続いては、ソニー・インタラクティブエンタテインメント広報部の加藤京子さん。ソニーミュージック、同社のアルバイトを経て正社員に。

飯尾が部下目線で女性上司のもとを訪れ「誰の下で一番働きたいか」を勝手に決定する企画。続いては、ソニー・インタラクティブエンタテインメントプログラムマネジメント&プロセス部部長の桜井由紀子さん。15人の部下を束ねプレイステーションの根幹を支えている。元々は派遣社員の翻訳として入社し結婚を機に退社するも30代半ばでアメリカオフィスへ復帰。

飯尾が部下目線で女性上司のもとを訪れ「誰の下で一番働きたいか」を勝手に決定する企画。続いては、ソニー・インタラクティブエンタテインメントネットワークビジネス部チーフの藤野ひとみさん。定額制サービス「プレイステーションプラス」などのオンラインサービスを海外チームと企画立案をしている。部下からは失敗した際はリカバリーのことを気にしてくれると話した。

飯尾が部下目線で女性上司のもとを訪れ「誰の下で一番働きたいか」を勝手に決定する企画。続いては、ソニー・インタラクティブエンタテインメント1st Party IPマネジメント課の早坂恵チーフ。前職はアニメや漫画を扱う大手企業でキャラクタービジネスを担当。現在はトロやサルゲッチュなどのキャラクターグッズ監修・イベント運営などを行っている。

このあとは、上司6人目の異色女性クリエイター。

キーワード
フォレスト・ガンプ
NBCユニバーサル・エンターテイメント
加賀まりこ
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
プレイステーション
八村塁
toio
アップル
ソニーミュージック
プレイステーションプラス
モロッコ
やす
サルゲッチュ
トロ

番組宣伝 (その他)
00:35~

潜入有吉の番組宣伝。

飯尾No.1 あなたの部下にしてください! (バラエティ/情報)
00:37~

飯尾が部下目線で女性上司のもとを訪れ「誰の下で一番働きたいか」を勝手に決定する企画。続いては、ソニー・インタラクティブエンタテインメントWWS JAPANスタジオアソシエイトプロデューサーの梅村典子さん。幼少期を中国の田舎で過ごしイギリスの美大を卒業した異色のゲームクリエイター。ゲームソフトの制作進行・プロデュース業務を行っている。梅村さんが担当した最新作「みんなのGOLF VR」を飯尾が体験。そして飯尾が誰のもとで働きたいかを決定する。

キーワード
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
中国
イギリス
みんなのGOLF VR

飯尾No.1 あなたの部下にしてください! (バラエティ/情報)
00:42~

今回の飯尾ナンバー1は女性管理職編。飯尾が部下目線で女性上司のもとを訪れ「誰の下で一番働きたいか」を勝手に決定する企画。今回協力頂いたのは「ソニー・インタラクティブエンタテインメント」でプレイステーションの開発や販売、ゲームソフト制作を行っている。上司1人目はジャパンマーケットビジネスプランニング部の飯田みのりさんでプログラミングゲーム「toio」のPRチームリーダー。飯田さんは転職組でソネットやアップルを経てソニーへ。

飯尾が部下目線で女性上司のもとを訪れ「誰の下で一番働きたいか」を勝手に決定する企画。6人の中から飯尾No.1に選んだのはtoioビジネス課チーフの飯田みのりさん。選んだ理由に「経験を積んでいるから」とした。そして飯田さんのもとでインターン研修を行った。

キーワード
フォレスト・ガンプ
NBCユニバーサル・エンターテイメント
加賀まりこ
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
プレイステーション
八村塁
toio
ソネット
アップル
さまぁ~ず三村

番組宣伝 (その他)
00:43~

潜入有吉の番組宣伝。

エンディング (その他)
00:46~

マツコ&有吉 かりそめ天国の次回予告。この番組をもう一度見たい方はAbemaTV・テレ朝動画・TVerで番組を無料配信中!

キーワード
テレ朝動画
TVer
AbemaTV

番組宣伝 (その他)
00:46~

家事ヤロウ!!!の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 8月7日 放送
  3. 次回の放送