地球の走り方〜世界ラリー応援宣言〜 2018年8月14日放送回

放送日 2018年8月14日(火) 1:20~ 1:50
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
01:21~

世界ラリー選手権の第8戦フィンランドでトヨタが優勝し、今シーズン2勝目を達成。今夜は、そのトヨタの激闘の様子を伝える。

キーワード
フィンランド
ブリリアン
世界ラリー2018
TOYOTA GAZOO Racing

世界ラリー第8戦フィンランド (バラエティ/情報)
01:22~

出演者によるオープニングトーク。ゲストは脇阪寿一と藤井サチ。今回の舞台のフィンランドはトヨタの本拠地と呼ばれ、トミ・マキネンチーム代表指導のもとトヨタのマシン開発拠点になっている。

世界ラリー選手権の第8戦の舞台はフィンランドで最高速ラリーとも呼ばれ時速200キロを超える。ブリリアンはラトバラやオジェから声をかけられるなど現地リポーターとしては貴重な存在となっている。そんなブリリアンが超有名ドライバーに突撃取材する。ブリリアンは山の中にある観戦ポイントへ。ここでは「ル・マン24時間レース」で初制覇した中嶋一貴と準優勝の小林可夢偉に突撃取材できることに。2人から見た世界ラリーについて「面白い。ドライバーたちを本当尊敬する。自分たちにはできない」と語った。また、ゲストでもある脇阪寿一にも遭遇。フィンランドには勉強しに来たといい、ベストショットの写真を見せてもらった。

さらにトヨタ自動車の豊田章男社長に会えることに。すると社長はまさかの自転車で登場。なぜ18年ぶりに世界ラリーに参戦したのか?について社長は「もっと良い車を作りたいから。良い車作るためには過酷な道を走ってもらうこと」、好きな食べ物については「オムライス」と答えた。

第8戦ラリーフィンランドでは、シーズン最速のラリーであり、チームの技術力が試される戦いとなる。トヨタは、この戦いに備えて新たなエンジンを投入し、レースに挑む。この日、最初のSSがスタート。藤井サチさんに向け、SSの知識を解説。SSとはスペシャルステージをさし、世界ラリーでは1台ずつタイムアタックを行う。およそ20本のSSを走り、合計タイムが最も速いドライバーが勝者となる。第8戦を前に、絶対に外せないレーサーが、T・ヌービルとS・オジェの年間王者をかけた戦いだったが、2人が優勝争いから陥落する波乱で幕開け。この戦いで躍動したのが、シトロエン・オストベルグ、そしてトヨタ・ラトバラだ。だが、その2人の前をいくのがトヨタのタナックであった。

タナックは、その後も快調なレース展開で、SSで5連続のトップタイムを叩き出した。トヨタ勢が表彰台を独占する可能性も秘めている今回のレース。そのカギを握るのが、新星のエサペッカ・ラッピだったが、SS20で痛恨のクラッシュ、リタイアとなった。最終SSは、ラトバラが暫定トップでフィニッシュ、3位以上が確定するなか、オストベルグがこれを塗り替える好タイムを叩き出し、2位以上を確定。そして、独走状態のタナックは、果敢に攻め、トップタイムを叩き、完全優勝でラリーフィンランドを制した。なんと、この大会では、トヨタの豊田章男が表彰台に上がるサプライズもあった。

キーワード
TOYOTA GAZOO Racing
世界ラリー2018
ブリリアン
フィンランド
トミ・マキネン
ル・マン24時間レース
オムライス
トヨタ自動車
トヨタ
ラリーフィンランド
セバスチャン・オジェ
ティエリー・ヌービル
ヒュンダイ
シトロエン
マッズ・オストベルグ
ラトバラ
オット・タナック
エサペッカ・ラッピ
Mr.Akio Toyoda

エンディング (その他)
01:46~

地球の走り方~世界ラリー応援宣言~の次回予告。

「テレビ朝日×六本木ヒルズ サマーステーション」のイベント宣伝。

キーワード
六本木ヒルズ
テレビ朝日
世界ラリー 体感アトラクション
  1. 前回の放送
  2. 8月14日 放送
  3. 次回の放送