タモリ倶楽部 2014年7月26日放送回

『タモリ倶楽部』(タモリくらぶ、英称:Tamori Club)は、テレビ朝日系列で1982年(昭和57年)10月9日から放送されている日本の深夜バラエティ番組。タモリが司会を務める冠番組であり、36年続く長寿番組。モノステレオ放送、ハイビジョン制作(2010年7月10日放送分より)、字幕放送(2015年1月17日放送分より)が実施されている。番組サブタイトルは、英称:「FOR THE SOPHISTICATED PEOPLE」が使用されている(番組タイトルの節も参照のこと)。この項目では、前身番組でタモリ司会のバラエティ番組『夕刊タモリ!こちらデス』(ゆうかんタモリ!こちらデス)についても触れる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年7月26日(土) 0:20~ 0:50
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
00:21~

オープニング映像。

オープニング (その他)
00:22~

タモリさんが東京メトロ綾瀬駅0番線で電車が通過する騒音の中オープニングの挨拶と今回の企画説明。今回は東京メトロ千代田線の綾瀬駅と北綾瀬駅間いわゆる盲腸線を走っていた東京メトロ5000系のラストランに乗車できると説明し、今回のゲストが登場。

今回の企画説明。東京メトロ千代田線の綾瀬駅と北綾瀬駅間を結んでいる東京メトロ千代田線北綾瀬支線は約2.1キロで乗車時間4分という短い区間ながらここでしか見ることのできない東京メトロ5000系が運行していた。しかしその5000系が5月末で引退した。そこで今回はこの番組史上最短区間の貸し切りで5000系のラストランに乗車する。さらに伝説のあの名車が今夜限りの復活をする。

キーワード
東京メトロ千代田線
5000系
東京メトロ5000系
東京メトロ千代田線北綾瀬支線

さよなら東京メトロ5000系 (バラエティ/情報)
00:24~

今回は東京地下鉄千代田線北綾瀬支線で5月末まで走っていた東京メトロ5000系のラストランに乗車する。ホームに入線してきた5000系に乗車した一行は運転台や特別に作られた中吊り広告を見て興奮していた。また今回の旅は東京メトロの吉田隆紀さんが案内する。さらに今回は引退後だということでATO運転ではなく手動で運転される。

今回は東京地下鉄千代田線北綾瀬支線で5月末まで走っていた東京メトロ5000系のラストランに乗車する。一行は運転席の後ろから列車の前景を見ながら小田急ロマンスカーMSE(60000形)などすれ違う車両について話していたが、鉄道に詳しくない飯塚悟志さんは置いてけぼりにされていた。そして北綾瀬駅に到着した一行は復路も乗りたい言いだしたが、許可が出たためそのまま乗車し、綾瀬駅に到着する寸前に東京メトロ6000系と小田急4000形に囲まれその後綾瀬駅に到着した。綾瀬駅に到着した一行は三本締めをしてラストランを締めくくった。だがこのあと綾瀬車両基地で東京メトロ6000系ハイフン車の列車検査を見学するためそのまま北綾瀬駅を通過して向かうことになった。

今回は東京地下鉄千代田線北綾瀬支線で5月末まで走っていた東京メトロ5000系のラストランに乗車する。綾瀬車両基地で東京メトロ6000系ハイフン車の列車検査を見学するためそのまま北綾瀬駅を通過して綾瀬車両基地に到着した一行は車両を眺めながら六角精児さんが5000系に捧げる歌「僕は忘れない」を披露した。

今回は東京地下鉄千代田線北綾瀬支線で5月末まで走っていた東京メトロ5000系のラストランに乗車する。綾瀬車両基地で東京メトロ6000系ハイフン車の列車検査を見学するためそのまま北綾瀬駅を通過して綾瀬車両基地に到着した一行は、特別に6000系ハイフン車の制輪子いわゆるブレーキパッドの交換作業を体験させてもらう。しかしその作業ははるかに地味だったため今回は省略する。

ここで特別企画を実施する。かつて現在の東京メトロ日比谷線で1961年から1994年まで活躍しその後長野電鉄に譲渡され2007年から綾瀬車両基地で保存されている“マッコウクジラ”の愛称で親しまれていた営団3000系を今回特別に基地内を自力走行してもらう。しかし非常に貴重な車両のため客車部分は乗車不可で乗務員室のみ乗車可能だ。だが乗れるのは2人のみで番組のレギュラーだという理由でタモリさんは確定され、飯塚悟志さんは辞退、残り1枠をかけてゲスト4人がガチじゃんけんを行った。その結果タモリさんと土屋礼央さんが乗車することになった。

キーワード
東京メトロ5000系
東京メトロ千代田線北綾瀬支線
東京メトロ
ATO運転
小田急ロマンスカーMSE(60000形)
東京メトロ6000系
4000形
東京メトロ6000系ハイフン車
僕は忘れない
制輪子
営団3000系
東京メトロ日比谷線
長野電鉄
ガチじゃんけん

空耳アワー (バラエティ/情報)
00:40~

コーナーオープニング。

タモリが「空耳アワー」の投稿者募集をした。

恒例企画だがタモリさんの相手をする安齋肇さんがまだ到着していない。だがタモリさんによると遠方地でのロケの場合よくあるという。そのため到着するまで土屋礼央さんが代役をすることになった。

フランク・シナトラ「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」の空耳作品を紹介。

テレンス・トレント・ダービー「ドゥ・ユー・ラヴ・ミー・ライク・ユー・セイ?」の空耳作品を紹介。

遅れていた安齋肇さんが到着したがすでに土屋礼央さんが代役をしていたので後ろで見守ることになった。そしてザ・フー「ナウ・アイム・ア・ファーマー」の空耳作品を紹介。

キーワード
安齋肇さん
フランク・シナトラ
フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
テレンス・トレント・ダービー
ドゥ・ユー・ラヴ・ミー・ライク・ユー・セイ?
ナウ・アイム・ア・ファーマー
ザ・フー

さよなら東京メトロ5000系 (バラエティ/情報)
00:45~

かつて現在の東京メトロ日比谷線で1961年から1994年まで活躍しその後長野電鉄に譲渡され2007年から綾瀬車両基地で保存されている“マッコウクジラ”の愛称で親しまれていた営団3000系を今回特別に基地内を自力走行してもらう。しかし非常に貴重な車両のため客車部分は乗車不可で乗務員室のみ乗車可能だ。だが乗れるのは2人のみで番組のレギュラーだという理由でタモリさんは確定され、飯塚悟志さんは辞退、残り1枠をかけてゲスト4人がガチじゃんけんを行った。その結果タモリさんと土屋礼央さんが乗車することになった。

キーワード
営団3000系
東京メトロ日比谷線
長野電鉄
ガチじゃんけん

エンディング (その他)
00:48~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 7月26日 放送
  3. 次回の放送