アップデート大学 2017年9月21日放送回

放送日 2017年9月21日(木) 2:21~ 2:51
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
02:22~

オープニング映像。

超過酷な旅を全て運だけで乗り切る男 (バラエティ/情報)
02:22~

今回のサンプルさんは「極寒のカナダ~アラスカ3200kmを徒歩で制覇する絶対ヤバい旅を全部運だけで乗り切ってしまった人」ヨシダさん。小さい頃からカナダ・アラスカに憧れていたヨシダさんだが、カナダとアラスカを繋ぐ道路には信号や標識がほとんどない。一人旅はズブの素人だというヨシダさんは出発の際、姉から「何かあったら開けてね」と手紙を渡された。

超過酷な旅を全て運だけで乗り切る男・ヨシダさんの体験談から対策などをアップデート。旅の素人のヨシダさんは1週間程度の食糧でOKのところ、2週間分を持っていき、サバイバルナイフの代わりにステーキナイフを購入した。ヨシダさんによるとクマと闘ったら良いナイフでもどうせ死ぬだろうなどと話した。

超過酷な旅を全て運だけで乗り切る男・ヨシダさんの体験談から対策などをアップデート。ヨシダさんの前に怒れるトラック野郎が現れたが、蛍光塗料付きのTシャツを投げつけられ、最後に「Good Luck」と言って去っていったという。

アップデート大学が23時台に進出!番組名は「激レアさんを連れてきた。」で10月2日より毎週月曜よる11時15分からスタート。

6日目にウォノウォンに着いたヨシダさんが野宿の準備をしていた所、屈強なへべれけ3人衆が現れ、ドライブ行こうぜと誘われたと語った。ヨシダさんは断ったが、拉致状態で車の中でビールを飲みながら山に連れて行かれ、その山では爆竹で遊んだと語った。

その二日後、吹雪に見舞われたヨシダさんはテントを張る場所を探していた。そこにヘアルド&ポールと名乗る男二人組がテントを張れる場所まで案内してくれたと語った。小屋に住んでいた二人にヨシダさんは呼ばれ、夜にはビールでどんちゃん騒ぎをしたと答えた。そんな中、二人が元レンジャーのローガンという男を連れてきた。「ゴールまで連れてって上げる。」と言われ、結局200キロ先まで送ってもらったが、ヨシダさんは歩きたかったためにまた元の場所に戻り歩いたという。

バイソンがこっちに向かって突進して来ようとした時に、一台の車がリヤカーの速度に合わせてくれ抜け出せたと語った。さらにその先ではオオカミ犬が現れ、近づいてきたがお腹を見せてきて懐いてきたと語った。だが一悶着があり、けん制状態の時に一台のトラックが停まってくれたと語った。

ヨシダさんの前に大きな熊が3頭が現れたが、車が停まり親切なドライバーが「乗せてやる。」と言って来た。ヨシダさんは乗車を拒否し、再び戻ってきた運転手が「後ろにもう一頭いる。」と答えた。だがヨシダさんは一度拒否をしたがために、引っ込みがつかなくなり、クマがいる端っこを通った。クマは何事もなく退散したという。

ヨシダさんが歩いていた所ギャング7人に遭遇。正面から車が来て、降りてきた7人のギャングが「お前何者だ?」と尋ねてきたという。ヨシダさんは「I LOVE CANADA!」と答え、ギャングはそれに対し「GOOOOOD!」と答え、親分が感動し70ドルくれたと語った。旅が何事もなく終わり、お姉さんに出発前もらった手紙は中身を見ないまま返したという。

キーワード
カナダ
アラスカ(アメリカ)
バイソン
オオカミ犬
グリズリー

エンディング (その他)
02:47~

ヨシダさんが感じたことは「旅の強運はほどほどに。」だった。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 9月21日 放送
  3. 次回の放送