ビートたけしのTVタックル 2019年8月18日放送回

『ビートたけしのTVタックル』(ビートたけしのテレビタックル)は、テレビ朝日系列にて1989年7月3日から放送されている、政治を題材にした討論バラエティ番組である。ビートたけしが司会を務める冠番組。通称は『TVタックル』。新聞や雑誌のラテ欄に文字数の制限上『たけしのTVタックル』と表記されることがある。ステレオ放送(2014年3月31日放送分より)、文字多重放送(2012年4月2日放送分より)、ハイビジョン制作を実施している。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年8月18日(日) 11:55~12:55
放送局 テレビ朝日

番組概要

1週間の気になるニュース (ニュース)
11:55~

茨城県常磐自動車道 で起きた危険なあおり運転。ことの発端は追い越し車線を走る男性の車を白いSUVが猛スピードで追い越したことだった。白いSUVは急な幅寄せ、蛇行運転などをし、男は男性に暴行した。

ブラジル、リオデジャネイロでは麻薬密売組織のボスの1人の男が娘の服を借り女装、脱獄を図ったがあえなく失敗した。男はセキュリティの厳しい場所に移送されたが脱獄事件から3日後、死亡しているのが発見されたという。

今年6月静岡県南伊豆の沿岸で過去最多となる末端価格約600億円、およそ1トンの覚醒剤を押収した。海上で積荷を受け渡す瀬取りという方法で密輸されたとみられる。今年2月には覚せい剤に加工されるt-bocメタンフェタミンが密輸されようとされた事件もあった。アナログな手口の密輸が横行しているという。

海外旅行には思わぬ落とし穴が沢山ある。そこで海外でトラブルに巻き込まれないために丸山ゴンザレスがうっかり近づくと危ない現場を紹介する。危ない現場1つめは「違法薬物」。ロサンゼルスにある観光地として有名な「リトル・トーキョー」。そこに隣接する形で麻薬中毒者が路上生活している。そのエリアは「スキッド・ロウ」と呼ばれるダウンタウンで白昼堂々とドラッグの売買が行われている。また、日本でイメージする大麻とアメリカやカナダなどで展開しているマリファナビジネスのイメージに開きがあり、一見ドラッグストアに見える建物は実はマリファナショップで、店内外の様子はブティックの様にキレイで、その地域では違法ではないという点から違法に配するハードルが下がった状態で大麻を購入してしまうという。商品の中には「大麻入りのクッキー」などがあるが日本への持ち込みは違法。さらに普通のTティーパックのお茶に見える商品も表記をみるとコカインの原材料である「コカの葉」を使用している。

危ない現場2例目は「偽ブランド」。日本人のイメージにブランド好きというのがあり、色んな有名なブランド名を出して買わないかと市場で声をかけられるという。韓国にあるカバン屋は一見すると普通のカバン屋に見えるが売っている商品は全て偽ブランド品だという。偽物のため日本に持ち帰るときは税関でつかまる可能性があり、大量に仕入れている時は処罰される可能性がある。丸山ゴンザレスさんは旅行先の法律はマメにチェックしたほうが良いと話した。

キーワード
常磐自動車道
茨城県
リオデジャネイロ(ブラジル)
t-bocメタンフェタミン
朝日新聞
南伊豆町(静岡)
千葉県
スペイン
コロンビア
ポルトガル
バンコク(タイ)
ドイツ
違法薬物
リトル・トーキョー
大麻
スキッド・ロウ(アメリカ)
カナダ
コカの葉
コカイン
関税法
商標法
韓国

オープニング (その他)
12:07~

オープニング映像。”国境の島”津島に押し寄せる漂着ゴミの実態は!?など放送内容を伝えた。

キーワード
漂着ゴミ
対馬市(長崎)

1週間の気になるニュース (ニュース)
12:07~

日本の安全を水際で守っている東京税関成田税関支署に完全密着した。税関検査場では、違法薬物・テロ関連物資・偽ブランド品などの国内流入を取り締まっている。午前7時すぎ、アジア各国からの到着ラッシュを迎えている時、ベトナム便で到着したアジア系の外国人が税関職員に呼び止められていた。この外国人が持ち込んだのは、偽ブランド品14点だった。午後4時すぎ、中国便で到着した外国人の老人が、無許可で畜産物を持ち込もうとして税関職員に呼び止められていた。老人は「じゃあお金を返して下さい。お金を出して買ったものなんだから」と哀願していたが、最後には自ら所有権を放棄した。

九州と朝鮮半島の間に浮かぶ国境の島、対馬には観光客が押し寄せる。その一方で海岸には大量の海洋ゴミが漂着していた。

VTRを振り返りトーク。ビートたけしさんは映画のロケで10数年前くらいに海外に行った際、夜は絶対に車を止めるなと言われたと明かす。スタジオには丸山ゴンザレスさんもおり、日本人が旅行先で気をつけるポイントについてまずは荷物と話す。日本だと携帯電話など何気なくテーブルなどに置くことがあるが、人によっては100ドル札10枚くらいになると考える人もいる。さらに海外ではキャッシュレス化が進んでおりタブレットなどの方が狙い目である。また、出演者で巻き込まれたトラブルについて聞くと菅野さんは昔、子どもたちに囲まれ結果的にはチョコレート1枚の被害で済んだがリュックの一番外側のポケットから盗まれたと明かす。

韓国からの漂着!?海洋ゴミの実態

たけしさんは海外のスリや泥棒について日本語を使って何か見せてきてその間にスられるなど話す。阿川さんは昔、赤ん坊を抱いて「寄付してください」と言って盗みがあったなど話し山口さんはその被害に遭ったと明かす。最近の集団のスリは防犯カメラなどで顔バレしないように壁役で子供たちがターゲットを囲むとゴンザレスさんは説明。また、阿川さんは日本人は高級腕時計をしているという事で奪うため手を切り落とそうとしてくるという話を聞いたことがあると話し、ゴンザレスさんは南米ではよくある手口と話す。他にも合法でハンドキャリーという荷物を運ぶアルバイトはあり、それだと思って引き受けるといつの間にか運び屋になっているケースがあるなど説明した。

日本の安全を水際で守っている東京税関成田税関支署に完全密着した。午前6時30分すぎ、ベトナム便で到着した外国人女性が税関職員に呼び止められた。女性は2組の布団を持っており、違和感を感じた職員は荷物検査を実施。布団の中からは、大量のタバコが出てきたという。免税範囲を20万5000円もオーバーしていた。全ての免税を納めることができず、4万2500円を納め、残りは自ら所有権を放棄したという。

日本の安全を水際で守っている東京税関成田税関支署に完全密着した。ヨーロッパ便で到着した欧米人の外国人客に麻薬探知犬が反応した。結局、薬物は見つからなかったという。税関職員によると、服や荷物に染み付いた大麻などに犬が反応した可能性があるとのこと。

日本の安全を水際で守っている空港の税関について、スタジオでトークが展開された。松田学さんは、10月の消費税10%アップにより、金の密輸が再び横行する可能性があるとして税関は警戒を強めているとコメント。ただ、門型の検査装置で金属探知が出来るようになったため、持ち込もうとしても無駄ともコメントした。

キーワード
長崎県
対馬
海洋ゴミ
ニンジン
広州(中国)
成田税関
成田空港
羽田空港
中部国際空港
関西国際空港
福岡空港
オーストラリア

1週間の気になるニュース (ニュース)
12:32~

長崎・対馬の海岸には覆い尽くすほどの海洋ゴミが漂着していた。2016年度の環境省の調査によると、対馬に漂着するペットボトルのうち40%が韓国製、中国製が17%だった。対馬市から漂着ゴミの調査を依頼されている対馬CAPPAの末永さんによると地理的に仕方がないのだという。潮の流れと風向きの関係で多くの海洋ゴミが対馬に漂着、防波堤のようになっている。対馬CAPPAでは年に1回、日韓の学生等が合同で清掃しているが、全てを拾い尽くすことは不可能という。また年間で回収されるゴミの量はサッカーコート2面分。市は処理など対応しているがいたちごっこという。そして大半はプラスチックゴミで、リサイクルされる一方で安易に投棄されやすく、自然界で分解され難いため海洋汚染の原因となっている。中でも問題とされているのが5mm以下のマイクロプラスチックで、魚などが取り込んでしまう問題があり、食物連鎖で生物全体がプラスチックで汚染されるという。

マイクロプラスチックが人体に与える影響は?

キーワード
環境省
対馬市
対馬CAPPA
長崎県
対馬
東京湾
海洋ゴミ
マイクロプラスチック

1週間の気になるニュース (ニュース)
12:40~

プラスチックには一部有害な化学物質が添加剤として入っており、一週間にキャッシュカード1枚分の量が体に入ると添加剤もかなりの量が体内を通過。一部が蓄積した場合、生殖機能・免疫力の低下等に影響を与えている可能性が大きいと専門家は指摘している。

プラスチックごみ問題について保坂さんによると黒潮によって東シナ海にある中国・韓国・北朝鮮からのものとみられるごみが対馬へ流れているそうで、対馬に漂着するペットボトルの製造国は韓国が40%などとなっている。これに東国原さんは「日本の予算を使って処理するのは不条理」などと述べている。一方で年に1回に日韓の学生等が合同清掃をしている。

マイクロプラスチック汚染を食い止める解決策は?

キーワード
マイクロプラスチック
東京農工大学
プラスチックゴミ
プラスチック
対馬(長崎)
東京大学大学院
黒潮
中国
韓国
北朝鮮

1週間の気になるニュース (ニュース)
12:45~

保坂さんによるとマイクロプラスチックはプラスチックが波や砂浜の力に揉まれたりすると細かくなることもあり、陸の段階でマイクロプラスチックになっているものも。マイクロプラスチックは動物プランクトンと同じ程度のサイズ。東国原さんは「生態系が壊れたら魚が死滅しますからね、このまま行ったら」などと述べていて、丸山さんも漂着したプラスチックはリサイクルは可能だが分別作業が大変などと述べていた。

たけしがプラゴミ問題を斬る!?

キーワード
プラスチックゴミ
プラスチック
対馬(長崎)
東京大学大学院
マイクロプラスチック
プラゴミ

1週間の気になるニュース (ニュース)
12:51~

プラスチック問題についてたけしさんは「解決策が見いだせない。皆が同時に賛成する訳にはいかない」などと述べていた。

キーワード
プラスチック
  1. 前回の放送
  2. 8月18日 放送
  3. 次回の放送