報道ステーション 2019年1月7日放送回

『報道ステーション』(ほうどうステーション)は、2004年(平成16年)4月5日よりテレビ朝日をはじめとしたANN系列が月 - 金曜日(平日)の22時台に生放送している最終版を含めた報道番組。放送第1回目からハイビジョン、ステレオ音声で放送。47都道府県で地上デジタル放送が始まった事を受け、2006年(平成18年)12月4日から番組に連動させたデータ放送を開始した。2013年(平成25年)4月1日よりリアルタイム字幕放送も実施している。番組タイトルロゴおよび番組上の表記は『報道STATION』。番組の略称は『報ステ』(ほうすて)。番組のキャッチフレーズは『今日、何があったか(第1期)』『ぐっと近づく(第2期)』。以下、古舘時代を第1期、富川時代(第1シリーズ)→富川・小木時代(第2シリーズ)を第2期とする。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月7日(月) 21:54~23:15
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
21:54~

オープニング映像。

正月の話題。徳永は夫の実家で過ごしたと明かした。松岡修造は錦織圭の優勝を伝えるために出演したと明かした。

ニュース (ニュース)
21:55~

レーダー照射問題。韓国は日本語版の反論動画を公開。日本側の担当官はレーダーの周波数特性を記録していたことを韓国側に伝えたという。

キーワード
レーダー照射

ニュース (ニュース)
21:58~

レーダー照射問題。自民党内では韓国に対する強硬論も強まっている。韓国側はレーダー照射の事実はないとの主張を崩していない。12月27日に日韓の防衛当局間の協議が水面下で行われ、日本側の担当者が照射されたレーダーの周波数特性を記録していたことを伝えていたことがわかった。周波数特性は個体差があり、レーダーの指紋と呼ばれている。しかしそのことを伝えても韓国側は照射を否定したという。この翌日に日本側が動画を公開し、韓国も反論動画を公開。韓国側の動画では照射をしなかったという客観的証拠は示されなかった。さらに自衛隊が低空飛行をしたと主張。2013年に中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦に射撃用レーダーを照射した際に、アメリカが仲裁したことがあり、今回も日本はアメリカに仲裁を頼んだが、アメリカは日韓双方が同盟国ということもあり、明確な評価は避けたという。元第7艦隊司令官は、どんな証拠であれ日本側がきちんと示して説明することが大切だと語った。

レーダー照射問題。日韓の防衛当局間の協議が水面下で行われ、日本側の担当者が照射されたレーダーの周波数特性を記録していたことを伝えたが、協議は平行線のままだったという。ソウル支局帳の高橋は、韓国側はレーダーの周波数特性は軍事機密にあたるため、日本側が公表できないと踏んでいる、そして現在の政権には日本政府とのパイプ役がおらず、韓国内で反発が強まっていてこれを無視することができず、強硬策を取らざるを得ない状況だと解説した。後藤謙次は、日本は韓国と争っても何も得はないが様々な外交攻勢が韓国から寄せられてきている状況で黙ってみているわけにはいかないという状況だと解説。ワシントン支局長の布施は仲介を頼まれたアメリカは困惑しているという状況だと語った。2月22日は竹島の日、3月1日は三・一独立運動から100年であり、ますます反日感情が高まる可能性がある。

天皇陛下が昭和天皇が埋葬された武蔵野陵を訪れた。天皇陛下が即位されたのは30年前の今日。昭和天皇の病状悪化が伝えられた前年から日本全体に自粛ムードが広がっていた。高校ラグビーの決勝戦が中止となるなど、娯楽を控える人が増え、経済活動にも影響が出たという。天皇陛下が生前退位を臨んだ背景にはこのようなことがあったのだ。後藤は「これまでは弔いという儀式があったが、今回はお祝いごとになる。この退位という転換は非常に見事な歴史的転換になると思う」とコメントした。

4日の日経平均株価は452円安。FRBパウエル議長は金融政策を経済情勢に応じて柔軟に見直す考えを示唆。

平均株価は2万円代を回復したものの、アメリカと中国の貿易摩擦の行方は依然不透明だ。経済界の新年会で、サントリーHD新浪剛史社長は「右往左往しないほうが良い」、三井住友フィナンシャルグループ國部毅社長は「また少し戻ってくるのではないか」、ディー・エヌ・エー南場智子会長は「今年は前半はもつと思います。後半は経営者として不透明感に備えなければいけない」などと語った。

平成元年のインタビューでソニー盛田昭夫会長は「順調な世界経済の年」と語った。バブル絶頂期で平均株価は3万8000円台を記録しており、世界時価総額でも日本企業がトップ10に名を連ねた。バブルが崩壊し、日本は不良債権の処理に追われた。今日、SMBC日興証券清水喜彦社長は「昭和の後始末に時間がかかった平成の30年間だった」と語った。東芝車谷暢昭会長は平成について「中国の台頭でありサイバー革命が起こった時代、製造業にとっては厳しい時代だった」、トヨタ自動車豊田章男社長は「(次の時代について)AIだけでは自動運転はかないません。リアルなところで認められるようなところで努力していきたい」と語った。

滋賀のダウンジャケットのメーカー「ナンガ」は、以前は布団メーカーの下請け企業だった。発注元が生産拠点を海外に移し売上がゼロになったことで、親子二代で脱下請けを掲げ、ダウンジャケットへの転換に成功した。生産現場には海外からの技能実習生の姿があり、実習生の母国に工場建設を検討している。横田智之社長は「今のスタッフと共に10年20年先を見据えた商売をしていける形がこれからの時代大事なんじゃないかと思う」と語った。スマホ向けライブ配信アプリを開発するミラティブの赤川社長は「2020年以降の世の中を見据えた動きが重要」と語った。

平成のその先・・・

キーワード
レーダー照射
菅官房長官
山本ともひろ
小野寺五典
崔賢洙報道官
中谷元元防衛大臣
海上自衛隊
横須賀基地
韓国海軍
自民党
ソウル(韓国)
ワシントン(アメリカ)
八王子市(東京)
小渕官房長官(当時)
花園ラグビー場
天皇陛下
武蔵野陵
昭和天皇
アトランタ(アメリカ)
パウエル議長
FRB
神田明神
日経平均株価
千代田区(東京)
銀座(東京)
小林喜光代表幹事
中内功
豊田英二会長
盛田昭夫会長
バブル
米原市(滋賀)
ナンガ
ミラティブ
渋谷区(東京)

ニュース (ニュース)
22:29~

渋谷という土地柄もあり、金王八幡宮にはITベンチャーが新年の参拝に訪れる。スマホ向けライブ配信アプリの開発会社を去年2月に立ち上げたミラティブの赤川氏は特に5Gに注目している、そのトレンドが来た時に果実を得ていくのが重要などと語った。

後藤謙次氏は世界経済の不安要因は10項目ほどある、米中貿易戦争が最大のポイントなどと語った。

NEXT クイーン映画W受賞

キーワード
エマーゴ
スカウティ
ミラティブ
5G
渋谷区(東京)
消費税
ボヘミアン・ラプソディ

ニュース (ニュース)
22:34~

ゴールデングローブ賞でボヘミアン・ラプソディが2冠を達成した。フレディ・マーキュリー役を演じたラミ・マレックさんは主演男優賞を受賞し最高の栄誉などとコメントした。日本の「万引き家族」と「未来のミライ」はノミネートされていたが受賞とはならなかった。

きょうから出国税の徴収が始まった。日本から出国する飛行機や船の料金に1人あたり1000円が上乗せされ、財務省は年間500億円の税収を見込んでいる。税収は無料のWi-Fiや顔認証ゲートの導入などに充てられる。

日産の元会長についてあす、東京地裁で勾留理由の説明が行われる。元会長は11日まで勾留が認められているが、弁護人が勾留理由の説明を求めている。このことについて元会長の息子は「初めて反論できる、無実だと信じている」などとコメントし、長期間の勾留は自白の強要を招く制度と批判した。

西日本豪雨から半年、岡山県・真備町の小学校では始業式が行われ友達との再開に笑顔が溢れた。

NEXT 日本海側で積雪増 夜に一段と強まる

キーワード
ゴールデン・グローブ賞 作品賞(ドラマ部門)
ボヘミアン・ラプソディ
フレディ・マーキュリー
ラミ・マレックさん
万引き家族
未来のミライ
国際観光旅客税
Wi-Fi
ジュルナル・デュ・ディマンシュ
東京地裁
西日本豪雨
川辺小学校
真備町(岡山)
テレビ朝日屋上

気象情報 (ニュース)
22:42~

テレビ朝日屋上から全国の気象情報を伝えた。

巨人、生え抜きがまた・・・。高校ラグビー激闘の決勝戦。

キーワード
テレビ朝日屋上
巨人

スポーツニュース (ニュース)
22:47~

巨人の長野義久が広島カープに移籍することが決まった。長野は広島への移籍について「選んでいただけて選手冥利に突きます、ジャイアンツとの対戦を楽しみにしています」などと話した。

高校ラグビーの決勝では、大阪桐蔭と桐蔭学園が対決した。後半ロスタイムの猛攻を凌いだ大阪桐蔭が28-24で勝利し、初優勝を決めた。

「錦織圭 3年ぶりツアーV 松岡修造が生解説します!」

キーワード
読売巨人軍
広島東洋カープ
長野義久
大阪桐蔭
桐蔭学園
東大阪市花園ラグビー場
錦織圭

スポーツニュース (ニュース)
22:51~

ブリズベン国際決勝(映像提供:WOWOW)で、錦織圭がD.メドベージェフを2-1で破り優勝した。松岡修造は錦織について、勇気があったと話した。

スキージャンプ小林陵侑、史上3人目の快挙。

キーワード
錦織圭
メドベージェフ
ブリズベン国際
WOWOW
小林陵侑

スポーツニュース (ニュース)
22:57~

オーストリア・ビショフスホーフェンでのノルディックスキーW杯ジャンプ週間最終戦、日本人は優勝できていない。21年前に長野五輪金メダルの船木和喜も8位に敗れている。葛西紀明、小林潤志郎も見守る中、小林陵侑はアイゼンビヒラーとの優勝争いに勝利し総合優勝となった。4戦全勝のグランドスラムは史上3人目、日本人の優勝は21年目となる。所属先の監督である葛西紀明は小林はスリップしないように飛ぶことができるようになっているという。インタビューで、小林は「歴史を作れたことは嬉しい、自分はオリンピックで金メダルを取っていないので船木さんには並んでいない」と話した。

UAE・アブダビから中山雅史らが中継、アジアカップ2019でオーストラリアがヨルダンに敗れたと伝えた。

UAE・アブダビで、日本代表がアジアカップ2019に向けて練習。大会前に中島翔哉と守田英正が離脱。乾貴士と塩谷司が追加招集、塩谷はサンフレッチェで森保一監督の下でリーグ優勝を3回経験している。4年に1度のアジアカップで日本は史上最多4度の優勝を誇る。しかし前回大会は準々決勝敗退となった。

イギリス・ロンドンで、中山雅史が日本代表の新キャプテンの吉田麻也を取材。吉田はアジアカップについて、苦しい時に真骨頂が見られると話した。長谷部誠について、チームファーストを率先していたとし、長谷部がロシアW杯での代表引退時に吉田は「めんどくさいところもあったが、学ぶことはたくさんあった」と涙を流した。吉田は審判との駆け引きがポイントだとした。2011年には川島がレッドカードで退場、準々決勝で吉田が退場した時にも長谷部誠が審判とコミュニケーションをうまく取っていたと話した。吉田はすごくおだててうまくやっていたと話した。吉田はキャプテンマークは重みが違うとし、長谷部さんはストレスでよく出来物ができていたと明かした。

UAE・アブダビから中山雅史らが中継、中山は1992年のアジアカップで2得点。ディフェンスはリスク管理、攻撃で人数をかけられるか、チームが苦しい時に情熱とパワーが出せる選手が出てくるかだとした。

キーワード
小林陵侑
ノルディックスキーW杯
ジャンプ週間
小林潤志郎
船木和喜
マルクス・アイゼンビヒラー
ビショフスホーフェン(オーストリア)
アジアカップ2019
アブダビ(アラブ首長国連邦)
中島翔哉
守田英正
塩谷司
乾貴士
森保一監督
サンフレッチェ広島
アジアカップ2015
ロンドン(イギリス)
長谷部誠
川島永嗣
アジアカップ2011

番組宣伝 (その他)
23:13~

激レアさんを連れてきた。の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 1月7日 放送
  3. 次回の放送