テレメンタリー 2019「3.11を忘れない76 命を懸けた娘へ」

『テレメンタリー』は、ANN系列のドキュメンタリー番組である。タイトルは「テレビドキュメンタリー」からの略称による造語。タイトルの後には年号が入る(例:『テレメンタリー2017』)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年3月3日(日) 4:30~ 5:00
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
04:31~

オープニング映像。

3.11を忘れない 命を懸けた娘へ (バラエティ/情報)
04:31~

3.11を忘れない 命を懸けた娘へのオープニング映像。

東日本大震災で全町民の1割弱が犠牲になった岩手県大槌町。釜石市に住む小笠原さんは、大槌町の職員だった長女を震災で失った。小笠原さん夫妻が、亡くなった長女について語った。大槌町役場では、震災で当時の町長と、職員39人が犠牲となった。

2018年8月、大槌町の町長が、震災で犠牲となった職員らに関する資料が破棄されたことを明かした。小笠原さんは、検証結果のメモを破棄されたことについて説明を求めた。公務災害認定請求書には、小笠原さんの娘が亡くなった状況について書かれていた。小笠原さんの娘の震災直後の状況について、大槌町の説明と、同僚の説明が食い違っていた。

2018年12月5日、小笠原さんが大槌町役場で市側と面談を行った。面談では町長から、遺族への検証結果がないことについて謝罪があった。小笠原さんが、被災者の集いに参加した。12月19日、小笠原さんが大槌町役場で市側と面談を行ったが新しい情報はなく、旧庁舎を取り壊すと言われた。

キーワード
震災
大槌町役場
大槌町(岩手)
釜石市(岩手)

3.11を忘れない 命を懸けた娘へ (バラエティ/情報)
04:52~

1月15日、東日本大震災で被災した旧大槌町役場で、解体工事に向けた準備が行われた。旧大槌町役場は解体され、更地となった。大槌町は、震災で亡くなった職員の状況を調べると、遺族に約束した。

キーワード
震災
大槌町役場
大槌町(岩手)

エンディング (その他)
04:58~

テレメンタリー2018参加局を紹介。ご意見・ご感想は「テレメンタリー」で検索。

エンディング映像。

キーワード
テレメンタリーホームページ

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 3月3日 放送
  3. 次回の放送