タモリ倶楽部 細分化しすぎなニュー鉄

『タモリ倶楽部』(タモリくらぶ、英称:Tamori Club)は、テレビ朝日系列で1982年(昭和57年)10月9日から放送されている日本の深夜バラエティ番組。タモリが司会を務める冠番組であり、36年続く長寿番組。モノステレオ放送、ハイビジョン制作(2010年7月10日放送分より)、字幕放送(2015年1月17日放送分より)が実施されている。番組サブタイトルは、英称:「FOR THE SOPHISTICATED PEOPLE」が使用されている(番組タイトルの節も参照のこと)。この項目では、前身番組でタモリ司会のバラエティ番組『夕刊タモリ!こちらデス』(ゆうかんタモリ!こちらデス)についても触れる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年9月14日(土) 0:20~ 0:50
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
00:21~

オープニング映像。

細分化しすぎなニュー鉄 (バラエティ/情報)
00:23~

ゲストに土屋礼央と市川紗椰とカズレーザーが登場。今回は独特な鉄道の愛し方をしている3名を迎えて、新たな鉄道の楽しみ方を追求するという。

最初はジョグ鉄の坂田恭造さんが登場した。ジョグ鉄というのは始発駅から終点までジョギングするという鉄道マニアだという。ジョグ鉄に目覚めたきっかけは、マラソンが元々好きで、練習のために新宿から八王子まで走った際に自分が鉄道そのものになった気がしたためだと語った。

実際にジョグ鉄とはどのようなものなのか解説するために新宿駅を始発、終点を京王八王子駅として、本人の過去の記憶に基づいて再現した。電車を脇に見ながら走るとテンションが上がるという。そしてスタートから6時間程度で京王八王子駅に到着した。到着後は手短に銭湯や食事に行って電車で戻るという。

坂田恭造さんがジョグ鉄で特に苦労した思い出のルートは西鉄新宮駅から大牟田駅までの計124kmのルートだったという。途中で大雨が降って「何のために走っているのか」と思ったことがあったという。

次はもじ鉄を特集。もじ鉄の石川祐基さんは、駅にある看板などの文字の書体を愛でるのがもじ鉄だと解説した。駅でのアルバイトでフォントの違いに気付いてから夢中になったという。これまで日本全国166社の駅名標を収集したと石川祐基さんは語った。中でもお気に入りなのが「横浜」と「新福井」と「枚方市」の文字フォントだと石川祐基さんは語った。

最後は自作LED鉄の千ラシさん。自作LED鉄とは車両側面のLED表示器を自作する鉄道マニアだという。きっかけは鉄道会社のイベントで廃品だった車内LED表示器を購入したことだという。そこで実際に自作したLED表示器を見せてもらった。のべ500パターンが可能だと千ラシさんは語った。

キーワード
鉄道居酒屋 Little TGV
西鉄新宮駅
大牟田駅
西鉄天神大牟田線
横浜
東京
えちぜん鉄道
新福井
JR東海
京阪電鉄
枚方市

空耳アワー (バラエティ/情報)
00:43~

ジ・オリンピックス「ハリーガリー」の空耳を紹介した。

トーキング・ヘッズ「サイコ・キラー」の空耳を紹介した。

空耳アワーの応募先を伝えた。

キーワード
タモリ倶楽部
ジ・オリンピックス
ハリーガリー
トーキング・ヘッズ
サイコ・キラー

細分化しすぎなニュー鉄 (バラエティ/情報)
00:45~

自作LED鉄の千ラシさんのLED表示器には縦型のものもあるということで見せてもらった。そこでヘッドサインを全8パターン自作したと伝えた。

キーワード
JR東日本

エンディング (その他)
00:47~

「タモリ倶楽部」の次回予告。

エンディング映像。

番組宣伝 (その他)
00:47~

金曜日のどっち!?の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 9月14日 放送
  3. 次回の放送