報道ステーション 2019年4月29日放送回

『報道ステーション』(ほうどうステーション)は、2004年(平成16年)4月5日よりテレビ朝日をはじめとしたANN系列が月 - 金曜日(平日)の22時台に生放送している最終版を含めた報道番組。放送第1回目からハイビジョン、ステレオ音声で放送。47都道府県で地上デジタル放送が始まった事を受け、2006年(平成18年)12月4日から番組に連動させたデータ放送を開始した。2013年(平成25年)4月1日よりリアルタイム字幕放送も実施している。番組タイトルロゴおよび番組上の表記は『報道STATION』。番組の略称は『報ステ』(ほうすて)。番組のキャッチフレーズは『今日、何があったか(第1期)』『ぐっと近づく(第2期)』。以下、古舘時代を第1期、富川時代(第1シリーズ)→富川・小木時代(第2シリーズ)を第2期とする。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年4月29日(月) 21:54~23:15
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
21:54~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
21:54~

埼玉県・越谷市のイオンレイクタウンでスプレーのようなものが巻かれ3~70歳まで22人が目の痛みなどを訴え、11歳の少年と47歳の女性2人が病院に運ばれた。いずれも症状は軽い。2人組の男がカフェで店内に向けてスプレーを噴射したとの目撃情報があり、警察が確認を進めている。

覚醒剤を密輸しようとした疑いで経済産業省の官僚が逮捕された。その手口は国際郵便を使ったものだった。

キーワード
イオンレイクタウン
越谷市(埼玉)

ニュース (ニュース)
21:58~

昭和天皇から引き継いだもの…

覚醒剤を密輸しようとした疑いで男が逮捕された。男は経済産業省の自動車課の課長補佐を務めるキャリア官僚だった。逮捕のきっかけは覚せい剤が入っていた国際郵便を受け取ったこと。今月15日、アメリカ・ロサンゼルスから成田空港に国際郵便でファッション雑誌が到着。税関職員が調べた所、雑誌の袋とじのページに覚せい剤約22gが隠されていた。通報を受けた警察が覚せい剤を入れ替え泳がせ捜査をすると、自宅に雑誌が配達されたところを現行犯逮捕された。男は雑誌は受け取ったが、中の覚せい剤は知らなかったと供述している。ここ数年は個人がインターネットを通じて海外サイトから不正薬物を買うのが増えてきており、それに伴い国際郵便の摘発件数も年々増加。覚せい剤の押収量は3年連続で1トンを超えた。漢の逮捕を受け、経済産業省は捜査に最大限協力し、全容解明を踏まえて対処するとコメントしている。

26日の昼頃、秋篠宮の悠仁さまの中学校の机に刃物が置かれていた事件で、警視庁は50代の男を逮捕した。男は工事業者を装って学校に侵入したと見られていて、その後現場近くの地下鉄の防犯カメラに逃走する様子が映っていた。警視庁は防犯カメラの映像を分析し、男の潜伏先を割り出した。逮捕の決め手とみられるのは防犯カメラの捜査に特化した捜査支援分析センター。学校側は今年に入り、フェンスを人工葉で多い、外から校内をみえなよう防犯対策を行っていた。また今回の事件を受けて、早急な防犯対策の見直しを発表している。

今日、皇居周辺では警備が強化されている。お堀の中は水難救助隊が捜索していた。明日は皇居から赤坂御用地にかけて交通規制が実施される。天皇陛下は明日、午後5時から202年ぶりの天皇退位に伴う退位礼正殿の儀に望まれる。

天皇陛下は明日、午前10時に宮中三殿の賢所にて賢所大前の儀が行なわれ、皇霊殿神殿に奉告の儀を行う。午後5時になると、宮殿の松の間にて退位を国民に知らせる退位礼正殿の儀を行なわれる。この儀式では三種の神器の剣と勾玉と御璽・国璽を安置し、安倍総理が国民代表の挨拶をして天皇陛下が陛下として最後のおとこばを述べられる。儀式は10分ほどで終わり、関係者に挨拶周りをし、御所に戻られる。

昭和8年生まれで85歳の天皇陛下は戦争を知る最後の世代。日本人が忘れてはならないと語る4つの日には毎年黙祷を続けてこられた。陛下の特別な思いに触れた人がいる。チェロ奏者の寺田義彦さんは皇室との縁も深く、亡くなった高円宮さまにもチェロを指導、9年前からは月2回天皇陛下の練習を手伝うようになった。練習後には陛下から質問もあるという。更に両陛下が過去の体験を話されることも。去年の終戦の日の翌日、皇后さまがA級戦犯の判決が出て絞首刑と言ったのを今でも覚えていると話したとのこと。美智子様はA級戦犯についてまだ中学生で戦争から敗戦に至る事情や経緯に付き知るところは少なく、その時の感情は国と国民という個人を超えたところに責任を負う立場があることに対する恐れであったのだと思いますと話していた。当時の指導者の判断の誤りに寄って先の大戦では日本人が310万人が犠牲になった。戦争中、日光に疎開していた陛下は終戦の3ヶ月後に帰京。2ヶ月後、書き初めに平和国家建設と書かれていた。昭和を引き継いだ陛下は戦争の記録と向き合ってこられた。しかしその傷跡はあまりに深かかった。

キーワード
昭和天皇
築地署
経済産業省
捜査支援分析センター
悠仁さま
退位礼正殿の儀
千代田区(東京)
港区(東京)
天皇陛下
賢所大前の儀
奉告の儀
宮中三殿
松の間
美智子様

ニュース (ニュース)
22:20~

小出監督へ“最後の手紙”

戦争の傷跡が残る終戦の翌年から昭和天皇は戦争で疲弊した国民を励まそうと全国各地を周り始めた。原爆で大きな被害を受けた広島も訪問。市内中心部の還元行事には5万人が集まった。しかし地方巡幸で行けなかったのは唯一の地上戦が行われた沖縄。昭和天皇は病気で訪問できなかった。沖縄を皇族として初めて訪れたのは陛下と美智子様だった。ところが沖縄戦で犠牲となった女子学生を慰霊するひめゆりの塔で火炎ビンを投げつけられた。陛下はその日の夜、沖縄県民に向けメッセージを発表し、繰り返し沖縄を訪問してきた。海外でも戦争の傷跡を目の当たりに。即位から10年目に訪問されたイギリスでは旧日本軍の虐待を受けた元捕虜らが集まり、馬車が通り過ぎる時背を向け抗議の意思を表していた。イギリス訪問の2年後、両陛下はオランダを訪問。このときも元捕虜らによる抗議行動が起きた。晩餐会には元捕虜5人が招待されていた。戦没者を悼む黙祷はいつもより長く続いていたという。その後、慰霊の旅は激戦地となった太平洋の島々へと渡っていった。

保阪正康氏は安堵しているという陛下の言葉について、3つのポイントがあると思う。1つは平成天皇自身の意識。自身の時代には戦争がなかった。これについての充足感をお感じになっている。2つ目は昭和天皇への奉告ないしは想いを伝えた。昭和天皇は戦争自体に積極的ではなく、消極的だったが戦争は行われた。その結果多くの人が亡くなった。戦争の後始末を自分の代にはどうすればいいのだろうかと考えになった。そこでお考えになったことが追悼慰霊という形で行われた。同時に昭和天皇へ心持ちをつないだという報告。3つ目は皇太子への伝承・継承。戦争を昭和・平成の時代に形作る。それは戦争を体験した世代の天皇として作っておく。新しい天皇は戦争からかなりの年代を経て生まれているので、戦争に対してどういうような責任・追悼慰霊の儀式をとるのか。そのへんは持ち越さない気持ちがあったのだと思うとした。

キーワード
佐倉市(千葉)
小出監督
昭和天皇
ひめゆりの塔
エリザベス女王
ベアトリクス女王
広島市(広島)
日光市(茨城)
糸満市(沖縄)
ロンドン(イギリス)
アムステルダム(オランダ)
サイパン
天皇陛下

ニュース (ニュース)
22:35~

平成最後は“雨”、令和の初日の出は。

キーワード
大阪市(大阪)
高橋尚子さん
小出義雄さん

気象情報 (ニュース)
22:40~

全日本柔道、平成最後の王者は。

キーワード
全日本柔道

スポーツニュース (ニュース)
22:44~

10連敗中のDeNA、きょうは。

キーワード
DeNA

番組宣伝 (その他)
23:09~

「羽鳥慎一モーニングショー 夜の特大版 今夜決定!あなたが選ぶ 平成ニッポンのヒーロー 総選挙」の番組宣伝。

「報道STATION 拡大スペシャル」の番組宣伝。

番組宣伝 (その他)
23:13~

「陸海空 こんなところでヤバいバル」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 4月29日 放送
  3. 次回の放送