報道ステーション 2019年4月10日放送回

『報道ステーション』(ほうどうステーション)は、2004年(平成16年)4月5日よりテレビ朝日をはじめとしたANN系列が月 - 金曜日(平日)の22時台に生放送している最終版を含めた報道番組。放送第1回目からハイビジョン、ステレオ音声で放送。47都道府県で地上デジタル放送が始まった事を受け、2006年(平成18年)12月4日から番組に連動させたデータ放送を開始した。2013年(平成25年)4月1日よりリアルタイム字幕放送も実施している。番組タイトルロゴおよび番組上の表記は『報道STATION』。番組の略称は『報ステ』(ほうすて)。番組のキャッチフレーズは『今日、何があったか(第1期)』『ぐっと近づく(第2期)』。以下、古舘時代を第1期、富川時代(第1シリーズ)→富川・小木時代(第2シリーズ)を第2期とする。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年4月10日(水) 22:09~23:30
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
22:09~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
22:09~

桜田五輪担当大臣が辞表を提出し、辞任。桜田大臣は自民党議員のパーティで復興より議員が大事と発言。記者が発言の真意を質問すると、そんな言ったこと無い記憶にないと発言。後任は鈴木俊一前五輪担当相。

総理官邸から中継。安倍総理の第二次政権発足以降、問題発覚から辞任まで最速。桜田大臣はこれまで数々の失言で物議を醸したが、今回の発言は質が異なる。復興については安倍政権で最優先課題に掲げている政策で、何よりも被災者を傷つける発言であり感化できないものだった。2017年当時の今村復興大臣が東日本大震災について東北でよかったと発言したが、このときも即更迭だった。また安倍総理は今週末福島県を訪問することにしている。桜田大臣をそのままにしていては政権の本気度が問われることも背景にあった。またオリンピックへの影響を最小限にする意味でも後任には前任の鈴木俊一氏を選んだ。しかし今回の桜田大臣の発言や先日の塚田副大臣の忖度発言など安倍一強と言われる中、緩みと指摘されても仕方がない状況に野党側は国会で追求する構え。

桜田大臣は去年10月に五輪担当大臣に就任。野党からは適正を疑問視する声が上がっていた。これについて桜田大臣はなぜ選ばれたのかはわからないと発言。またサイバーセキュリティーも担当しているが、自分でパソコンを使ったことがないと発言。その後も失言は続き、競泳の池江璃花子さんは白血病を公表すると、がっかりしていると発言し翌日に撤回したが、その場でオリンピック憲章を読んだことがないと発言。その後は自分の言葉で話さなくなった。JOCの竹田会長の辞任に際しては文書を読んでいた。

桜田大臣の辞任を受けて文科省幹部は副大臣だったときも脇の甘い人で苦労した。報道された内容だとしたら申し開きできない。今まで留まらせていた政府の責任問題にもなるのでは。内閣官房の五輪担当職員は非常に残念。報道の通りなら今までの言い間違いのレベルを超えている。裏表のない人だと思っていたが、今回はフォローできないと話している。

後藤謙次は決定的。今回の東京五輪は復興五輪と銘打ってる自覚がない。その一方で聖火リレーを福島から始まるなどムード・イベント先行で本当に東北地方・被災地の復興を考えているのかと聞きたく成るような失言。辞めるのは当然のことだが、あまりにも遅すぎた。安倍総理の任命背金は次の参議院選挙で有権者が判断すると話した。

関東甲信では季節外れの大雪となりスリップが原因となる大事故も発生している。15cmの積雪を記録した長野・軽井沢町は一時大雪警報も出された。山梨の鳴沢村では大雪注意報が出され、車2台が絡む事故が起き、2人がけがをした。大涌谷ではロープウェイが止まり、駐車場も閉鎖になった。 埼玉県秩父市では1ヶ月半ぶりに除雪車が動き、秩父市では4月としては9年ぶりの積雪2cmになった。市内にある羊山公園では満開の桜に雪が積もる。都心でも日中の気温が4℃台まで冷え込み真冬並みの寒さとなった。今日、寒気は関東付近まで降り、そこから低気圧に冷たい風が入り込み、関東は真冬並みの寒さになった。 東北では明日にかけて雪が降り、仙台では4月として21年ぶりの大雪となる恐れもある。

世界初の事故 なぜ?

キーワード
桜田五輪担当大臣
鈴木俊一
安倍総理
枝野幸男代表
田村憲久元厚生労働大臣
盛岡市(岩手)
郡山市(福島)
総理官邸
安倍首相
鈴木俊一前大臣
桜田大臣
蓮舫参院議員
池江璃花子
階猛
竹田会長
東京五輪
軽井沢町(長野)
鳴沢村(山梨)
箱根町(神奈川)
葵区(静岡)
秩父市(埼玉)
飯田市(長野)
松本市(長野)
小金井市(東京)
仙台市(宮城)

ニュース (ニュース)
22:38~

桜田大臣の辞任のニュースの中で伝えた被災地復興に関する失言についての説明について訂正した。

消息を絶った航空自衛隊のステルス戦闘機F35Aの尾翼の一部が海上で見つかった。F35Aは同型機3機と共に午後7時に三沢基地を離陸、その後午後7時に7分に機影がレーダーから消えた。40代の男性パイロットの行方は現在も不明。救難信号も確認されていない。F35Aは日本では去年1月に配備が始まったばかりで、ステルス機能に加え、イージス艦などとリアルタイムで情報共有できる最新鋭機。高度なIT技術でパイロットは機体に遮られることなく、360度周囲の状況を確認できる。日本はF35Aを次期主力戦闘機として105機態勢にする方針。F35Aの墜落事故は世界初。パイロットは飛行時間3200時間を超すベテランで、墜落直前には無線で訓練中止を伝えていた。 専門家は何らかの機体トラブルが発生した可能性もあると話す。原因究明が急がれるが、国内ではロッキード・マーティン社の指示の下、組み立てる。防衛省は他のF35Aの飛行を見合わせ、安全確認を行うことにしている。また岩屋防衛大臣は米側との連携は必要で、協力していくことになる。現在調整中と答えた。

“史上初”撮影に成功。

キーワード
桜田大臣
F35A
岩屋防衛大臣
航空自衛隊
種市一正市長
ロッキード・マーティン社

ニュース (ニュース)
22:45~

国際研究グループがブラックホールの撮影に成功。これまでブラックホールは誰も姿を見たことがなく、存在の確証もなかった。人間は普段目で見ているのは物体に反射した光。ところがブラックホールの場合、重力が強く光さえ脱出できない。光を反射しないので、目で見ることは不可能だった。観測するのはおとめ座にあるM87銀河のブラックホールで地球からの距離は5500万光年。考えられたのは世界6か所にある電波望遠鏡を使う方法。6つの望遠鏡をつなぐことで地球を望遠鏡にし、ブラックホールの姿を捉えようという試み。しかし観測は想像以上に困難で、全ての望遠鏡が使えるのは5日間で、その日に好天に恵まれないといけない。奇跡的に観測は成功したが、観測したデータ量が膨大すぎて集めるのに1年以上かかった。

さらに1年かけて…今夜“画像”公開。

キーワード
ブラックホール
本間希樹
国立天文台
宇宙戦艦ヤマト復活篇

ニュース (ニュース)
22:52~

去年6月観測データの解析作業がスタート。解析作業を1年近く続け今日、発表の日を迎えた。世界6か所で同時に画像を公開。赤く光るガスの中に黒く丸い影が写っている。本間希樹教授は一連のつながりを紐解く、それはこれからの天文学の課題なので、僕も研究したいですし、未来の研究者にも頑張ってほしいと話した。

キーワード
ブラックホール
国立天文台

スポーツニュース (ニュース)
22:54~

レスリング女子の合宿が行われ、伊調馨が参加。チーム全体で実戦を想定し、スパーリングには参加せず、田南部コーチを相手に個別で練習した。現在の調子を聞かれると8割いじゃないくらい。アジア選手権は東京五輪のことを考えると大一番と話した。

楽天は1点を追う5回満塁のチャンスに島内がタイムリーで逆転すると、その後も得点を加えリードを広げる。7-5で楽天勝利。

DeNA先発の濱口は6回まで毎回三振を奪うと、その後のピンチも切り抜けプロ初完封。2-0で勝利。

1点を追うヤクルトは3回タイムリーを放つと、4回に追加点をあげリードを広げる。その後同点とされた延期10回にエラーで決勝点をあげ、15-3でヤクルト勝利。

巨人は1回岡本のタイムリーで先制。しかし6回に逆転ホームランを浴びるそのまま逃げ切れれ3-2で中日勝利。

日本ハムは6回大田のホームランで先制すると、その裏にホームランで同点に追いつく。試合は11回王柏融のタイムリーで3-2で日本ハム勝利。

明日から始まる国別対抗戦。紀平梨花は8大会に出場し6大会で優勝。原動力はトリプルアクセル。女子では使い手の少ないこの技をショートで1回、フリーで2回跳んできた。トリプルアクセルについて聞くと、完璧に演技するのは集中しないと持っていけない。なんとか奇跡で跳べた試合が多かったと話す。実際に21回挑戦し、成功は11回。ショートでは1アクセルととなり得点0となった試合もあった。そこまでのリスクを負って挑戦する理由について、試合で入れて高得点が出ている。大雑把な性格だったが、繊細になったのもトリプルアクセルのおかげとした。またトリプルアクセル以外のジャンプ成功率は59回挑戦で54回成功と9割以上。転倒などの大きなミスは一度もなかった。

今日、本番に向けトリプルアクセルを重点的に練習する紀平の姿があった。しかし紀平は今季ショートでトリプルアクセルに8回挑戦し1回しか成功していない。織田信成はショートはジャンプ数が限られているので、独特のプレッシャーが影響している。精神的な動揺や不安が一番表れやすいジャンプとした。この確立について紀平はショートではつかんでない中で失敗になってフリーで巻き返していたので、今回はショートで失敗したと思い込んで跳ぶ。確立を少しでも上げられるようにしたいとした。

宇野昌磨は練習で3アクセルからの4トウループを成功。

キーワード
味の素ナショナルトレーニングセンター
田南部力氏
西武
楽天
福井優也
ブラッシュ
島内宏明
阪神
DeNA
濱口遥大
ヤクルト
広島
野村祐輔
雄平
バレンティン
山田哲人
巨人
中日
岡本和真
福田永将
メルセデス
鈴木博志
ゲレーロ
日本ハム
ソフトバンク
大田泰示
今宮健太
王柏融
フィギュア国別対抗戦
浅田真央
宇野昌磨

番組宣伝 (その他)
23:28~

「マツコ&有吉 かりそめ天国」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 4月10日 放送
  3. 次回の放送