テレメンタリー 2013「恐怖の中で生きる〜福岡県警VS暴力団」

『テレメンタリー』は、ANN系列のドキュメンタリー番組である。タイトルは「テレビドキュメンタリー」からの略称による造語。タイトルの後には年号が入る(例:『テレメンタリー2017』)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年5月14日(火) 3:10~ 3:40
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
03:11~

オープニング映像。

恐怖の中で生きる ~福岡県警vs暴力団~ (バラエティ/情報)
03:11~

福岡県・北九州市。スタンガンを携帯している女性や、暴力団事務所の立ち退き運動に関わった男性は現在、警察の保護対象化に。暴力団抗争に巻き込まれ、人違いで射殺された夫を亡くした女性。今、福岡県で市民の存在を脅かしている暴力団の存在。その背景を追った。

福岡県・北九州市で、水商売を初めて20年近くになる女性はスタンガンを常備していた。きっかけは、去年8月から北九州市北区などで相次いで起こった飲食店関係者の男女が襲われた事件だった。また、100件もの飲食店に脅迫電話がかかってくる事件もあった。

福岡県では「暴力団排除条例」ができ、暴力団員の立ち入りを禁止する標章を貼る制度を追加された。事件はこの標章制度開始以来おきているという。今は、スナックが入っているビルの(オーナー)から隠してくれと言われている所もあるという。

佐賀県武雄市に6年前、道仁会と九州誠道会の暴力団抗争に巻き込まれ、人違いで射殺された夫を亡くした女性。入院していた病院で暴力団の男性と部屋を変わったことで人違いで殺されたのだという。去年の12月には久留米市の道仁会事務所に手榴弾が投げ込まれる事件も起きた。

キーワード
北九州市(福岡)
暴力団
八幡西区(福岡)
小倉北区(福岡)
博多区(福岡)
久留米市(福岡)
武雄市(佐賀)
道仁会
九州誠道会

恐怖の中で生きる ~福岡県警vs暴力団~ (バラエティ/情報)
03:22~

1992年に指定された「暴力団対策法」。現在全国の21の暴力団が指定暴力団に指定されている。福岡県では北九州市「五代目 工藤会」、筑豊地区「太州会」、福岡市「三代目 福博会」、「道仁会」、「九州誠道会」の5つが指定されている。

筑豊地区は日本最大の産炭地だった。暴力団の前身である団体は戦前には労働力を調整する体制側の役割を担っていたとされる。福岡県・田川市にある石炭・歴史博物館には炭鉱絵師の山本作兵衛が見聞きして描いた目を疑うような日常が描かれた作品が展示されている。かつて筑豊地区の石炭は舟に乗せられ遠賀川を下って製鉄所まで運ばれた。筑豊から北九州市までの一体には「川筋気質」という言葉があり、義理人情や度胸を重んじる精神風土が引き継がれている。戦後も博打の文化は残り、若松競艇、小倉競馬場など、競艇・競輪・競輪の3つの公営ギャンブルが全国で唯一そろっている。過去に石炭・港湾・運輸などのシステムをもっていた所は暴力団の存在を許してきた地域と言えると暴力団に詳しいジャーナリストはコメント。

11年前、福岡市博多区で県警の警察官4人が相次いで逮捕された。暴力団会長や違法カジノ経営者らに捜査情報を教えた見返りに金を受け取った収賄の罪に問われ、実刑判決を受けた。これを期に福岡県警は警察官を監視する監察機能を強化。しかし、去年も暴力団関係者らに捜査情報を教え金を受け取ったとして逮捕者が出ている。福岡県では市民を罰則対象にした「暴力団排除条例」を施行。これにより建設会社社長が暴力団と距離を取ろうとし、小倉北区で射殺された。民間人が銃撃されるという異例の事態に、福岡県警は東区で保護対象者の身辺警護チームを予定を前倒しして発足させた。しかしその4ヶ月後、で警察OBの元警部の男性が打たれ、重傷となった。男性はかつて暴力団の捜査を担当していた。福岡県警は工藤会の犯行とみて捜査しているが、検挙には至っていない。暴力団との接触が厳格化され、情報が入らなくなったのも、その一因だという。

小倉南区の住宅街に出来た工藤会事務所の立ち退き運動「暴追パレード」に参加し、立ち退きに成功した男性。しかし、仲間の自宅が襲撃され、警察の保護対象者となった。警察はGPS付きの通報装置を渡し、自宅に防犯カメラを設置。夜中にも警察が見回りに来てくれている。福岡県では「暴力団排除条例」ができ、暴力団員の立ち入りを禁止する標章を貼る制度を追加されたが、それにより、飲食店経営者の一般市民が襲われるという事件がおきた。北九州市小倉北区の繁華街では今もなお他の都道府県の警察官が応援でパトロールを行なっている。飲食店経営者の女性は護身用に買ったスタンガンを今も持ち続けている。

襲われている飲食店の女性を助け、大怪我したタクシー運転手に小倉北区で話を聞くと「警察ももう少し考えてほしい」などと話してくれた。去年、福岡県警察は工藤会を「特定危険指定暴力団」に指定。道仁会と九州誠道会の暴力団抗争に巻き込まれ、人違いで一般市民が射殺された事件などを受け、道仁会と九州誠道会を「特定抗争指定暴力団」に指定。さらに福岡県警では全国で初めて保護対策の専門部署、「保護対策室」が発足。保護対象の男性は毎朝小倉南区など、町の見回り活動に出ている。夫を抗争事件で失った女性は仕事の合間に講演活動を行なっている。この日は佐賀県に協力して、警察幹部に講演を行った。

キーワード
北九州市(福岡)
福岡市(福岡)
三代目福博会
太州会
五代目 工藤会
道仁会
九州誠道会
暴力団
田川市(福岡)
洞海湾
遠賀川
小倉北区(福岡)
博多区(福岡)
工藤会
暴力団排除条例
小倉南区(福岡)
佐賀県
特定抗争指定暴力団
特定危険指定暴力団

エンディング (その他)
03:38~

エンディング映像。ご意見・ご感想は「テレメンタリー」まで。

キーワード
テレメンタリー

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 5月14日 放送
  3. 次回の放送