GET SPORTS 2019年1月28日放送回

『GET SPORTS』(ゲット・スポーツ)は、1998年4月6日(5日深夜)からテレビ朝日系列で放送されているテレビ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月28日(月) 1:25~ 2:55
放送局 テレビ朝日

番組概要

GET SPORTS (バラエティ/情報)
01:25~

10年ぶりにヤクルトに復帰した五十嵐亮太。速い球を投げたいと話していた五十嵐だが39歳となった今、パワーバッターに力が敵わないのは現実として受け入れているため、ストレートだけじゃない、色んな球を試しながらトータルで抑えられることが大事だと思うと話した。

キーワード
ヤクルト
ソフトバンク

オープニング (その他)
01:27~

オープニング映像。

今日のラインナップを伝える映像。

キーワード
中西哲生
岩政大樹
栗山英樹
南原清隆
アジア杯

アジアカップ 王座奪還へ 森保ジャパンを徹底分析 (バラエティ/情報)
01:27~

強力攻撃陣を誇るイラン 日本はどう守る?

AFCアジアカップで過去4回の優勝を果たしている日本は今、頂点まで後2勝としている。次の対戦相手は優勝候補・イラン。勝利へのカギを徹底分析。

中西哲生と岩政大樹によるトーク。岩政大樹は2011アジアカップ優勝時のメンバー。岩政は当時と今を比べて、非常に似ている、監督が変わってアジアカップまでは順風満帆にいってその後バタバタはするがその中でも勝ち進んでいっているところが似ている等と話した。今大会から出場枠は16から24に増えていて、以前よりも1試合増加している。これについて岩政はかなり大きい、予選から模索しながらやってきたのではなどと述べた。

韓国がカタールに敗れ、カタールが初のベスト4進出を決めたことについてトーク。岩政大樹は、今季のカタールはいい、育成年代から育ててきた選手もいいし、戦術面も整えてきた印象があるとした。また元日本代表監督のザッケローニが監督を務めるUAEについて、ザッケローニは勝つための道筋をつけられる監督、UAEが勝ち上がってきたのは監督が大きいのではと話した。

グループステージ、日本の初戦の相手はトルクメニスタン。苦しみながらも3対2で勝利した。続くオマーン戦では大迫を欠いたが原口元気のPKで、1対0で勝利した。ウズベキスタンとの試合で日本はスタメンを10人入れ替えて臨んだ。武藤嘉紀・塩谷司がゴールを決め、2対1で勝利、決勝トーナメント進出を決めた。決勝トーナメント初戦の相手はサウジアラビア。冨安健洋が先制すると守備的な戦い方でサウジアラビアを押さえ込み1対0で勝利、ベスト8進出を決めた。準々決勝のベトナム戦は、吉田麻也の先制点が決まったと思われたが、VAR制度でハンドの判定となり取り消された。その後堂安律がPKを決め1対0で勝利し、ベスト4進出を決めた。

ここまでの日本の試合の様子についてトーク。スタメン10人を入れ替えたウズベキスタン戦について岩政大樹は、選手層が厚いチームが作れているのでは等と話した。岩政は、決勝トーナメント入ってから綺麗に勝ちきれない、思ったゲームプランは進められていないと話した。守備面については、チームとしての形は作ってきたようだがかなり大雑把、チームとしての取り決めが定まらず成熟していないと話した。攻撃面は、同じようなことだが、チームとして共通の意識が持てていないとした。大迫勇也の復帰については、チームにとっては大きいが人によってチームが左右されすぎるなどと話した。

準決勝で戦うイランはここまで全試合を無失点に抑えている。オフェンスでも多彩な攻撃パターンで12得点を上げている。FWのサルダル・アズムンは優れた得点能力を持ち5試合で4得点を誇るエース。イランはFIFAランク29位(アジア最上位)で今大会無失点・最多得点を記録している。岩政はチームとしても整備されているし、気持ちの部分も入っている、8年間で作られたチームだと感じさせられると話した。イランはロシアW杯出場選手の23人中19人がチームに残留している。中西哲生はイランはカルロス・ケイロス監督のおかげで戦術的な約束事がうまく反映されていると話した。岩政はヨーロッパで行われている最先端なサッカーだとした。

フィギュアを使って最先端のシステムを解説。現在はピッチを建てに5分割しそれぞれのレーンを守ることが主流となっている。ペナルティエリア内の両サイド部分(ニアゾーン)を取れると得点が生まれやすいとされている。岩政大樹は、ディフェンスはボールを取りたい・ゴールを守りたいという2つのジレンマを抱えていて、ニアゾーンに入られるとセンターラインが空いてしまうなどと解説した。

イランがベトナム戦でうまくニアゾーンを取った映像を紹介した。一方日本もトルクメニスタン戦でニアゾーンをうまく使って得点したケースがある。岩政はニアゾーンまで入るとボールを直視するしかなくなるためフリーを作りやすくなる等と話した。岩政は今の日本はチームとしてニアゾーンを崩しにはいっていないと話す。

キーワード
AFCアジアカップ
アジアカップ
森保ジャパン
ザッケローニ監督
ザッケローニ
大迫勇也
原口元気
武藤嘉紀
塩谷司
冨安健洋
吉田麻也
VAR制度
堂安律
カルロス・ケイロス
サルダル・アズムン
ベイランバンド
ロシアW杯
名古屋グランパス
レアル・マドリード
ケイロス
リッピ

番組宣伝 (その他)
01:54~

サッカー アジアカップ 準決勝 日本×イランの番組宣伝。

アジアカップ 王座奪還へ 森保ジャパンを徹底分析 (バラエティ/情報)
01:54~

ここまでの日本の守備について岩政大樹は、選手一人一人は頑張っているが、DF、ボランチ間の連動性がないため、チームとして共通の動きがないと話した。連動性の高い守備について岩政は誰かがプレスに行ったら全体も寄せてエリアを狭くしていくべきなどと解説した。チームの連動性が高まればボールを奪う可能性が高まると岩政は言う。岩政はチームとして連動性を高め、イメージを共有する必要があるとした。

キーワード
森保ジャパン
アジアカップ

番組宣伝 (その他)
02:03~

「野球・侍ジャパンシリーズ2019 日本×メキシコ」の番組宣伝。

番組宣伝 (その他)
02:06~

サッカー アジアカップ 準決勝 日本×イランの番組宣伝。

アジアカップ 王座奪還へ 森保ジャパンを徹底分析 (バラエティ/情報)
02:06~

栗山英樹が描く V奪回へのビジョン。

岩政大樹はイランは頻繁にポジションチェンジを入れてくるため、今の状態で行くと日本は難しいという。イランの攻撃で脅威なのはサイドの連携。日本は自然に5-4-1の形になれるように出来ると守れる気はするなどと話した。岩政はイランに対して戦術面での対策を明確にしないと対応できないだろうとした。

「サッカーAFCアジアカップ2019 準決勝日本対イラン」の番組宣伝テロップ。

キーワード
栗山英樹
森保ジャパン
アジアカップ

告知 (その他)
02:15~

今年7月、韓国・光州で行われる世界水泳の告知映像が流れた。

キーワード
世界水泳
光州(韓国)

栗山英樹×南原清隆 V奪回への改革 (バラエティ/情報)
02:18~

去年12月、北海道・栗の樹ファームで南原清隆が日本ハム監督・栗山英樹を取材した。栗山はGET SPORTSのキャスターを14年間務め、2011年12月に番組を卒業した。

大谷の抜けた昨シーズンについて栗山英樹は、「大谷翔平が抜けて負けたと言われたくない」という気持ちは選手の中にあった、“大きな選手が抜けた時にどう戦うか”がファイターズらしさだと思っているため、GM含めチームが勝てる準備をしてくれていただけに申し訳ない気持ちがあると話した。昨年は、大谷だけでなく、守護神・増井浩俊や主力捕手・大野奨太もチームを去った。しかし、前半戦は首位・西武と2.5ゲーム差の2位だった。だが、8月首位・西武との3連戦で負け越すと失速しリーグ3位でシーズンを終えた。

日本ハムにドラフト1位で入団した吉田輝星について南原清隆が聞いた。栗山英樹は、ドラフトで争奪戦になると思って嫌な気持ちだったが、一本釣りできて嬉しかったなどと話した。栗山は吉田輝星について、楽天・則本昂大のような投手になってくれたらと話す。

今季オリックスから移籍してきた金子弌大について栗山英樹は、彼がチームに化学変化を起こしてくれる、ああいう投手が欲しかった、本当に必要なものは動きに行くと話した。去年優勝を逃した理由の一つに投手陣がある。栗山は金子投手について考え方と技術が武器、うちは若い選手が多く自分の持っている能力で野球をやっている、しかし金子投手は技術だけで長くやっていると話す。金子投手起用のイメージについて栗山は、もちろん先発してもらうが、先発・中継ぎ・抑えと決める今の野球の形に対してまたむちゃくちゃしてみようかなというのも頭の中にあるなどと話した。

野手ではレアードが退団した中、日本ハムは台湾の主砲・王柏融を獲得した。2年前の侍ジャパンとの壮行試合で特大ホームランを放ち衝撃を与えた。台湾リーグでは史上最強の打者と言われている。栗山は、王柏融は外野手が何人重なっても欲しかったと話した。栗山は理想の打線について、打率3割3分くらいの左バッターが右バッターの間に入ると打線がつながると話し、印象としては監督就任1年目の日本ハムだったなどと話した。2019年の左打者は西川遥輝・近藤健介・王柏融・清宮幸太郎がいてくれると結構点を取れると思うと話した。

キーワード
栗の樹ファーム
北海道
大谷
エンゼルス
増井浩俊
オリックス
大野奨太
中日
西武
吉田輝星
則本昂大
楽天
金子弌大
レアード
王柏融
田中賢介
糸井嘉男
稲葉篤紀
西川遥輝
近藤健介
清宮幸太郎
東京五輪

番組宣伝 (その他)
02:33~

サッカー アジアカップ 準決勝 日本×イランの番組宣伝。

栗山英樹×南原清隆 V奪回への改革 (バラエティ/情報)
02:35~

それぞれの、始動。

番組宣伝 (その他)
02:42~

「野球・侍ジャパンシリーズ2019 日本×メキシコ」の番組宣伝。

告知 (その他)
02:48~

今年7月、韓国・光州で行われる世界水泳の告知映像が流れた。

キーワード
世界水泳
光州(韓国)

エンディング (その他)
02:50~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 1月28日 放送
  3. 次回の放送