タモリ倶楽部 クイズ鳥の聞きなしアワーこの鳥、何て鳴いてる!?

『タモリ倶楽部』(タモリくらぶ、英称:Tamori Club)は、テレビ朝日系列で1982年(昭和57年)10月9日から放送されている日本の深夜バラエティ番組。タモリが司会を務める冠番組であり、36年続く長寿番組。モノステレオ放送、ハイビジョン制作(2010年7月10日放送分より)、字幕放送(2015年1月17日放送分より)が実施されている。番組サブタイトルは、英称:「FOR THE SOPHISTICATED PEOPLE」が使用されている(番組タイトルの節も参照のこと)。この項目では、前身番組でタモリ司会のバラエティ番組『夕刊タモリ!こちらデス』(ゆうかんタモリ!こちらデス)についても触れる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年1月28日(土) 0:20~ 0:50
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
00:21~

オープニング映像。

クイズ 鳥の聞きなしアワー この鳥、何て鳴いている!? (バラエティ/情報)
00:21~

今日は目黒区の都立大学からスタート。東京03の角田晃広らとサバンナの高橋茂雄が登場。鳥の鳴き声を意味のある言葉に変えて覚えやすくすることを聞きなしというが、その中で有名なのがウグイスの「法 法華経」だと飯塚悟志が説明した。

今宵はディープな”聞きなし”の世界をご案内する。クイズ 鳥の聞きなしアワー この鳥、なんて鳴いている!?

今回、聞きなしを解説するのは自然録音家の上田秀雄さん。かえるやセミ、野鳥などの鳴き声を録音しているという。儲かることもあるがだいたい閑古鳥が鳴いている、とコメントして拍手喝采を浴びた。聞きなしは、鳴き声がああいう風に聞こえたよ、などといって楽しむという。

2チームに別れて鳥の聞きなしを答えていく。第1問はホトトギス。ホトトギスの鳴き声を聞いて、出演者がホワイトボードにホトトギスはなんと鳴いているか、回答を書く。タモリは「結局 北極」と回答。正解は、「特許許可局」だった。日本野鳥の会の創設者・中西悟堂の著書、定本野鳥記にも記載されているという。

第2問はイカルの聞きなしを考える。タモリは、ご注文はと聞かれた時だとして「大き?大きいコーヒー」と回答。豊本は「8,9,10,12」と回答した。正解は「お菊二十四」だった。

キーワード
東京03
サバンナ
ウグイス
コノハズク
ホトトギス
定本野鳥記
春秋社
イカル

クイズ 鳥の聞きなしアワー この鳥、何て鳴いている!? (バラエティ/情報)
00:35~

鳥の聞きなしクイズ、第3問はフクロウ。タモリチームは「毛布 ごうつく毛布」。東京03チームは「GO HOME ローストビーフ」と回答したが、正解は「小僧、鼻くそくうかあ」だった。

第4問は、センダイムシクイの聞きなしを考える。東京03チームは、「金曜日にヒア」と回答。タモリチームは「ちっちゃいじじい」。正解は、「焼酎一杯グィー」。タモリに字数が合わないと言われるなど、出演者は納得できない様子だった。

上田さんが野鳥をおびき寄せるバードコールを公開。まずは一般的な小鳥の鳴き声を出すAUDUBON バードコール。音を聞いて嫌がる高橋に、タモリがさらに音を聞かせた。続いて、Quelle est Belle Companyのホシムクドリなど、バードコールを紹介した。

キーワード
フクロウ
センダイムシクイ
audubon バードコール
Quelle est Belle Company
ホシムクドリ
カッコウ

空耳アワー (バラエティ/情報)
00:42~

タモリがタイトルコールをし、安齋肇を紹介した。

リヴィング・アフター・ミッドナイト / ジューダス・プリーストの空耳「冷麺 温めんな!」を紹介した。

タモリが「空耳アワー」の投稿者募集をした。東京都港区六本木テレビ朝日 タモリ倶楽部「空耳アワー」係まで。

タモリがタイトルコールをし、安齋肇を紹介した。

ストリーツ・オン・ファイヤー / U.D.Oの空耳は、「FEELING COLD INSIDE ABOUT WHAT」が「チ◯コに咲いた薔薇」に聞こえると紹介された。

キーワード
ジューダス・プリースト
リヴィング・アフター・ミッドナイト
テレビ朝日
タモリ倶楽部
ストリーツ・オン・ファイヤー
U.D.O

エンディング (その他)
00:47~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 1月28日 放送
  3. 次回の放送