ワイド!スクランブル 第1部

『ワイド!スクランブル』(英称:WIDE!SCRAMBLE)は、1996年4月1日から1997年9月26日までテレビ朝日・朝日放送(現:朝日放送テレビ)[注 1]の共同制作により、1997年9月29日からテレビ朝日単独制作により、いずれもテレビ朝日系列で生放送されていたまたはされている平日の情報・ワイドショー番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年7月13日(金) 10:25~12:00
放送局 テレビ朝日

番組概要

ニュース (ニュース)
10:25~

きのう北口和皇氏が市議に復職することが決まった。暴言・パワハラなどで4度辞職勧告を受けていたが法的拘束力がないため拒んでいた。今年3月に議案の採決を全会一致で可決し市議を失職した。北口氏は不服とし4月に県に申し立てを行っていた。

北口氏は熊本市漁業協同組合が市から多額の業務を委託している「兼業禁止規定」に抵触するとし市議失職を決定した。復職の決定については、市の漁協の事業収入に占める熊本市からの業務委託料の割合30%で、兼業禁止規定に抵触する目安となる50%前後に達していないと判断したためである。末延吉正は「大事なのは地元のメディア。遠慮せずに報道して」などと話した。

キーワード
北口和皇氏
蒲島郁夫知事
熊本市漁業協同組合
熊本市(熊本)

報道フロアからニュース (ニュース)
10:30~

西日本豪雨で被災した58の自治体に対し政府は合わせて350億円を繰り上げ交付することを決めた。安倍総理は関係する省庁の大臣に対し「被災者の目線に立って生活再建に全力を尽くしてほしい」と指示した。総理はこのあと愛媛県の被災地を訪問し、被害現場や避難所を視察する予定である。

BGM:高橋真梨子/逢いにゆくよ

トランプ大統領はポンペオ長官が訪朝した際、金正恩委員長から受け取った親書を公開した。親書には「精力的な取組に感謝」などと書いてあったが非核化には言及していない。米朝首脳会談から1か月たち具体的な進展がないままでアメリカ国内では北朝鮮の姿勢に懐疑的な声が高まっているがトランプ氏は「大きく前進している」と評価した。

キーワード
逢いにゆくよ
高橋真梨子
西日本豪雨
安倍総理大臣
愛媛県
トランプ大統領
ツイッター
金正恩氏
ポンペオ長官
米朝首脳会談
シンガポール

ニュース (ニュース)
10:32~

デーブ・スペクターは「嬉しそうでしたね。時間稼ぎは北朝鮮の国技みたいなもの」などとコメントした。今日のコメンテーター犬山紙子らを紹介した。

片付けに追われる被災地は、3連休も酷暑が予想されている。

キーワード
ツイッター
金委員長
米朝首脳会談
シンガポール
西日本豪雨
野村町(愛媛)

ニュース (ニュース)
10:43~

西日本豪雨の被害ではこれまでに188人死亡していて、岡山県では安否不明者が25人だったのが2人が発見されたことで、全国では72人となった。また、広島県では現在も避難指示が広島市を中心に出ていて、岡山県でも倉敷市などで出されている。

広島県呉市の安浦町では川が氾濫していて、決壊した場所の付近には安浦駅があったことで交通にも影響が出た。また、この反乱は橋が壊れなかったことで川が詰まってしまったことが原因となっていたが、東日本大震災の恩返しとして復旧作業を行っている人もいた。また、自宅の様子を一度確認し泥を掻き出そうとする人もいた。また、マスクを作業中には付けるものの、マスクを取りたくなるほどの暑さも作業を阻んでいる。

岡山県の真備町などが報道される一方、真備町と並んでいて小田川決壊の被害を受けた岡山県の矢掛町も被害を受けていて、川からは大きく水が溢れていて道が決壊でなくなる・保育園では水が溢れていて学校なども使えなくなってしまったことで、死者・安否不明者は出ていないが、床上浸水は最低200戸・床下浸水も最低で400戸となっていた。これに対して土屋さんは決壊はどこから壊れるかが予想できないので準備をしておくことが大事になると話していた。

西日本豪雨 猛暑の中の片付け 住民,ボランティアらの体調は?

キーワード
西日本豪雨
リバーフロント研究所
ANN
避難指示
広島県HP
おかやま防災ポータル
安佐北区(広島)
東区(広島)
安芸区(広島)
呉市(広島)
熊野町(広島)
東広島市(広島)
真備町(岡山)
岡山市(岡山)
早島町(岡山)
安浦駅
東日本大震災
ワイド!スクランブル
Google
矢掛町(岡山)
小田川

ニュース (ニュース)
10:56~

西日本豪雨では被害の大きさばかりが注目され、惨状を伝えられない被災地が出来てしまうことについて、土谷さんは注目されることのない地域が出てきてしまうこともある。さらに水をかぶってしまうと思い出なども水が流してしまうので対策は等しくやっていくべきだと話していた。デーブさんは家を修復してもまた災害が起こる可能性がありアメリカでは昔に起きたハリケーンを恐れて10万人が引っ越したこともあったと話していた。犬山さんはツイッターなどを利用して西日本豪雨では情報を共有できたが、ツイッターは便利だがだけでは情報量が少ないままとなってしまうと話していた。また、気象庁の発表した平均気温表を見てみると、太平洋高気圧の影響で気温が大きく上がるとみられていた。

キーワード
西日本豪雨
ハリケーン・アンドリュー
ツイッター
太平洋高気圧
矢掛町(岡山)
真備町(岡山)
呉市(広島)
フロリダ(アメリカ)
  1. 前回の放送
  2. 7月13日 放送
  3. 次回の放送