題名のない音楽会 2018年5月26日放送回

『題名のない音楽会』(だいめいのないおんがくかい、英字表記:Untitled Concert)は、1964年8月から放送されているクラシック系音楽番組。1966年3月まで東京12チャンネル(現:テレビ東京)が制作し、同年4月より現在までNETテレビ→テレビ朝日が制作している。また1968年10月から1969年6月までは放送を休止した。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年5月26日(土) 10:00~10:30
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
10:00~

オープニング。本日のテーマは「実はこんな曲だった!オリジナル曲を知る音楽会」。

キーワード
松武秀樹
小原孝
反田恭平

実はこんな曲だった!オリジナル曲を知る音楽会 (バラエティ/情報)
10:02~

お風呂が沸きましたというメロディは実はピアノ練習曲の一節だった。この曲はT.エステンが作った曲で、ピアノの発表会などでうまく弾ける憧れの曲である。

小原孝が「人形の夢と目覚め」を披露した。

羽生結弦が平昌オリンピックショートプログラムの演技曲はショパン「バラード第1番」。実は 演奏時間10分を超える大曲だった。演奏するのはショパンの音楽を学ぶためポーランドで活動しているピアニスト・反田恭平。バラードとはフランス語で物語という意味で、ドラマティックである。ショパン「バラード第1番」を弾く際イメージしていることは薄暗い森のなかにいる主人公と妖精。

反田恭平が「バラード第1番」を披露した。

エレクトリカルパレードは実は電子音楽の原曲があった。G.キングスレイとJ.ペリーが1967年に初期のシンセサイザーを駆使して2人で作った「バロック・ホウダウン」がエレクトリカルパレードの原曲である。今回はモーグを使って演奏する。風の音は電気的に発生させたノイズに音色を変えるフィルターを使って作り出した音。

松武秀樹が「バロック・ホウダウン」を披露した。

偉人たちが残した言葉。

夢響のオーディション開催のお知らせ。

キーワード
東京オペラシティコンサートホール
T.エステン
人形の夢と目覚め
平昌オリンピック
F.ショパン
バラード第1番
羽生選手
エレクトリカルパレード
G.キングスレイ
J.ペリー
バロック・ホウダウン
モーグ
夢響
題名のない音楽会

エンディング (その他)
10:26~

次回予告。

エンディング (その他)
10:28~

エンディング映像。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月26日 放送
  3. 次回の放送