ビートたけしのTVタックル 交通事故ミステリーSP

『ビートたけしのTVタックル』(ビートたけしのテレビタックル)は、テレビ朝日系列にて1989年7月3日から放送されている、政治を題材にした討論バラエティ番組である。ビートたけしが司会を務める冠番組。通称は『TVタックル』。新聞や雑誌のラテ欄に文字数の制限上『たけしのTVタックル』と表記されることがある。ステレオ放送(2014年3月31日放送分より)、文字多重放送(2012年4月2日放送分より)、ハイビジョン制作を実施している。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年9月1日(日) 18:30~19:58
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
18:30~

オープニング映像が流れた。

交通事故多発交差点ワースト10 (バラエティ/情報)
18:30~

日本損害保険協会が調査した事故多発交差点で、過去3年間のデータを集計してワースト10を発表する。まずは10位の千葉西警察署で信号無視が多発する「千葉西警察署入口交差点」を紹介する。この交差点は2つが交差し、車の通りも多かった。2年前にはトラックと軽ワゴン車による衝突事故など、17件の事故が起きている。交通事故鑑定人の中島さんは「事故が多発しているのは、高架橋側から進行する車が、交差点1を通過した後に交差点2を無視して事故が起こる。これは信号1と信号2を同じと判断しているため」などと話す。

交通事故多発交差点ワースト10 (バラエティ/情報)
18:36~

「千葉西警察署入口交差点」では信号1と信号2を同じと思い込み、交差点では停止できないとそのまま直進して信号無視となるため、事故に繋がるという。

世間を騒がせているあおり運転や、世間をざわつかせている交通問題の中でTVタックルは全国各地に点在する危ない交差点に注目した。今回はそんな事故多発交差点をランキング形式で紹介する。

東京・台東区にある錯覚で事故が多発する交差点がある。浅草駅から約1.5kmにある蔵前1丁目交差点では江戸通りから右折時の事故が多い。見通しのいい交差点なのに突如歩行者が現れる。交通事故鑑定人が調査。一見すると普通の交差点だがドライバーを混乱させる錯覚とは?

キーワード
日本損害保険協会
千葉西警察署
台東区(東京)
蔵前1丁目交差点
江戸通り
蔵前橋通り

交通事故多発交差点ワースト10 (バラエティ/情報)
18:44~

東京・台東区にある蔵前1丁目交差点の横断歩道は台形のようになっていて、それがポンゾ錯視を起こす。ポンゾ錯視は遠近法で書かれた背景があると実際の大きさを誤認するというもの。蔵前交差点の横断歩道はポンゾ錯視が起きる構造。一般的な横断歩道と比較すると歩行者が想定より早く目の前に現れた。急に人がでてきたように感じ事故が起きるという。

ポンゾ錯視を引き起こす交差点に杉村太蔵は、危険で突然目の前に人がいるような感覚だと話した。中島博史はこれで事故が多いと分かれば解消されるなどとコメント。

東京神奈川千葉埼玉交通事故多発交差点ワースト10。9位は

キーワード
台東区(東京)
蔵前1丁目交差点
江戸通り
蔵前橋通り
ポンゾ錯視
交通事故
川崎市(神奈川)
鋼管通り交差点
鋼管通り
産業道路

交通事故多発交差点ワースト10 (バラエティ/情報)
19:27~

ワースト2位 朝と昼で景色が変わる交差点とは?

  1. 前回の放送
  2. 9月1日 放送
  3. 次回の放送