オスカル!はなきんリサーチ 小芝風花が知りたい「この夏食べるべきかき氷」

『オスカル!はなきんリサーチ』とはテレビ朝日にて2016年10月8日より土曜未明(金曜深夜、『朝まで生テレビ!』が編成される毎月1回〈最終金曜の翌日未明の場合が多い〉を除く)に放送されている情報バラエティ・ランキング番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月22日(土) 1:20~ 1:50
放送局 テレビ朝日

番組概要

知りたがリサーチ (バラエティ/情報)
01:21~

今回調査するのはかき氷。日本かき氷協会の代表でかき氷のガイドブックの製作に携わる小池さんがこの夏食べるべき5つのかき氷をセレクト。今回は小芝風花の依頼で、安藤なつは好きなかき氷にブルー・ハワイと答えた。

東京・代々木にあるコンテナートは様々な種類の紅茶の茶葉やその紅茶を入れる際に使う茶器を販売。さらに紅茶を楽しむこともでき、そんな店のオススメはロイヤル・ミルクティーのかき氷。紅茶のシロップと氷の中で涼をとれるという。氷はふわふわ系でミルクとアッサムの自家製ミルクティーシロップをかける。紅茶の渋みを残しつつ、ミルクとの甘さを引き立たせる。4層ほど重ねて完成。口溶けがよくシロップに溶けすぎない削りとなっている。スタジオにも登場しその味に安藤なつは霞みたいと答えた。

東京・調布市にあるあずきや 安堂では自家製あんこで今川焼きを作っているが、かき氷には塩みるくあずきがある。中でも福原農園の甘夏はフワフワの氷に自家製のシロップは甘夏の実だけでなく皮も使われている。こうすると味に深みが増す大人味。このかき氷は夏限定で、その味に小芝風花はとても美味しいと答えた。

東京浅草にある浅草浪花家はたい焼きの名店の麻布十番の浪花屋総本店から暖簾分けして2010年にオープンした。たい焼きでも使うあんこは店内で作っており、そのかき氷はあさやけ。富士山のあさやけをイメージしたかき氷で、完全に一人でかき氷を提供していて、いつでも美味しさが変わらないという。その氷の上にあんこと自家製いちごシロップをかける。しかし店の都合であさやけはスタジオには来ず。かわりに籠谷さくらが試食。その味にあんこといちごがよくあっていると答えた。さらにたい焼きとかき氷と「やきそばを食べると美味しいと小池さんは答えた。スタジオには代わりにたいやきが登場した。

東京・府中にあるシェ アンディ ラボは洋菓子のお店でパティシエの技術が詰まったかき氷で、シロップもその技術が生かされ、食べるとびっくりすると小池さんは答えた。ケーキのようなイートンメスにはいちごとヨーグルト、レアチーズケーキのクリームと生のいちごを使っている。さらに小池さんは去年くらいからかき氷がガラッと変わったと答え、より手の混んだかき氷を提供していると述べた。その味に安藤なつは縁日の味じゃないと答え、イートンメスの意味は「メレンゲ、クリーム、イチゴを使ったイギリスの初夏のデザートの事だという。

東京二子玉川にある花冠陽明庵は高級料理店だが、夏は土日限定でかき氷が食べられる。宇治金時の歴史からかき氷を表現しているという。 シロップは使わずに全体にきび砂糖をかけてその上から初むかしという抹茶を直接振りかける。この抹茶は高級なもので100グラム10000円以上。その上にこしあんを乗せて完成。小池さんはこのかき氷はパウダーのようなサラサラしたかき氷だと答えた。スタジオに登場し、小芝風花はその味に不思議なお上品な味と答えた。

次回のリサーチテーマ発表!

キーワード
日本かき氷協会
かきごおりすと
代々木(東京)
アッサム
ロイヤル・ミルクティー
調布市(東京)
塩みるくあずき
福原農園の甘夏
浅草(東京)
浅草浪花家
あさやけ
浪花屋総本店
たいやき
やきそば
府中(東京)
イートンメス
二子玉川(東京)
初むかし
宇治金時の御氷

エンディング (その他)
01:46~

オスカル!はなきんリサーチの次回予告。

エンディングテーマ「ふたり」花岡なつみ

キーワード
花岡なつみ
ふたり
  1. 前回の放送
  2. 6月22日 放送
  3. 次回の放送