タモリ倶楽部 2018年4月21日放送回

『タモリ倶楽部』(タモリくらぶ、英称:Tamori Club)は、テレビ朝日系列で1982年(昭和57年)10月9日から放送されている日本の深夜バラエティ番組。タモリが司会を務める冠番組であり、36年続く長寿番組。モノステレオ放送、ハイビジョン制作(2010年7月10日放送分より)、字幕放送(2015年1月17日放送分より)が実施されている。番組サブタイトルは、英称:「FOR THE SOPHISTICATED PEOPLE」が使用されている(番組タイトルの節も参照のこと)。この項目では、前身番組でタモリ司会のバラエティ番組『夕刊タモリ!こちらデス』(ゆうかんタモリ!こちらデス)についても触れる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年4月21日(土) 0:20~ 0:50
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
00:21~

オープニング映像。

京急創立120周年記念 幻の新品川から出発進行! (バラエティ/情報)
00:23~

出演者たちが京急創立120周年を祝いながら登場。市川紗椰は2年ぶりの出演となる。京急電鉄広報部・大久保美里さんが案内役を勤める。

幻の新品川や今だけしか乗れない限定車両を体験。京急創立120周年記念幻の新品川から出発進行。

幻の新品川を訪れた一行。普段は業務用の廃棄物を出す時などに使用されている。新品川駅に貸切電車が到着すると1番最初にタモリが乗車した。

車内で京急車両ビンゴを開催し、すれ違う車両でビンゴを楽しむ。大久保美里さんは「2000形とすれ違うのは難しいかも」と説明した。今回は制御器からの発生音を聞いて判別する。

前面展望の4席の着席権をかけ5人でじゃんけん勝負。負けた市川に変わり南田が立つことになった。大久保美里さんのアナウンスで出発進行。

1500形(VVVF制御車)とすれ違い音を確認し一行は大興奮した。

新品川から京急川崎を目指す。品川駅で2100形とすれ違い、さらに新1000形(1800番台)ともすれ違いダブルリーチとなった。追い越し待ちのため鮫洲駅で一旦停車。1500形の音の違いを解説した。その後、京急蒲田を出発した一行は通常ではありえないルートで京急川崎駅を目指した。

京急・飯島学さんが「京急120年の歩み号」について解説。リベット留めなどが再現されており歴代の車両を再現した4両編成のラッピング列車となる。車内の広告スペースには京急の歴史情報などが掲示されている。

京急120年の歩みクイズ。正解者には120周年記念グッズを進呈。Q.京急が白い帯をまとった理由は?正解は「速度感を持たせるため」だった。正解した市川に「京急創立120周年記念 優待乗車証」がプレゼントされた。さらに三崎口駅の駅名が“現在は三崎マグロ駅に”変更されていることなどを紹介した。

今週はここで時間切れとなった。

「タモリ倶楽部」次回予告。

キーワード
京浜急行電鉄
京急品川駅
新品川駅
2000形
新1000形(アルミ車)
新1000形(ステンレス車)
1500形(界磁チョッパ制御車
1500形(VVVF制御車)
600形
京急川崎駅
品川駅
2100形
北品川駅
新1000形(1800番台)
鮫洲駅
1500形(界磁チョッパ制御車)
京急蒲田駅
京急120年の歩み号
京急創立120周年記念 優待乗車証
三崎ロ駅

エンディング (その他)
00:47~

エンディング映像。

番組宣伝 (その他)
00:47~

東京らふストーリーの番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 4月21日 放送
  3. 次回の放送