報道ステーション 2019年4月8日放送回

『報道ステーション』(ほうどうステーション)は、2004年(平成16年)4月5日よりテレビ朝日をはじめとしたANN系列が月 - 金曜日(平日)の22時台に生放送している最終版を含めた報道番組。放送第1回目からハイビジョン、ステレオ音声で放送。47都道府県で地上デジタル放送が始まった事を受け、2006年(平成18年)12月4日から番組に連動させたデータ放送を開始した。2013年(平成25年)4月1日よりリアルタイム字幕放送も実施している。番組タイトルロゴおよび番組上の表記は『報道STATION』。番組の略称は『報ステ』(ほうすて)。番組のキャッチフレーズは『今日、何があったか(第1期)』『ぐっと近づく(第2期)』。以下、古舘時代を第1期、富川時代(第1シリーズ)→富川・小木時代(第2シリーズ)を第2期とする。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年4月8日(月) 21:54~23:15
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
21:54~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
21:54~

きょう、小田急線でラッシュ時間帯に全線が運転を見合せ、15万人に影響が及んだ。

キーワード
豪徳寺駅
小田急線
世田谷線

ニュース (ニュース)
21:57~

通勤ラッシュの時間帯に小田急線が全線で運転を見合わせ、駅は人で溢れかえった。影響は他の鉄道にも及び、振替輸送を行った世田谷線の沿線には長蛇の列ができた。小田急電鉄によると、原因は午前7時台におきた無線の不具合によるものだという。無線は運輸司令所とすべての列車が連絡をとるもので、乗客らの安全が確保できない可能性があるとして運転を見合わせた。無線システムはおととしにアナログ方式からデジタル方式に変更されており、専門家は「必要な信頼性が確保できるようにバックアップの回線をもう一回線用意すべき」などと指摘した。無線は複数回再起動したことで復旧したが、運転見合わせは1時間以上に及び、約15万人に影響がでた。

京成電鉄で落雷によるとみられる信号故障がおき運転見合わせが続いている。

キーワード
小田急線
豪徳寺駅
世田谷線
JR南武線
小田急電鉄
川崎市(神奈川)
世田谷区(東京)
東中山駅
松井一郎新市長
吉村洋文

番組宣伝 (その他)
23:13~

「陸海空 こんなところでヤバイバル」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 4月8日 放送
  3. 次回の放送