徹子の部屋 三遊亭円楽

『徹子の部屋』(てつこのへや)は、テレビ朝日系列で月曜 - 金曜の正午から放送されている長寿トーク番組である。前身の日本教育テレビ(NET)時代の1976年2月2日から、2019年現在、放送44年目、放送回数11000回以上を数える長寿番組で、黒柳徹子司会の冠番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年3月20日(水) 12:00~12:30
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
12:00~

本日のお客様は三遊亭円楽さん。

本日のお客様・三遊亭円楽 (バラエティ/情報)
12:00~

三遊亭円楽は桂歌丸さんが亡くなった後の人間ドックで肺がんが見つかった。見つかった日が桂歌丸さんの四十九日だった。また、手術した日が桂歌丸さんの百か日だった。まるで桂歌丸さんが呼んでいるような感じだったと話した。

肺がんは初期のもので、手術から1週間で退院でき、退院した次の日に桂歌丸さんが名誉会長をしていたにぎわい座で独演会を行った。手術したロボット手術が三遊亭円楽が手術した後に保険の適用内になった。リハビリは歩いたこととしゃべることである。肺がんは他人事だと思っていたことが自分に来たが暗くはならなかった。

キーワード
桂歌丸さん
肺がん

本日のお客様・三遊亭円楽 (バラエティ/情報)
12:09~

三遊亭円楽の母親は97歳で、下町出身でおしゃべりである。高座に来る時はできるかどうか心配ばかりして真打ちになってからは来なくなった。真打ちに昇進した時母親から200万円の祝儀を持ってきてくれた。昔の人は子供のためにお金を貯めてくれている。父親からお金に関して「金貯めんなよ」という言葉で、自然に働いて残ったお金がリタイアした時にあればいいと言われた。母親についてしてあげたいことについて「雑誌社の人に思い出話を聞き取りしてもらいたい」と話した。

本日のお客様・三遊亭円楽 (バラエティ/情報)
12:16~

三遊亭円楽は平成29年3月に出家した。自分の菩提寺の住職に勧められた。また、噺家になるのも五代目三遊亭圓楽さんに勧められた。人生は上の人に言われてそのままやったことが上手くいっている。出家しようと思ったのはお送りする立場になったのがいい機会と思ったから。出家して一番最初にお送りさせてもらったのが桂歌丸さんである。

三遊亭圓生は三遊亭圓生さんを慕っている。三遊亭圓生さんが徹子の部屋に出演したときの映像が流れた。三遊亭圓生さんは芸にたいする自信の凄さはうまかった。人の落語を聞いて平気で下手という。三遊亭圓生さんが亡くなって40年が経ち、圓生の名前の行方に関し揉め事が起き、揉め事に関わった人はみんないなくなったので、東京の落語会一つでやったほうがいいと話した。

キーワード
三遊亭圓楽さん
桂歌丸さん
三遊亭圓生さん

本日のお客様・三遊亭円楽 (バラエティ/情報)
12:27~

これからは俗にいるつもりで、楽しいことして地獄に落ちてから改めて極楽浄土しようと話した。落語家50年が経ち、芸はまだまだセコイが、落語界に恩返ししないといけないぶぶがたくさんあると話した。

次回のお客様は武田鉄矢さん・コロッケさん。

キーワード
武田鉄矢さん
コロッケさん

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 3月20日 放送
  3. 次回の放送