検事の本懐

『検事の本懐』(けんじのほんかい)は、柚月裕子の短編推理小説集。第25回(2012年)山本周五郎賞候補、第15回(2013年)大藪春彦賞受賞作。佐方貞人シリーズの第2作目であり、第1作の『最後の証人』では弁護士として活躍した佐方貞人がまだ検事だった頃の話が集められている。『最後の証人』を出版後、読者から「続編が読みたい」「もっと佐方が読みたい」という声が相次ぎ、著者自身も佐方という人物を描ききれなかったという思いがあったため、編集者と相談し、続編の制作が決定した。当初、「次は佐方を軸にした作品を書こう」という話だったが、出来上がってみれば佐方の視点からの物語ではなく、周りの人間から見た佐方貞人、という作品になったとインタビューでは話している。また、前作の『最後の証人』に続き今作に関しても柚木が尊敬する横山秀夫が書評を公開している。2016年、本作を原作としたテレビドラマが放送された。詳しくは佐方貞人シリーズ#テレビドラマを参照。

出典:goo Wikipedia

これまでの放送回 (新着順)

1件中 1件~1件を表示

  1. 1