世界ルーツ探検隊 [終]

『世界ルーツ探検隊』(せかいるーつたんけんたい)は、テレビ朝日系列で2017年5月1日から8月21日まで放送されていた教養バラエティ番組である。放送時間は月曜19:00 - 20:00(JST)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年8月21日(月) 19:00~19:54
放送局 テレビ朝日

番組概要

世界で探した!意外と知らない…身近なモノのルーツBEST8 (バラエティ/情報)
19:00~

鉛筆のルーツを調査。鉛筆といえば六角形だが、1840年、ドイツの鉛筆メーカー社長のローター・ファーバーが安くて使いやすい鉛筆を発明したという。そこでなんぶ桜澤山裕仁がドイツへ向かった。世界遺産ケルン大聖堂が造られたころにも鉛筆は使われて、近くにある音楽家ベートーヴェンの生家にも鉛筆で書かれた「ミサ・ソレムニス」の楽譜が残っていた。しかし鉛筆は当時は職人が手作りしており、ベートーヴェンも数が少なく高いなどの不満があったという。

その不満を解決したのがファーバーカステル社。世界最古で最大手の鉛筆メーカーで本社はまるで中世の城。ファーバー社は170年前に六角形の鉛筆を編み出したが、転がりにくく、6は3の倍数で持ちやすく、大量生産するときも板1枚当たりの生産本数を増やすことができるのが六角形。17.5cmという長さを決めたのもこのときだった。

そんな鉛筆の芯といえば黒鉛が使われている。1550年のイギリス、文字を書くには羽根ペンが使われていたが、文字を消せる鉛筆はすごい発明品だった。黒鉛はイギリスのど田舎の山で発見されたということで澤山も登山して最初の発見場所にたどりついた。当時、羊飼いが黒鉛を見つけ、自分の羊と分かるように羊に黒鉛で目印をつけたのが鉛筆のルーツといえる。

鉛筆のルーツについて岡副麻希は、なんか自然と生物の共存を教えられたと話した。

写真のルーツを調査。宮崎香蓮がパリの工芸博物館へ向かうと、1839年の世界初の市販カメラ「ジルー・ダゲレオタイプ・カメラ」が展示されていて、発明したのはルイ・ジャック・マンデ・ダゲール。ピンホール現象を利用する仕組みで、銀の板に画像を焼き付ける「銀板写真」なので焼き増しはできない。宮崎も高性能でも1分半かかるダゲレオタイプのカメラ撮影に挑戦した。

石鹸・冷凍食品のルーツとは!?

冷凍食品のルーツを調査。100年くらい前にアメリカのクラレンス・バーズアイが急速冷凍することに気付いたことが誕生の要因ということで、番組スタッフがカナダの北極近くへ向かった。イヌイットが古くから狩猟生活を続けてきた地域だが、それが冷凍技術のルーツと関連しているらしい。

キーワード
ローター・ファーバー
ケルン大聖堂
鉛筆
ベートーヴェン
ミサ・ソレムニス
ファーバーカステル社
ドイツ
イギリス
黒鉛
パリ(フランス)
パリ工芸博物館
ジルー・ダゲレオタイプ・カメラ
ルイ・ジャック・マンデ・ダゲール
ピンホール現象
石鹸
冷凍食品
クラレンス・バーズアイ
カナダ
イヌイット

世界で探した!意外と知らない…身近なモノのルーツBEST8 (バラエティ/情報)
19:21~

冷凍食品のルーツを調査するため、番組スタッフはイヌイットが暮らすカナダの秘境までたどりついた。当時のアメリカの毛皮商人、クラレンス・バーズアイはイヌイットが川で釣りをしてその場で魚が凍る様子を見て、長期保存が可能で風味も損なわれないことに気付いたという。1928年、2枚の冷却板を使う急速冷凍技術で特許を取得し、1930年に商品化、大成功した。

サッカーW杯アジア最終予選番宣テロップ。

冷凍食品のルーツについて若林正恭は、釣り上げられた魚にしたらたまったもんじゃない、ハードなロケだったなどと話した。

飛行機のルーツを調査。ライト兄弟よりも前、今から1000年前に初めて空を飛んだ男がいるということでイギリス・ウィルトシャー地方に向かったのはHi-Hi上田浩二郎。マルムズベリー修道院の修道士エイルマーは、ギリシャ神話に感銘を受け空を飛ぶことを決意という。

石鹸のルーツは約5000年前

キーワード
クラレンス・バーズアイ
カナダ
イヌイット
冷凍食品
ライト兄弟
マルムズベリー修道院
エイルマー
石鹸
ウィルトシャー(イギリス)

世界で探した!意外と知らない…身近なモノのルーツBEST8 (バラエティ/情報)
19:29~

飛行機のルーツを調査。イギリス・ウィルトシャー地方のマルムズベリー修道院には約1000年前に修道士エイルマーが飛び立った場所が今も残っており、当時の塔の高さは25m。飛んだ飛距離は200mだと伝えられている。エイルマーは着地で大けがをしたが、もう一度空を飛ぼうとし、修道院長に飛ぶことを禁じられたという。

石鹸のルーツを調査。西暦700年ごろ、トルコはイスラム帝国が支配し、化学、数学、天文学などの分野で最先端の文明が発達し、銭湯のような場所もあり石鹸も広く使われていたという。なんぶ桜澤山裕仁がイスタンブールの公衆浴場「ハマム」へ向かい、当時と同じ製法の石鹸を体験した。ただ当時は獣の油を使っていて臭かったという。

石鹸の臭いをよくしたものがあるということで、イズミールへ向かった。古くからオリーブの名産地。オリーブオイルを使うことで石鹸の香りがよくなり、人の体を洗えるようになった。

一方、そもそも石鹸はメソポタミア文明のころから使われ始めた。移籍から発掘された当時の粘土板に、石鹸のレシピや使用方法がくさび形文字で書かれていた。アメリカ・ペンシルベニア大学にその粘土板が保存されているが、薬として使われていたことも書かれている。

腕時計のルーツを調査。スイスのオメガミュージアムへ春風亭昇吉が向かうと、世界初の腕時計が保存されていて、戦場の兵士が懐中時計を腕に巻いて使うというものだった。戦場で懐中時計を出し入れするときに撃たれないようにした工夫だった。

お風呂のルーツを調査。グローバーが向かったギリシャのコス島のアスクレピオン遺跡は紀元前400年の医学者、ヒポクラテスが働いていた場所で、巨大な病院だったといわれている。当時、普通の医師は患者を石のベッドに眠らせ夢の内容から医者が神のお告げを聞かせて安心させるなど迷信だらけの治療が行われていたが、ヒポクラテスは薬草などを使用、現在に通じる医学を生み出した。

そんなヒポクラテスがある村を訪れた時のこと、村人の多くが伝染病にかかっていたが、そんな中で鍛冶職人だけが伝染病にかかっていない事を発見。熱で病気が防げると考え、コス島の天然温泉、エンブロス温泉で体を温める治療法をひらめいた。このコス島の温泉がお風呂のルーツ。

メガネのレンズのルーツを調査。2000年前のイタリアの皇帝ネロは剣闘士の試合が好きだったが、あるものをメガネ代わりにして試合を観戦していたという。

キーワード
ライト兄弟
マルムズベリー修道院
エイルマー
ウィルトシャー(イギリス)
イスタンブール(トルコ)
ハマム
イズミール(トルコ)
石鹸
オリーブオイル
メソポタミア文明
アメリカ
ペンシルベニア大学
スイス
オメガミュージアム
腕時計
ギリシャ
ヒポクラテス
コス島
アスクレピオン遺跡
コス島 考古学博物館
エンブロス温泉
メガネ
イタリア
ネロ

世界で探した!意外と知らない…身近なモノのルーツBEST8 (バラエティ/情報)
19:50~

メガネのレンズのルーツはイタリア 暴君ネロは○○を使って試合を見ていた!

メガネのレンズのルーツを調査。2000年前のイタリアの皇帝ネロは、剣闘士の試合を観るためにエメラルドをメガネ代わりにしていたとの記述が残っている。ネロには哲学者セネカという家庭教師がおり、水を入れたガラスを通せばどんなに小さな文字でも見ることができるという記述を残している。

キーワード
ネロ
メガネ
イタリア
セネカ
エメラルド

エンディング (その他)
19:52~

伊集院光出演「Qさま!!」の番組宣伝。

MCの2人が本日の放送が最終回です、あっという間でしたねと告げた。伊集院光は、このコンビですごいヒット番組に出たときに「ルーツ何?」となったらこのVTRが貴重になると話した。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 8月21日 放送