徹子の部屋 さだまさし

『徹子の部屋』(てつこのへや)は、テレビ朝日系列で月曜 - 金曜の正午から放送されている長寿トーク番組である。前身の日本教育テレビ(NET)時代の1976年2月2日から、2019年現在、放送44年目、放送回数11000回以上を数える長寿番組で、黒柳徹子司会の冠番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年12月5日(月) 12:00~12:30
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
12:00~

ゲストのさだまさしが、黒柳徹子を本日のお客様として紹介した。

キーワード
さだまさし

今日のお客様 さだまさし (バラエティ/情報)
12:00~

さだまさしは黒柳にバラの花束をプレゼントした。本日は特別企画「まさしの部屋」として黒柳の私生活について暴いていくという。さだまさしは黒柳に靴は何足くらい持っているのかと聞くと、うちには50足くらいある、棚に入れてあるが、取ろうと思うとわからなくなってしまっていつも同じ靴を履いてしまう、と話した。さだまさしは、自分は酔っ払って旅先のホテルで起きた時に、昨日何をしたかわかる、ぬぎっぱなしにしてあるので、順番に着ていくと昨日の姿になるという。黒柳は、私はお酒を飲まないのでそういうことはない、と話した。

永六輔さんの話題でトーク。さだまさしは、永六輔さんと黒柳を結婚させようという動きばあったことについてずっと聞きたかったという。黒柳は、永さんのお嬢さんが2人は同時に喋るのでうまくいかないだろうと仰っていた、と話した。さだまさしは2人のどっちがおしゃべりかと聞くと、黒柳は「それは永さんでしょう」と即答した。黒柳は、「負けちゃうことがあります。あの人旅しているから」などと話した。また永さんの好きだった部分を尋ねると、「やっぱり面白いこと考える。気がつくとあんな詩ができている」と話した。嫌いな所を尋ねると、「見栄」と答え、さだまさしは「ハンサムですよ、永さん」と驚いた。さだまさしも先日黒柳に「見栄が悪い」言われたと話した。「見栄」というのは「見栄え」という意味だという。

さだまさしは黒柳に中村八大さんとの付き合いについて聞いた。黒柳は中村八大さんに結婚したら寝る前にピアノ弾いてくれる?と聞いたら「タダじゃやだ」と言われたという。

キーワード
永六輔さん
さだまさしは
さだまさし
夢であいましょう
中村八大さん

今日のお客様 さだまさし (バラエティ/情報)
12:09~

さだまさしは、特別企画「まさしの部屋」として黒柳徹子をゲストにお迎えしていると、改めて説明した。黒柳は太古奏者の林英哲さんから聞いた良い話を披露した。葬式で黒柳が花を手向ける時に天に届くようにおもいっきり太鼓をたたいたのは、前から永さんに頼まれたからだという。さだまさしは「やっぱり黒柳さんのこと好きだったんだろうな、と思いますよ」と話した。

さだまさしは永六輔について、デビュー前からお世話になった、初めて聞いた歌謡曲は「夢であいましょう」だった、僕はこの曲を忘れてほしくない、永さんの曲をカバーした「永縁」というアルバムを出した、と話した。このアルバムを作るにあたって黒柳に参加を求めたが、朗読だったらいいと言われたという。それから「夢であいましょう」のエンディングを歌う坂本スミ子さんの歌の間奏部分に朗読していただいた、その朗読が素晴らしかったと伝えた。

さだまさしは、永さんが達者なころに黒柳さんと3人でお目にかかりたかった、と話した。黒柳は、永さんと一度だけ食事に行った時のことを思い出して語った。鹿児島で偶然あった時に、ネギメシを食べた、もっと美味しいものを期待していた、と話した。

キーワード
さだまさし
林英哲さん
永六輔さん
永六輔
夢であいましょう
坂本スミ子さん
永縁
永さん

今日のお客様 さだまさし (バラエティ/情報)
12:17~

さだまさしは今年の4月に母を見送った時のことを話した。また、4月7日に母が、7月7日に永さんが亡くなった、4月10日は永さんも誕生日だが、実は自分も誕生日なんです、と話した。

さだまさしと永六輔は誕生日が同じだという。4月10日生まれの有名人は、淀川長治、永六輔、和田誠で、ある時おすぎさんに4人で集りなさいよ、と言われ4人で会ったという。その会でさだまさしは3時間喋ったが、後々淀川長治は「あの人何する人?」と仰っていたという。さらに淀川長治の「自分の生まれた日を祝う日ではない」「お母さんを思って過ごす日と決めている」と言っていたことが印象的だったと語った。

キーワード
パーキンソン
喜代子さん
さだまさし
永さん
淀川長治先生
永六輔さん
和田誠さん
レーニン
平野レミ
おすぎ

今日のお客様 さだまさし (バラエティ/情報)
12:24~

さだまさしは「驚いたのは、黒柳さんがコンビニに行くいう話」と切り出すと黒柳は「行きますよ」「みんなコンビニに来る人は見ていない、だから芸能人の方は行った方がいい」と話した。

さだまさしは黒柳に、夢であいましょうの番組の中で詩を読むコーナーがあったが、あの詩はいつ渡されたのか尋ねた。さだまさしは、今日はそのコーナーを再現すると説明した。

黒柳は、リリック・チャックのコーナーを再現し、詩を朗読した。(詩:永六輔 ピアノ演奏:中村八大)

90歳で逝ったさだまさし母は、あまり父のことを好きではなかったいう。母は自分が好きだった人がどこかにいるから、いつか会いに行けと言われていたので、会いに行ったことがあると話した。

さだまさしは前に永六輔と対談し、それを一冊の本にしたという。永さんの事を語り継いでいきたい、まだたくさん徹子さんと話したいことがあるんですよ、と話した。

次回のお客様は伊吹吾郎さん

キーワード
さだまさし
夢であいましょう
中村八大さん
永六輔さん
永六輔
中村八大
小沢昭一さん
笑って、泣いて、考えて。
小学館
伊吹吾郎さん

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 12月5日 放送
  3. 次回の放送