徹子の部屋 小林稔侍

『徹子の部屋』(てつこのへや)は、テレビ朝日系列で月曜 - 金曜の正午から放送されている長寿トーク番組である。前身の日本教育テレビ(NET)時代の1976年2月2日から、2019年現在、放送44年目、放送回数11000回以上を数える長寿番組で、黒柳徹子司会の冠番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月21日(火) 12:00~12:30
放送局 テレビ朝日

番組概要

今日のお客様 小林稔侍さん (バラエティ/情報)
12:00~

きょうのお客様は小林稔侍さん。オープニングの曲なしで2人のトークから番組が始まった。1987年以来32年ぶりの出演。当時の映像を紹介、ドラマ「はね駒(こんま)」での名演などについて語っていた。娘の小林千晴さん、息子の小林健さんはともに俳優座で学び俳優となった。盟友の高倉健さんが娘の名付け親となり、息子の「健」は自分が彼の名前からとってつけたと答えた。高倉健さんとは50年以上の付き合いだったといい、いつもご飯をおごってくれたので自分は「扶養家族」を自称していたと答えた。

キーワード
小林千晴
小林健
高倉健
はね駒

今日のお客様 小林稔侍さん (バラエティ/情報)
12:08~

小林稔侍さんに生前の高倉健さんについて聞いた。役者としてはひたすらに努力する人だったといい、「鉄道員(ぽっぽや)」の撮影ではスタッフが暖房をたいても避けるところにストイックさを感じたと答えた。高倉健さんの前で自分が大失敗したこともあるといい、撮影中に「おなら」をしてしまったが大声で笑って笑い話にしてくれたと答えた。高倉健さんは1988年、57歳で当番組に出演。当時の映像を紹介した。

小林稔侍さんと高倉健さんの交友については妻も認めていたといい、結婚するときには妻の家族は銀行員一族、自分はしがない役者で不釣り合いだったが高倉健さんに保証人になってもらい丸く収まった、家でごろごろしていると高倉健さんに会ってきなさいとよく言われたと答えた。

「白い巨塔」の番組宣伝テロップ。

キーワード
高倉健
鉄道員

今日のお客様 小林稔侍さん (バラエティ/情報)
12:18~

小林稔侍さんの父親は洋服の仕立て職人。役者を目指して上京するときにはタキシードを作って持たせてくれたが、着る機会がないまま体型が合わなくなり着られなくなったと答えた。背広は金に困るとたびたび質屋に持っていき、いくつかは期限までに返せず質流れになったと答えた。

小林稔侍さんは現在の妻と28歳で結婚。東京・町田市の公団住宅に引っ越したが、抽選に受かるまで18回かかったと答えた。引っ越してすぐ「網走番外地」の撮影が決まり、家族をおいて北海道にロケに行くことになったと答えた。団地は固定電話付きで当時は憧れだったといい、故郷の和歌山に電話をかけると交換手が何人も回線をつないだ、家とつながるまで1時間近くかかったときもあったと答えた。

「白い巨塔」の番組宣伝テロップ。

キーワード
高倉健
町田市(東京)
網走番外地

今日のお客様 小林稔侍さん (バラエティ/情報)
12:27~

「白い巨塔」の番組宣伝テロップ。

小林稔侍さんは今度のドラマ「白い巨塔」で、医学部の名誉教授を演じている。顔を白塗りにして片目に涙を描いた状態で登場するシーンもあるといい、絵面だけ見ると笑いを誘うが深い意味が込められていると答えた。主演の岡田准一さんについて聞くと、衣装合わせをさり気なく手伝ってくれるなど気遣いを感じたと答えた。

次回予告テロップ。

キーワード
白い巨塔
岡田准一
沢尻エリカ

エンディング (その他)
12:29~

エンディング映像。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月21日 放送
  3. 次回の放送