はい!テレビ朝日です 2018年8月26日放送回

『はい!テレビ朝日です』(はい!テレビあさひです)は、テレビ朝日が関東ローカルにて放送している広報・自己批評番組である。放送時間は現在、毎週日曜日の朝5:00 - 5:20(JST)。ハイビジョン制作。完全デジタル化以前は、地上デジタル放送はハイビジョン放送、アナログ放送はレターボックス放送だった。手話放送と文字放送を同時に行う番組でもある。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年8月26日(日) 5:00~ 5:20
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
05:00~

オープニング映像。

はい!テレビ朝日です (バラエティ/情報)
05:00~

7月26日にテレビ朝日特別会議室で行われた「第592回 放送番組審議会」にて「放送番組全般」について語る。

ノンフィクション参加の小松成美は、増田ユリヤはテレビの役割で災害報道は大きな責任を負っていると語る。激甚災害が起きたときの報道のあり方について語った。増田ユリヤはテレビ朝日全般を見て、足りないことがあったあったかもしれないが、人の心に寄り添った放送を心がけるべきと語る。

欠席した小倉純二の見解を伝えた。ワールドカップで放映権料が高騰していると伝えた。田中早苗は、視聴率の割合は低いが非常に影響力があったと語る。田中早苗はテレビは色々なスポーツをうまく盛り上げていくことが可能だと述べた。

ドラマについて、小陳勇一は「おっさんずラブ」が面白かったとコメント。深夜枠でこういうドラマの制作に挑戦していただきたいと語った。関川夏央は油断してみても内容を理解できるドラマと密度の高いリアルなドラマを作れという方向もあるが、地上波はこれでいいのでは、どちらの道も選びうると語った。

テレビ局のイベントについて丹羽美之は、コンテンツの多角的な展開としてすごく面白い、重要なのは視聴者とテレビの距離を近づけるという役割があると解説。

秋元康は、テレビは全てやり尽くした感じがあると結論が先に出てしまっているのではないかと語る。昨日あのテレビ見た?と言われるものを作らなければいけないと語る。内館牧子は見切ることと復活させることに関して、大相撲ダイジェストは好例だったと語った。見城徹は「プロレス総選挙」は面白かった。1番と思っている人が出てきたという。テレビ朝日が2冠を獲った時のバラエティはこの世あらざる感、ライブ感が満載だったと語る。

赤津一彦は、少し自身が湧いてきた、災害報道については「人の心に寄り添う放送を心がけてほしい」と言われたことが一番刺さったと語る。

スタジオでは「テレ朝 放送番組審議会」など検索を呼びかけた。

キーワード
放送番組審議会
東日本大震災
西日本豪雨被害
小倉純二
ワールドカップ
おっさんずラブ
未解決の女
特捜7 銃弾
特捜9
刑事7人
テレビ朝日
大相撲ダイジェスト
AbemaTV
プロレス総選挙

おぴにおん 視聴者からのご意見 (バラエティ/情報)
05:16~

「おかずのクッキング」について 50歳の女性からの意見を紹介した。

「羽鳥慎一モーニングショー」について 50代の女性の意見を伝えた。

テレビ朝日の番組やテレビ全般に対するご意見やご要望をお待ちしております。詳しくは「はいテレ」で検索。

キーワード
おかずのクッキング
羽鳥慎一モーニングショー
はいテレ

エンディング (その他)
05:18~

エンディングの挨拶。

テーマ曲「Brightening」、エンディングテーマ「svelte」/KoTa

キーワード
Brightening
svelte
KoTa
  1. 前回の放送
  2. 8月26日 放送
  3. 次回の放送